光回線

auひかりの評判は?メリット・デメリットも徹底解説!

CMで見る機会が多いauひかりですが、実際の評判や通信速度などが気になる人も多いのではないでしょうか。

auひかりは良い評判が目立つ光回線ですが、契約できるエリアが限られていたり対応したマンションが少ないなどのデメリットも気になります。

そこで今回はauひかりの評判や契約時の注意点などを徹底的に調査しました。

auひかりをこれから利用しようと考えている人や、auひかりに乗り換えようと考えている人はぜひご覧ください。

auひかりの簡単な特徴

  • 最大120,000円の高額キャッシュバックがある
  • 工事費用37,500円が実質無料
  • auのスマホユーザーは月額料金が割引される
  • 他社からの乗り換え時に解約違約金相当最大55,000円還元

auひかりとは?

auひかりはKDDIが提供する光回線で、プロバイダが8社から選べるという特徴があります。

NURO光やフレッツ光と、ほとんど同じサービスで、開通するためには工事が必要で通信制限がないということは同じです。

auひかりの月額料金

  ホームプラン(戸建て) マンションプラン
月額料金 5,100円~6,300円 3,800円~5,000円
事務手数料 3,000円
工事費 実質無料
契約期間 なし
2年
3年
最大通信速度 下り上り1Gbps 下り上り100Mbps
下り100Mbps上り35Mbps
下り664Mbps上り166Mbps
下り上り1Gbps

auひかりの月額料金はこのようになっています。

実際に申し込みをするときは選択できる項目が増えたり、マンションの場合は申し込みをしてからではないとプランが分からないこともあります。

auひかりのマンションプランについて

auひかりのマンションプランは導入できるタイプによって決められます。

例えば、下り上り1Gbpsのプラン(マンションギガ)にしたいと思っても、マンションの設備次第では導入できないことがあるのです。

auひかりの10ギガ/5ギガについて

auひかりはホームプランの場合、10ギガ5ギガのプランも選べます。

  10ギガ 5ギガ
月額料金 780円 0円
最大通信速度 下り上り10Gbps 下り上り5Gbps

基本の月額料金に上記の月額料金をプラスすることで、10ギガや5ギガが選べます。

5ギガの場合は割引が適用されることで、月額料金が0円になるため選びたい人も多いでしょう。

ただし、5ギガや10ギガを選ぶ場合は高性能なルーターLANケーブルが必要となるので、買い替えが必要な人も多いことを覚えておきましょう。

10ギガは必要?

