スマホ

ドコモの料金を安くする方法5選

ドコモのスマホ代は月々高いですよね。

毎月8,000円程度かかっているという人も多いかと思います。

そこで今回はドコモの月額料金を少しでも安くできる方法をご紹介していきます。

ポイント

      • 利用状況に合った料金プランにする
      • 家族全員でドコモを利用する
      • 不要なオプションを外す
      • 自宅の回線をドコモ光にする
      • 格安SIMに乗り換える

今回ご紹介するドコモの月額料金を安くする方法は上記の5つです。

1つでも気になる部分がある人はぜひご覧ください。

ドコモの料金を安くする方法5選

それでは早速ドコモの月額料金を安くする方法を見ていきましょう。

現在の料金を把握する

まずは現在の料金がどうなっているのか、把握していない人は確認しておきましょう。

ドコモではMy docomoにアクセスすることで、現在の明細を確認できます。

明細を確認して、自分の使い方に合ったプランやオプションになっているか見ておいてください。

契約プランを見直す

現在契約しているプランから、新しいプランに変更することで毎月の料金が安くなることがあります。

料金プランだけを見ると新しいプランの方が安いです。

ですが、現在契約しているプランで「月々サポート」「docomo with」などの割引を受けているときに変更すると、月額料金が高くなることもあるので注意しましょう。

今までのドコモの料金プランは「基本プラン」「パケットパック」「spモード」の3つを組み合わせて、さらに「端末代金」「オプション」「割引」などが追加されていきました。

ドコモ基本プラン カケホーダイプラン カケホーダイライトプラン シェアパック・ウルトラデータパック専用シンプルプラン データ通信専用データプラン
月額料金 2,700円 1,700円 980円 1,700円

ドコモの基本プランの料金は上記のようになっています。

基本プランはドコモを契約している人は、絶対に契約しているものです。

ドコモパケットパック 家族で分け合うシェアパック 1人で使うデータパック ケータイパック
月額料金 6,500~25,000円 3,500~8,000円 300~4,200円
データ容量 5~100GB 2~30GB 上限2GBの2段階定額

ドコモの基本プランとドコモパケットパックを足して「spモード」の月額料金300円を足した金額が、基本的な月額料金です。

ここからさらに「オプション」「割引」などが追加されるので人によって月額料金は変わってくるでしょう。

ドコモの新プラン

ドコモのスマホ用新プランは以下のようになっています。

ドコモ新プラン ギガホ ギガライト
月額料金 最大6ヶ月4,980円 それ以降6,980~7,150円 1,980~6,150円
データ容量 30GB ~7GB

ここから「かけ放題オプション」に加入する場合は月額料金1,700円が必要になり「5分通話オプション」に加入する場合は月額700円が必要になります。

この料金プランは「家族3回線以上がドコモ」を使い「dカード払い」または「2年定期契約」が適用されて1番安い4,980円と1,980円になります。

ちなみにドコモでは料金プランの変更はMy docomoで行えます。

プラン変更の手続きは、My docomoにログインして「契約内容・手続き」から「料金プラン・パケットパック」を選び「料金プランを変更する」を選択しましょう。

その後、希望の料金プランを選んでいけば変更できます。

家族全員でドコモを利用する

ドコモの新しい料金プランを見ていただくと分かるように、新プランに変更するだけでは今までとあまり月額料金は変わりません。

なので先程もお伝えしたように、月額料金を1番安くするには家族3人以上がドコモを利用する必要があります。

みんなドコモ割の割引額

  1回線 2回線 3回線
割引額 なし 500円 1,000円

ドコモの家族割「みんなドコモ割」は上記のように割引されていきます。

この割引額は各回線ごとに割引されるので、3人でドコモを使った場合は1人ずつ1,000円割引されます。

旧プランと新プランの比較

  旧プラン 新プラン
基本プラン カケホーダイプラン2,700円×3 ギガホ4,980円×3 6ヶ月以降6,980円×3
データプラン ウルトラシェアパック30 13,500円×3  
オプション   かけ放題オプション1,700円
ISP spモード 300円  
割引   -3,000円
月額合計 49,500円 17,040円 6ヶ月以降23,040円

