光回線

単身赴任中のインターネットの選び方!おすすめ光回線2選紹介

単身赴任をするときに悩むことの1つにインターネットがありますよね。

仕事で使う場合も悩みますし、1人の時間が増えるため、今までよりインターネットが必要な時間は増えます。

今回は単身赴任中のインターネット環境で悩んでいる人に、単身赴任時におすすめのインターネット環境をご紹介していきます。

こんな方におすすめ

  • 月額料金が安い
  • すぐにインターネットを使いたい
  • ストレスなく使える

これらに当てはまるインターネットをご紹介していくので、ぜひ参考にしてください。

はじめに

単身赴任中のインターネット回線候補は大きく分けて3つになります。

  • 光回線
  • モバイルWiFi
  • スマホテザリング

それぞれメリットやデメリットがありますが、単身赴任時におすすめなインターネット回線はモバイルWiFiです。

もし、現在住んでいる家に固定回線を引いていないのであれば、光回線も候補に上がってきます。

ですが、すでに固定回線を引いている場合はモバイルWiFiが月額料金や速度を考慮してもおすすめです。

ここからはなぜモバイルWiFiがおすすめなのか、どのようにインターネットを選べば良いのかご説明していきます。

単身赴任中のインターネットの選び方3つ

早速ですが、単身赴任中のインターネットの選び方をご紹介していきます。

利用用途

インターネットの選び方で大切なのは、どのような使い方をするかです。

今までは家族で暮らしていたので、あまりインターネットは必要ではなかったかもしれません。

ですが単身赴任を始めると、暇な時間が増えたり家族とテレビ通話をする機会も増えます。

その場合は多くの通信量が必要になってくるので、事前にどのような使い方をするのか把握しておくことが大切です。

利用用途 光回線 モバイルWiFi スマホテザリング
web閲覧
動画再生 ○(場合によって△)
SNSやメール
オンラインゲーム ×
テレビ電話
外出先での使用 ×

考えられる利用用途を表にまとめてみたので、これを参考にどんな使い方があるのかチェックしてください。

この表を見ると、この時点でスマホテザリングがイマイチなことが分かっていただけると思います。

スマホテザリングのココに注意

スマホテザリングは使ってみると動画の再生やテレビ電話の使用はできます。しかし料金が圧倒的に高いので△や×が多いのです。

使えないわけではありませんが、コストパフォーマンスが悪いことを覚えておいてください。

単身赴任の期間

単身赴任がどれくらいの期間なのかによっても、選べるインターネット回線は変わってきます。

例えば最初から単身赴任の期間が2年以上だと分かっている場合は、光回線を引いてしまっても問題ありません。

ですが数ヶ月であったり、どれくらいか分からない場合は光回線を引くと違約金が必要になるので注意しましょう。

短期から中期の場合はモバイルWiFiを選び、長期の場合は光回線を選ぶと良いです。

月額料金以外にもかかる金額

単身赴任時のインターネットを選ぶときは月額料金だけでなく、工事費や初期費用なども含めて選びましょう。

1年目の月額料金が安くても2年目には月額料金が高くなることもありますし、工事費や初期費用が高い可能性もあります。

また、契約時には解約違約金が発生するのか確認しておきましょう。

解約違約金は高めの金額に設定されていることが多く、光回線の場合はさらに撤去費用なども必要になってきます。

今回は光回線のNURO光と、モバイルWiFiのどんなときもWiFiを利用するときに必要な金額を表にしました。

  NURO光(光回線) どんなときもWiFi(モバイルWiFi)
初期費用 手数料3,000円+工事費40,000円(+土日祝に工事の場合3,000円) 手数料3,000円
月額料金 4,743円~ 3,480円
キャンペーン(キャッシュバック) 公式サイトからの申し込みで45,000円のキャッシュバック(2ヶ月後)+実質工事費無料(30ヶ月) なし
契約期間 24ヶ月(2年) 24ヶ月(2年)
回線撤去費用 10,000円 0円
違約金 9,500円+残りの工事費 9,500円~19,000円
1年間の利用時にかかる金額
1年間の利用で解約したときの金額
14,916円(土日工事の場合は17,916円)
58,410円(土日工事の場合は38,916円)
44,760円
63,760円
2年間の利用時にかかる金額
2年間の利用で解約したときの金額
76,575円(土日工事の場合は79,575円)
83,240円(土日工事の場合は86,240円)
90,000円
90,000円