2020年4月現在、10ギガの通信速度が必要な状況はありません。

ただし、通常の1Gbpsや5Gbpsと比べると、混雑もしていないでしょうし最大通信速度が10Gbpsなので、実効速度は速くなるはずです。

オンラインゲームをとことんやりたい人であれば、10ギガを選んでも良いでしょうが、ほとんどの人は10Gbpsの通信速度は必要ありません

ですが、今後インターネットが発展して動画の画質が上がることによって、必要になってくる可能性はあるでしょう。

auひかりの通信速度

auひかりはホームタイプとマンションタイプで通信速度がかなり違ってくるので、まずはホームタイプの通信速度から見ていきましょう。

  最大通信速度 実行通信速度(全国平均)
下り 1Gbps~10Gbps 322Mbps
上り 1Gbps~10Gbps 269Mbps

auひかりの通信速度はこちらのサイトで計測されたものを記載しています。

残念ながら1Gbps~10Gbpsすべてをひと括りにしての通信速度ですが、322Mbpsかなり速い通信速度です。

では次にマンションタイプの通信速度を見ていきましょう。

  最大通信速度 実行通信速度(全国平均)
下り 100Mbps~1Gbps 148Mbps
上り 100Mbps~1Gbps 116Mbps

auひかりのマンションタイプの通信速度は上記になります。

ホームタイプと比べると、かなり通信速度が遅くなっていることが分かると思います。

auひかりのマンションタイプの通信速度が遅い理由は、マンションタイプによってケーブルタイプが異なり最大通信速度が変わってしまうからです。

auのマンションタイプはタイプV、タイプG、タイプE、マンションギガなどが用意されています。

通信速度が遅いauひかりのマンションタイプ

  • タイプV
  • 都市機構
  • タイプE
  • タイプF

上記のマンションタイプの場合はauひかりを選んでも通信速度は遅い可能性が高いです。

反対にauひかりのマンションタイプでもマンションギガ、マンショミニギガの場合は最大通信速度が1Gbpsなので、上記よりも速い通信速度が出るでしょう。

auひかりのマンションタイプの注意点

マンションに住んでいて、auひかりに乗り換えようとしている場合は、契約タイプによっては乗り換えても通信速度が変わらない、遅くなる可能性もあります。

マンションが低階層(3階程度)であれば、auひかりのホームタイプが選べる場合があるので確認してみましょう。

また、auひかりはマンションタイプを自分で選ぶことはできないので、タイプVになると言われた場合は、タイプVを契約するか他の光回線を契約しましょう。

現在の物件で導入できるのか、マンションタイプは何になるのかはこちらで確認可能です。

auひかりの5個のメリット

auひかりには5つのメリットがあります。

プロバイダ料金が込みで安い月額料金

auひかりの月額料金は先ほどもご紹介しましたが、ホームタイプ「5,100円~6,300円」マンションタイプ「3,800円~5,000円」です。

auひかりではこの月額料金にプロバイダ料金が含まれているので、使ってみて思ったより高いということがありません。

フレッツ光の場合は、フレッツ光の月額料金5,000円程度にプラスしてプロバイダ料金1,000円程度が発生するため、6,000円程度になることが多いのですが、auひかりはプロバイダ料金込みの月額料金なので安心です。

プロバイダ選びの注意点

auひかりを契約したときにプロバイダを選ぶ必要がありますが、基本的に通信速度はほとんど変わらないので、キャッシュバックが多いプロバイダキャンペーンがあるプロバイダを選びましょう。

ただし、プロバイダとは少し異なりますが、エディオンでauひかりを申し込んだ場合のみ、通信速度は遅くなる傾向があるようなので、注意しましょう。

キャッシュバックなどが豊富

auひかりは公式サイトからの申し込みだけでなく、様々な代理店から申し込みが可能です。

代理店からの申し込みを行うことで、auひかりの公式サイトから申し込むよりもお得なキャッシュバックキャンペーンが受けられます。

代理店によってキャンペーンは異なりますが、最大115,000円キャッシュバックだったり、最大52,000円キャッシュバックのようなキャンペーンがあります。

お得なキャンペーンはこのページでもご紹介していくので、こちらをご確認ください。

乗り換えの場合は解約違約金を還元してくれる

auひかりは、新スタートサポートという乗り換え時に解約違約金を還元してくれるキャンペーンを行っています。

新スタートサポートについて
概要 他社光回線or他社モバイルWiFiからauひかりへ乗り換えたときに発生する解約違約金を最大30,000円還元
条件 auひかり(ネット+電話+電話オプションに加入)
上乗せキャッシュバック 上記の条件を満たした場合は追加でホームタイプ25,000円、マンションタイプ15,000円の追加キャッシュバック

このキャンペーンはauひかり公式が行っているものなので、どこの代理店を経由しても受けられるキャンペーンです。

注意

乗り換え前のネット回線によっては、新スタートサポートが適用外になってしまうことがあります。

auスマートバリューの対象になっていた回線、KDDIが指定したケーブルテレビからの乗り換えは適用外なので、心配な場合はこちらで確認してみましょう。

auスマホとのセット割引がある

auひかりはauスマホを利用していると、auスマートバリューが適用されて、auスマホの月額料金が安くなります

auスマートバリューは対象プランが多く、分かりにくい人も多いでしょうが、現在も契約できる料金プランは一律で1,000円の割引額となっています。

auスマートバリューを適用するにはauひかりだけでなく、ひかり電話のオプションも契約する必要がありますが、ひかり電話のオプションは月額500円なので、スマートバリューの割引額1,000円より安い金額です。