旧プランと新プランの比較表が以上になります。

旧プランから新プランに変更するだけで、30,000円程度安くなっていることが分かります。

家族が全員ドコモを利用している場合は、料金プランを変更するだけでかなりお得ですね。

また通話がLINEばかりで、番号で長電話をしないという場合はかけ放題オプションも外せるので、より安くなります。

不要なオプションを外す

現在ほとんど使っていない、意味のないオプションがある場合は解約してしまいましょう。

ドコモのオプション 月額料金
dTVなどのコンテンツ 400~500円
スゴ得コンテンツ 380円
my daiz 100円
クラウド容量オプション 400円
ケータイ補償サービス 330~1,000円
あんしんセキュリティ 200円
あんしん遠隔サポート 400円

ひとつひとつはそこまで高い月額料金ではありませんが、複数のオプションを契約していると月に1,000~2,000円程度になります。

使っていないオプションは、つけていてももったいないだけなので、外してしまいしょう。

ドコモ光とセット割を組む

ドコモ光は、ドコモが提供している光回線サービスです。

  ドコモ光月額料金
戸建て 5,200円
マンションやアパート 4,000円

ドコモ光の月額料金は上の表になります。

ドコモ光の月額料金だけを見るとそこまで安くありませんが、ドコモ光はドコモのスマホとセットで使う場合ドコモの割引してくれるのです。

料金プラン セット割引金額
ギガホ 1,000円
ギガライト~7GB 1,000円
ギガライト~5GB 1,000円
ギガライト~3GB 500円
ギガライト~1GB なし

これは各回線ごとに割引されるので、3人家族でギガホを使う場合は3,000円割引されます。

家に固定回線を引いている場合は、ドコモ光にするだけで月額料金はかなり安くなるのでおすすめです。

ドコモ光のキャンペーン

ドコモユーザーにおすすめのドコモ光ですが、2020年1月現在お得なキャンペーンを開催しています。

ポイント

      • 新規工事料無料
      • 20,000円キャッシュバック
      • 最大10,000円 dポイントプレゼント
      • GMOとくとくBBの提供Wi-Fiルーターレンタル0円

ドコモ光などの光回線は開通前に工事が必要です。

工事の際にかかる費用はだいたい20,000円以上ですが、現在はその20,000円が無料になるのでかなりお得ですね。

またキャッシュバックやポイントプレゼントも用意されています。

ドコモ光は2年契約なのですが、更新のたびにdポイント3000ptをプレゼントしてくれるため、長く使い続けるのにもおすすめです。

ドコモ光のお申し込みはコチラ

格安SIMに乗り換える

ドコモから格安SIMに乗り換えるのも、毎月の月額料金を安くするのにはおすすめの方法です。

ドコモで購入したスマホは、ドコモ回線の格安SIMであれば、SIMカードを挿入するだけで使えるので他のキャリアよりも乗り換えやすくなっています。

格安SIMといっても種類は多いため、今回はドコモ回線のおすすめ格安SIMをご紹介していきます。

LINEモバイル

LINEモバイルはCMで見かける機会も多い格安SIMです。

LINEモバイルの特徴は使っても月間データ容量を消費しないアプリが決められていることです。

例えばコニュニケーションフリープランであれば「LINE」「Twitter」「Facebook」「Instagram」はどれだけ使ってもデータが消費されません

またMUSIC+プランでは上記の4つと「LINE MUSIC」がデータフリーとなります。

LINEやTwitterはともかく、Instagramは動画を見る機会も多いためデータ消費がないのはありがたいですし、LINE MUSICもデータ消費されないプランであれば音楽も聴き放題です。