NURO光と、どんなときもWiFiを利用するときにかかる金額はこのようになっています。

光回線はキャッシュバック金額が高いため、月額料金が高くても実際に負担する金額は少なくなります。

反対にモバイルWiFiは月額料金が安いものの、キャッシュバックが少ないため実際の負担額は光回線より多くなってしまいます。

2年間の利用で比較した場合は光回線の方が安いことが分かりました。

金額だけで選ぶ場合はモバイルWiFiよりも光回線の方が実は安いということですね。

単身赴任中におすすめのインターネット回線2つ

ではここからは単身赴任中におすすめのインターネット回線をご紹介していきます。

単身赴任の期間によっておすすめするインターネット回線は変わってくるので、短期間と長期間で分けてご紹介します。

短期間でおすすめのインターネット回線:よくばりWiFi

最初に紹介するインターネット回線がよくばりWiFiです。

よくばりWiFiはモバイルWiFiのインターネット回線で、工事不要なため端末が届き次第すぐにインターネットが使えます。

よくばりWiFiの主な料金

  よくばりWiFi
月額料金 3,450円
初期費用 3,800円
違約金 9,500~18,000円
1年間利用した料金 45,200円

よくばりWiFiを契約するときに必要な料金はこのようになっています。

よくばりWiFiのキャンペーン

2019年1月現在、よくばりWiFiではNTTグループカードに新規入会し、契約したカードでよくばりWiFiの支払いをすると毎月500円×12ヶ月、最大6,000円のキャッシュバックをしています。

このキャンペーンを利用すると1年間利用したときに必要な金額が56,300円から50,300円になります。

ちなみに作るカードも明細をweb明細にした場合、年会費が無料になるので年会費などの心配もいりません。

よくばりWiFiは速度制限が一切ないモバイルWiFiの中で最も安い月額料金です。

またキャンペーンも行っているので、速度制限がないモバイルWiFiの中では1番お得に使えます。

よくばりWiFiの公式サイトはコチラ

中~長期間でおすすめのインターネット回線:NURO光

中~長期間でおすすめのインターネット回線はNURO光です。

NURO光は光回線なので、工事をする必要がありますが、それ以上にメリットの大きいインターネット回線です。

通信速度も速いNURO光ですが、提供エリアが狭いというデメリットもあります。

現在NURO光を利用できるのは「北海道・関東・東海・関西・九州」のみです。

この地域に単身赴任する場合はNURO光を選べます。

NURO光の主な料金

  NURO光
月額料金 4,743円
初期費用 3,000円
基本工事費 40,000円(30ヶ月の分割払い)
違約金 9,500円
1年間利用した料金 61,249円

NURO光を契約したときに必要な料金は表の通りです。

NURO光のキャンペーン

NURO光では2019年12月現在、公式サイトからの申し込みで45,000円のキャッシュバックをしています。

このキャッシュバックは開通から2ヶ月後に受け取れます。

キャッシュバックを受け取ると1年使い続けるときに必要な金額が61,249円から16,249円にまで減ります。

またNURO光に申し込みをした人限定に、工事完了までの間WiFiをレンタルしてくれます。

初月980円で2ヶ月目は1日32円で利用できるので、開通までインターネットが使えないということがありません。

光回線を単身赴任時に使うか迷う理由の1つ、工事完了までインターネットが使えないというデメリットをなくしてくれるのはありがたいです。

NURO光の公式サイトはコチラ

単身赴任中の光回線のメリット・デメリット

ではここからは単身赴任中に光回線を使うメリットを見ていきましょう。

ポイント

  • 速度が速い
  • 速度が安定している
  • 制限なく使える

光回線を単身赴任中に使うメリットはこのようになっています。

単身赴任中は今までよりインターネットを使う時間が増える可能性が高いです。

その点、速度が速く使い放題の光回線は単身赴任時には使いやすくなっています。

光回線のデメリット

速度や制限がないというメリットがある光回線ですが、デメリットもあります。

ポイント

  • 工事が必要
  • 開通まで時間がかかる
  • 更新月以外は違約金がかかる

光回線はインターネットにつながる前に工事をする必要があります。

工事前はインターネットがつながらないためかなり不便です。

また工事をするまでに数週間から1ヶ月程度かかるため、その期間どうやってインターネットにつなぐのか考えなければいけません。

NURO光の場合は開通までWiFiをレンタルしてくれるため問題ありませんが、WiFiをレンタルしてくれる光回線は他にソフトバンク光くらいしか見つかりませんでした。