なので、ひかり電話のオプションに加入したほうが、auスマホの月額料金はお得になるので安心してください。

通信速度が速いことが多い

auひかりは、ホームタイプとマンションタイプのマンションギガマンションミニギガ速い通信速度が出る光回線です。

  最大通信速度 実行通信速度(全国平均)
下り 1Gbps~10Gbps 322Mbps
上り 1Gbps~10Gbps 269Mbps

上記はホームタイプの通信速度で、全国平均で見てもかなりの通信速度が出ています。

ですが、マンションタイプのタイプV、都市機構、タイプE、タイプFの場合は混雑具合によって遅い通信速度になりますし、最大でも100Mbpsしか出ないので物足りない人も多いでしょう。

auひかりは速いという評判と、遅いという評判のどちらも聞く機会が多いのですが、速いと感じている人はホームタイプや、マンションギガ、マンションミニギガを契約している人だけです。

反対に遅いと感じる人は、マンションタイプのタイプVや都市機構などのタイプを契約している人が多いので、auひかりは一概に速いとも遅いとも言いにくい光回線なのです。

注意

基本的にはホームタイプが速くマンションタイプだと遅い可能性が高いと考えておくと良いでしょう。

auひかりの4個のデメリット

エリアが狭い

auひかりは全都道府県で選べる光回線ではありません

auひかりの対象外エリア 静岡県、愛知県、岐阜県、三重県、滋賀県、奈良県、和歌山県、京都府、大阪府、兵庫県

住んでいる地域でauひかりが提供されているかはこちらで簡単に確認できるので試してみましょう。

もしもauひかりがエリア外だった場合はNURO光が1番おすすめです。

NURO光については下記の記事で解説しているので参考にしてください。

NURO光の評判は?4個のメリットとデメリットも徹底解説

NURO光はテレビCMなどでも見る機会が増えてきて、乗り換えたいなと思う人も多いでしょう。 NURO光は他社の光回線と比べて圧倒的にメリットが目立つ光回線ですが、利用できるエリアが狭かったり、人気すぎ ...

続きを見る

auひかりに対応したマンションが少ない

auひかりはエリアが狭いと先ほども説明しましたが、設備が導入されていないマンションも多いのです。

auひかりに対応したマンションではない場合は、auひかりマンションタイプは契約できません

3階以下の場合は、auひかりのホームタイプが契約できる可能性がありますが、大家さんや管理会社の許可が必要になります。

また、3階以下で工事の許可が下りなかった場合や3階以上の場合は、auひかり以外の光回線を契約する必要があります。

撤去工事費が高い

ほとんどの光回線では、撤去工事は任意で行いますが、auひかりはホームタイプの場合は解約時に必ず撤去工事費として28,800円が発生します。

契約更新月以外の解約の場合は、解約違約金+撤去工事費が発生するので40,000円以上発生することも多くなります。

解約違約金を減らしたい場合は契約更新月に解約をすれば良いのですが、撤去工事費はいつ解約しても発生してしまうのです。

キャッシュバックキャンペーンなどを行っている分、撤去工事費が発生すると割り切って考えるしかないでしょう。

通信制限がある

あまり知られていませんが、auひかりでは1週間に3日以上30GB以上のアップロード通信を行った場合は、アップロード速度のみ制限されます。

アップロード速度のみなので関係ない人も多いのですが、YouTuberで動画をたくさんアップロードする場合や、インスタグラマーで写真を大量にアップロードする場合、動画編集の仕事をしている場合などは通信制限にかかってしまうことがあります。