LINEモバイル 料金プラン 月額料金 通話SIM
LINEフリー 1,200円
コミュニケーションフリー3GB 1,690円
コミュニケーションフリー5GB 2,220円
コミュニケーションフリー7GB 2,880円
コミュニケーションフリー10GB 3,220円
MUSIC+3GB 2,390円
MUSIC+5GB 2,720円
MUSIC+7GB 3,280円
MUSIC+10GB 3,520円

LINEモバイルでは30GBなどの大容量プランはありませんが、10GBまでのプランは選べます。

LINEモバイルのキャンペーン

2020年1月現在LINEモバイルでは以下のキャンペーンを行っています。

スマホ月額基本料5ヶ月間半額

通話SIMを契約すると、月額基本料が5ヶ月間半額になるというものです。

コミュニケーションフリープランの7GBを契約した場合、5ヶ月間1,440円で利用できます。

この半額キャンペーンを利用すると1年間で27,360円でスマホが使えます。

キャンペーン期間外では34,560円なので7,000円程度お得に使えるということです。

かなりお得なキャンペーンなので、月額料金を安くしたい場合はキャンペーン中に乗り換えたいですね。

GOGO!2020!

このキャンペーンは、キャンペーンコードを入力して対象プランを申し込みと「LINE Pay残高5,050円相当」もしくは「LINEポイント5,050ポイント」がもらえるというものです。

現金ではないもののキャッシュバックに近いキャンペーンで、キャンペーンコードを入力するだけなので、ぜひ利用してください。

ちなみに対象プランは通話SIMの「コミュニケーションフリー」「MUSIC+」となっています。

キャンペーンコード

LINE Payコース「PB52」LINEポイントコース「LN52]この入力を忘れないでください!

招待キャンペーン

 

LINEモバイルを紹介した人が、LINEモバイルに契約するとLINEポイント最大3,000ポイントがもらえるキャンペーンです。

招待した人数分のポイントがもらえるため、3人を招待した場合は最大9,000ポイントがもらえます。

LINEモバイルの公式サイトはコチラ

楽天モバイル

楽天モバイルもLINEモバイルと同じくCMで良く見る格安SIMです。

大手の楽天が運営しているため安心感もあります。

楽天モバイルの特徴は実店舗が多いことと、楽天スーパーポイントが貯まりやすいことです。

実店舗を持つ格安SIM会社は少なく、店舗がないから契約しないという人も多いのですが、楽天モバイルは実店舗も多くあります。

困ったときに店舗のスタッフに相談できるので、あまりスマホが得意ではないという人でも使いやすくなっています。

また楽天モバイルでは月額料金100円の支払いにつき、楽天スーパーポイントが1ポイント貯まります。

月額料金の支払いに楽天スーパーポイントを使えるため、普段から楽天市場を使うという人はおすすめです。

楽天モバイル 料金プラン 月額料金 通話SIM
ベーシックプラン 1,250円
3.1GBプラン 1,600円
5GBプラン 2,150円
10GBプラン 2,960円
20GBプラン 4,750円
30GBプラン 6,150円
スーパーホーダイ プランS(2GB) 1年目1,480円 それ以降2,980円
スーパーホーダイ プランM(6GB) 1年目2,480円 それ以降3,980円
スーパーホーダイ プランL(14GB) 1年目4,480円 それ以降5,980円
スーパーホーダイ プランLL(24GB) 1年目5,480円 それ以降6,980円