数週間程度インターネットにつながらなくても良いのであれば、問題ありませんが数日以内にインターネットが必要な場合だと光回線は難しいでしょう。

違約金に関してはモバイルWiFiにもあるので、現状だと割り切るしかありません。

単身赴任中のモバイルWiFiのメリット・デメリット

光回線の次はモバイルWiFiのメリットを見ていきましょう。

ポイント

  • 速度は体感だと光回線とあまり変わらない
  • 工事が不要で届いたらすぐ使える
  • 外出時にも使える
  • 月額料金が安い

モバイルWiFiは光回線より通信速度が遅くなっていますが、体感では光回線とあまり変わらない速度です。

You Tubeの動画の再生やNetflixの再生には全く問題ありません。

また申し込みをしたら数日後にはWiFiルーターが届くので、すぐに使えるというのも良い点です。

モバイルWiFiのデメリット

光回線と比べてメリットの多いモバイルWiFiですがデメリットも存在します。

ポイント

  • 更新月以外は違約金がかかる
  • 速度制限があるモバイルWiFiだと動画の再生が難しい
  • バッテリーが切れたら使えない

モバイルWiFiも光回線と同じく違約金が発生しますが、数ヶ月で解約をする場合は1万円以上の違約金となるので注意しましょう。

バッテリーは家で使う場合は充電をし続けていれば良いのですが、外でも使う場合はバッテリーに気をつけてください。

この中で最大のデメリットは速度制限があるモバイルWiFiを選んでしまうと、高画質で動画を再生しにくいというものです。

近年は動画の画質も上がってきているので、動画の再生に必要な通信量は上がってきています。

テレビにChromecastなどを挿入しYou TubeやNetflixを再生する場合、画面も大きくなるため画質も良くしないと見にくくなるので、ある程度の画質は必要です。

ある程度の画質で動画を再生する場合は、3日で10GBの速度制限にはすぐに引っかかってしまいます。

特に単身赴任中になると、今までより動画を見たりスマホを触っている時間は長くなるでしょう。

今回ご紹介したよくばりWiFiは速度制限がないモバイルWiFiなので大丈夫ですが、他のモバイルWiFiを検討している場合は気をつけてください。

ココに注意

アプリのダウンロード、ソシャゲの初回起動、音楽ストリーミングサービス、動画視聴などが通信量を多く使います。これらを良く利用する場合は速度制限がないモバイルWiFiを選びましょう。

単身赴任中のスマホテザリングのメリット・デメリット

気軽に利用できるスマホテザリングのメリットを見ていきましょう。

ポイント

  • すぐに使える
  • 難しい設定がいらない

スマホテザリングのメリットはこの2つです。

工事が不要なので単身赴任して、即使えるのは助かりますね。

スマホテザリングのデメリット

簡単に使えるスマホテザリングですがデメリットはあります。

ポイント

  • すぐにスマホのデータ容量を使い切る
  • データ容量を追加購入すると高額になる

簡単に使い始められるスマホテザリングはデータ容量を使い切るのも早いです。

月に何GB契約しているかにもよりますが、数日以内には使い切ってしまうことがほとんどです。

追加でデータ容量を購入していくと、光回線やモバイルWiFiにしておいた方が安くなってしまいます。

困ったときにテザリングに頼るのは良いですが、常にテザリングだとコストが高すぎるのでおすすめしません。

おわりに

単身赴任中のおすすめインターネット回線は以上になります。

単身赴任時は今までよりもインターネットを利用する時間が長くなります

なので、速度制限があるモバイルWiFiやデータをすぐ使い切ってしまうテザリングはおすすめできません。

ポイント

  • エリア内ならNURO光を選ぶ
  • エリア外ならよくばりWiFiを選ぶ

NURO光の提供エリアであれば、速度も速く工事が始まるまでモバイルWiFiのレンタルをしてくれるNURO光がおすすめです。

ですが、NURO光は提供エリアが狭く選べない地域も多くなっています。

その場合は速度制限のないモバイルWiFiであるよくばりWiFiを選ぶと良いでしょう。

この2つを守ると単身赴任中でも安定してインターネットを利用できるので、ぜひ参考にしてください。

-光回線
-, ,

Copyright© Mobile Pocket(モバイルぽけっと) , 2020 All Rights Reserved.