通信制限が発生すると3Mbps程度に上り通信速度は落ち込んでしまうので、ほぼアップロードはできなくなってしまいます。

オンラインゲームのプレイやアプリのダウンロードなどには一切影響がない通信制限ではありますが、動画のアップロードなどを頻繁に行う人は注意しましょう。

Twitter上でのauひかりの評判

ここからはTwitter上でのauひかりの評判をまとめていきます。

Twitter上でのauひかりの良い評判

この方はauひかりを契約したばかりのようですね。

auひかりは平日でも土日でも安定した通信速度が出やすい光回線ですし、光回線なので使用量を気にしないで良くなっています。

モバイルWiFiは一度通信制限がかかってしまうと、使用量を気にしないといけないのですが、光回線は通信制限に悩まされないので良いですよね。

この方はモバイルWiFiからauひかりに乗り換えたようですね。

モバイルWiFiは通信速度だけでなく、通信が安定しないので、スカイプやディスコードなどの通話が途切れることがあります。

ですが、auひかりなどの光回線は通信が安定するので、ボイスチャットを頻繁に行う人にもおすすめです。

auひかりの悪い評判

この方はauひかりが遅くて困っているようです。

ホームタイプやマンションギガ、マンションミニギガであれば、そこまで遅くなることはないはずなので、他のマンションタイプでの契約になっているのでしょう。

auひかりはマンションタイプでの契約プランによって通信速度が違いすぎるのが難点ですね。

この方もauひかりの通信速度が遅くてイライラしているようです。

auひかりはタイプV、都市機構、タイプE、タイプFだと遅い通信速度になるので注意しましょう。

auひかりはどこから申し込むとお得?

auひかりの代理店は非常に多く、およそ20店くらいの数があります。

そこでここからは、auひかりを申し込むときにおすすめの代理店を2つだけご紹介していきます。

グローバルキャスト

まずご紹介する代理店がグローバルキャストです。

グローバルキャストのキャッシュバック金額は、グローバルキャストから60,000円+au公式から55,000円で合計115,000円となります。

キャッシュバックの情報

  • ホームタイプ最大115,000円
  • マンションタイプ最大90,000円
  • 開通から6ヶ月後に手続きをして7ヶ月後に受取

グローバルキャストのキャッシュバックについての情報は上記になります。

またグローバルキャストで申し込みをしてキャッシュバックを受け取るには下記の条件を満たす必要があります。

115,000円キャッシュバックの条件

  • auひかりホーム(ずっとギガ得プラン)+ひかり電話+プロバイダをSo-net+So-netオプション+即日申し込み
  • auひかりスタートサポート最大30,000円還元+KDDIから最大25,000円還元

上記が115,000円キャッシュバックの条件となります。

90,000円キャッシュバックの条件

  • auひかりマンション(お得プランA)+ひかり電話+プロバイダをSo-net+So-netオプション+即日申し込み
  • auひかりスタートサポート最大30,000円還元+KDDIから最大15,000円還元

キャッシュバック金額が振り込まれるのは7ヶ月目で、6ヶ月目に手続きを行わないとキャッシュバックされないので注意が必要です。

また、オプションの契約が必須ですが、これらは12ヶ月目までは無料のオプションなので、キャッシュバックされたあとに解約をしてしまいましょう。

グローバルキャストからauひかりを申し込む

株式会社NEXT

次にご紹介する代理店が株式会社NEXTです。

先ほどのグローバルキャストと比べるとキャッシュバック金額は少なくなりますが、オプション契約不要、面倒な手続き不要、キャッシュバック金額が1ヶ月後に受取可能なので、人気の代理店です。

キャッシュバックの情報

  • ホームタイプ最大52,000円
  • マンションタイプ最大47,000円
  • 契約時の電話で口座番号を伝えて1ヶ月後に受取

株式会社NEXTでauひかりを申し込むと、面倒な手続きやオプション契約が一切なくキャッシュバックを受け取れます。

また最短で1ヶ月後にキャッシュバック金額が受け取れますし、手続きを忘れるということも一切ないので安心できる代理店です。

株式会社NEXTからauひかりを申し込む

auひかりのQ&A

ここからはauひかりについてのよくある質問をまとめていきます。

分からない点にすべて答えていくので、疑問がなくなるはずです。

auひかりのプロバイダはどこがおすすめ?