楽天モバイルの月額プランはこのようになっています。

スーパーホーダイというプランは通信容量を使い切っても、通信速度が最大1Mbps使い放題+国内通話10分かけ放題がついたプランです。

通話をたくさんするという場合や、家に固定回線やモバイルWi-Fiがないという場合はスーパーホーダイが良いでしょう。

楽天モバイルのキャンペーン

2020年1月現在楽天モバイルではこのようなキャンペーンを行っています。

スーパーホーダイのプランが割引

楽天モバイルのスーパーホーダイを新規契約した場合、初月の月額料金がプランMは1,000円プランLは3,000円プランLLは4,000円割引されます。

どのプランでも初月は2,980円で利用できるためかなりお得です。

また楽天会員の人はさらに安くなり初月1,480円、ダイヤモンド会員の人は初月980円となります。

お友達紹介キャンペーン

楽天モバイルに友だちを招待すると、最大2,000円分の楽天ポイントがもらえます。

最大5人までは2,000円分のポイントがもらえて、このポイントは楽天モバイルの支払いにも使えるので、積極的に利用しましょう。

家族の回線をまとめておトク!プラス割

楽天モバイルで2回線目以降を申し込むと、通話SIMはSIMのみだと5,000円キャッシュバック、スマホセットの場合端末代から5,000円割引されます。

家族でまとめて楽天モバイルに乗り換えるときに利用したいキャンペーンです。

楽天モバイルの申し込みはコチラ

ドコモの料金プランを安くするときの注意点

ここからはドコモで契約変更するときの注意点、ドコモから格安SIMに乗り換えるときの注意点をご紹介していきます。

実はドコモで契約変更する場合、プラン変更しない方が料金が安かったということもあるのです。

購入サポートがある場合は解除料が必要になる

ドコモでスマホ本体を購入サポートつきで購入した場合は解除料が必要です。

購入サポートは、機種代金が値引きされた状態で購入できるものの、1年以内の解約時に契約解除料以外に別の解除料が必要になります。

1年以内にドコモでスマホ本体を購入している場合は解除料が発生してしまうので注意しましょう。

購入サポートのココに注意

購入サポートの解除料は、機種変更やプラン変更でも解除料が必要になります。

新プランは月々サポートやdocomo withの割引対象外

旧プランで利用できた「月々サポート」「docomo with」の割引は新プランには対応していません

もし現在「月々サポート」「docomo with」を利用している場合、新プランに変更してもお得にならない可能性があります。

三親等内の家族しかファミリー割引が適用されない

新プランを利用する場合に大切なファミリー割引ですが、この割引が適用されるのは三親等内のみです。

三親等内とは、本人と配偶者を中心とすると曽祖父母、ひ孫、おじおば、甥姪までとなります。

遠方に住んでいる場合や異なる名字の場合は、確認の電話が入るため電話に出る必要があります。

解約金9,500円が必要になる場合も

旧プランを利用していて、ドコモから格安SIMに乗り換える場合、契約更新月以外に乗り換えると解約金9,500円が必要になってしまいます。

契約更新月の「当月」「翌月」「翌々月」以外に乗り換えると解除料が発生するため、乗り換えるタイミングは気をつけましょう。

MNPの場合は申請が必要

現在使っている電話番号のまま、ドコモから格安SIMに乗り換える場合は事前にドコモに申請をしてMNP予約番号をもらう必要があります。

ポイント

      • My docomo
      • 電話手続き(ドコモスマホからの発信:151 一般電話からの発信:0120-800-000)
      • ドコモショップ

MNP予約番号は上記の方法で取得できます。

簡単な手続きですが、MNP予約番号の有効期限が10日以上ではないといけないので、取得したらすぐに乗り換え手続きを行いましょう。

おわりに

ドコモの料金を安くする方法5つは以上になります。

ポイント

      • 利用状況に合った料金プランにする
      • 家族全員でドコモを利用する
      • 不要なオプションを外す
      • 自宅の回線をドコモ光にする
      • 格安SIMに乗り換える

ドコモを使い続けたい場合は、家族全員ドコモにして新プランに変更して自宅の回線をドコモ光にすることで、毎月の料金は安くできます。

ドコモにこだわりがない場合は、格安SIMに乗り換える方が毎月の料金は安くなるでしょう。

ポイント

      • LINEモバイル
      • 楽天モバイル

ドコモユーザーにおすすめの格安SIMは上記の2社です。

特にLINEモバイルは現在お得なキャンペーンも行っているので、より安くスマホを使えます。

無駄な支払いを抑えて、気持ちよくスマホを使っていってくださいね。

-スマホ
-, ,

Copyright© Mobile Pocket(モバイルぽけっと) , 2020 All Rights Reserved.