auひかりはどこのプロバイダを選んでも通信速度はほとんど変わりません

なので、代理店のキャッシュバックが受け取れるプロバイダを選ぶことが1番大切です。

ちなみに、グローバルキャストと株式会社NEXTはプロバイダをSo-netにすると高額キャッシュバックが受け取れます。

ルーターは購入する必要がある?

auひかりを契約したときにレンタルできるホームゲートウェイに無線LAN機能が搭載されています。

なので、性能にこだわらなければルーターを購入する必要はありません

ただし、オンラインゲームをプレイしたい場合などは、高性能なルーターを購入したほうが良いでしょう。

IPv6は対応している?

auひかりは標準でIPv6に対応しているので、別途申し込みなどの必要はありません

IPv6に対応しているサイトにはIPv6で自動で接続してくれますし、対応していないサイトにはIPv4で自動で接続します。

auひかりが導入できない場合は?

ここからは、auひかりが導入できないときにおすすめの光回線をご紹介していきます。

NURO光

auひかりが導入できなかった場合はNURO光が1番おすすめです。

NURO光の簡単な基本情報

  • 月額料金4,743円(戸建てプラン)
  • 工事費実質無料
  • 最大45,000円のキャッシュバック

通信速度はauひかりより安いですし、月額料金がauひかりより安いのでauスマートバリューが適用されなくても、比較的安価で使えます。

ただし、NURO光は「北海道・関東・東海・関西・九州」でしか利用できないので、対応エリア外の場合は他の光回線を選ぶ必要があります。

NURO光の公式サイトはコチラ

電力会社が提供している光回線

特定の地域でしか使えない光回線ですが、電力会社が提供している光回線は、通信速度が速くて安定しています。

またスマホとの割引だけでなく、電力会社とのセット割引もあるので、月額料金が安くなりやすいという特徴もあります。

光回線 提供エリア 月額料金
コミュファ光 愛知県、静岡県、岐阜県、三重県 3,930円~
eo光 大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、福井県、和歌山県 2,953円~
メガエッグ光 広島県、岡山県、山口県、島根県、鳥取県 3,200円~
ピカラ光 香川県、愛媛県、徳島県、高知県 3,280円~
BBIQひかり 福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県 4,000円~

光回線が遅くなる理由として、ユーザーが増えすぎた混雑が挙げられますが、電力会社が提供する光回線は、ユーザーが増えにくいため通信速度は遅くなりにくくなっています

ただし、どの光回線もマンションタイプの場合は、速い通信速度は期待できません

おわりに

今回はauひかりの評判や、メリット、デメリットなどを解説してきました。

auひかりの簡単な特徴

  • 最大115,000円の高額キャッシュバックがある
  • 工事費用37,500円が実質無料
  • auのスマホユーザーは月額料金が割引される
  • 他社からの乗り換え時に解約違約金相当最大55,000円還元

auひかりの簡単な特徴は上記になります。

auひかりは通信速度が遅いと良く言われる光回線ですが、マンションタイプの場合は通信速度が遅くなりやすくホームタイプの場合は通信速度が速い光回線です。

マンションに住んでいる人は、NURO光などを選んだほうが良い場合もありますが、ホームタイプの場合はauひかりでも十分すぎる通信速度は出るため安心してくださいね。

最大115,000円の高額キャッシュバックが可能!

auひかりの公式サイトはコチラ

The following two tabs change content below.
Tempo

Tempo

オンラインゲームにハマり様々な光回線を使い、急な寮生活でモバイルWiFiが必須になり複数のモバイルWiFiを渡り歩きました。様々な光回線とモバイルWiFiを利用したので、人に合ったネット回線をご紹介していきたいと思います。

-光回線
-, ,

Copyright© Mobile Pocket(モバイルぽけっと) , 2020 All Rights Reserved.