光回線

ドコモ光が遅いって本当?遅いと感じる人には2個の共通項があった!

ドコモ光は「光コラボレーション」の1種でドコモのスマホが安くなるセット割引が特徴の光回線です。

そんなドコモ光ですが、遅いという評判が多かったり、実際に使っていて遅いと感じている人もいるでしょう。

今回はドコモ光が遅いという噂が本当なのか、ドコモ光の通信速度を少しでも向上させる方法などをご紹介していきます。

ドコモ光が遅いという噂が本当なのか知りたい人は「【結論から先に】ドコモ光は十分使える光回線」から、ドコモ光の通信速度を向上させたい人は「ドコモ光を使っていて遅いときの対策方法」をご覧ください。

【結論から先に】ドコモ光は十分使える光回線

結論から先にまとめてしまうとドコモ光はほとんどの人が満足できる光回線です。

ドコモ光 戸建てプラン マンション・アパート
下り平均通信速度 181.83Mbps 157.46Mbps
上り平均通信速度 160.79Mbps 145.85Mbps
平均Ping値 24.46ms 22.57ms

(参考:みんなのネット回線速度

上記は実際にドコモ光を使っているユーザーが測定した通信速度の平均値です。

戸建てプランでもマンションプランでも150Mbps以上が平均なので、ほとんどの人が満足できる通信速度になります。

ただし、オンラインゲームをメインに考えている人にとってはPing値が高いことが気がかりです

オンラインゲームのことも考えて契約するのであれば「NURO光」「コミュファ光」などの独自回線を用いた光回線をおすすめします。

オンラインゲームをしない人であれば、ドコモ光は動画視聴時に止まることもほとんどなく、ストレスが溜まることのない光回線です。

ですが、VDSL回線になるとドコモ光は劇的に遅くなってしまう可能性があるので注意しましょう。

VDSL回線にならなければドコモ光は十分満足できる光回線なので安心してください。

\ 下記リンクからの申し込みで最大2万円キャッシュバック /

ドコモ光の公式サイトはコチラ

ドコモ光が遅くなる理由や、契約前に遅くなるのか判断する方法は「ドコモ光が遅いという評判がある理由」で詳しく解説していくので、ご確認ください。

ドコモ光が遅いという評判がある理由

ドコモ光はTwitterなどで調べてみても、通信速度が遅いという評判が多く見られます。

ドコモ光の通信速度が遅いという評判

上記は2020年7月から1ヶ月前まで調べただけで出てきたツイートです。

こんなにたくさん遅いという声が聞こえるならドコモ光は遅いのではないかと思ってしまいますが、速いという評判もあるのでまずはご覧ください。

ドコモ光の通信速度が速いという評判

上記のツイートも2020年7月から1ヶ月程度遡っただけで見つかった、ドコモ光が速いという評判です。

なぜ、同じドコモ光を契約しているのに、速いという評判と遅いという評判に分かれてしまうのでしょうか。

ドコモ光の通信速度が極端にユーザーによって変わる原因は配線方式、混雑具合にあります

LAN配線方式やVDSL方式だとドコモ光は遅い

マンションやアパートに住んでいる場合は、電柱からマンションの共有部分に光ファイバーケーブルを届けて、共有部分からさらに自室まで光回線を届けるという仕組みになっています。

共有部分から自室まで光回線を届ける配線方式というものには3つの種類があり、配線方式によって通信速度が変わってくるのです。

配線方式

  • 光配線方式(最も速く戸建てプランと変わらない)
  • LAN配線方式(最大通信速度が100Mbpsとなり光配線方式の10分の1しか出ない)
  • VDSL方式(最大通信速度が100Mbpsとなり光配線方式の10分の1しか出ない)

配線方式には上記3種類ありますが、光配線方式は最大1Gbpsの通信速度が出ますが、LAN配線方式とVDSL方式は最大100Mbpsの通信速度になってしまいます。

同じドコモ光のマンションタイプでも配線方式によって通信速度が変わってしまうため、ドコモ光は速いという評判とドコモ光は遅いという評判に分かれてしまうのです。

契約前にLAN配線方式やVDSL方式になるのか調べる方法

ドコモ光はLAN配線方式やVDSL方式になると通信速度が遅くなってしまうことが分かっていただけたかと思います。

次は契約前にLAN配線方式やVDSL方式になるのか調べる方法をご紹介していくので、契約前の人は必ずチェックしましょう。

メモ

すでにドコモ光を契約している人は契約書類やマイページで確認できます。

まずは以下の中から自分の住んでいる地域に合わせてアクセスしてください。

その後、画面に沿って入力を進めて、住んでいるマンションやアパートを調べましょう。

するとこのような画面が表示されます。

上記の画像はVDSLだと判定された画像なので、ドコモ光もVDSL方式となります。

上記の画像が表示された場合は、光配線方式の物件なのでドコモ光も光配線方式になります。

ドコモ光は前述の通り「光コラボレーション」というフレッツ光の回線網を借りてサービスを提供しているので、フレッツ光のエリアや配線方式が参考になるのです。

契約前に確認しておくことで失敗は減らせるので、ぜひ確認してみましょう。

ドコモ光は契約プロバイダによっても通信速度が異なる

ドコモ光を契約するときにはプロバイダも選ぶ必要がありますが、適当に選んでしまうと通信速度が遅くなることがあります。

以下の表をご覧ください。

プロバイダ名 下り通信速度 上り通信速度
GMOとくとくBB 238.66Mbps 192.83Mbps
OCN 181.82Mbps 153.33Mbps
ぷらら 181.35Mbps 149.35Mbps
BIGLOBE 166.57Mbps 146.92Mbps
nifty 122.84Mbps 161.74Mbps

(参考:ドコモ光の通信速度レポート

上記の表はドコモ光のプロバイダ別通信速度になります。

GMOとくとくBBは238Mbps出ていますが、niftyは122Mbpsしか出ていないため、プロバイダによって差がありますよね。

実は、契約しているユーザー数やプロバイダの設備によって通信速度は変わってきます

なのでniftyはユーザー数に見合った設備になっていないため通信速度が遅く、GMOとくとくBBはユーザー数に見合った設備のため通信速度が速いと考えられます。

設備が改善されたら通信速度は向上しますが、今から契約する場合はGMOとくとくBBを選んでおいたほうが良いでしょう。

ドコモ光が遅くならない人はこんな人!

ドコモ光が遅くならない人は下記に当てはまる人です。

ドコモ光が遅くならない人

  • 戸建てプランを契約
  • マンションやアパートでも光配線方式になる
  • LAN配線方式やVDSL方式の場合はGMOとくとくBBのIPv6を利用

では1つ1つ理由やポイントを解説していきます。

戸建てプランを契約

ドコモ光の戸建てプランはすべて通信速度が1Gbpsなので高速通信が可能です。

マンションやアパートの場合と違い、配線方式によって通信速度が異なることがないため安心してください。

また、マンションやアパートでも戸建てプランを契約できる場合があるので、通信速度にこだわる人は一度ドコモ光に問い合わせてみましょう。

参考

ドコモ光のお申込みに関するご相談:申し込み相談フォーム

マンションやアパートでも光配線方式になる

マンションやアパートに住んでいて、光配線方式になる場合も最大1Gbpsの通信速度になるので、速度が遅くなることはありません。

光配線方式になるのか調べる方法はこのページの「契約前にLAN配線方式やVDSL方式になるのか調べる方法(クリックでジャンプ)」を参考に調べてみてください。

上記を参考に配線方式を調べた結果、LAN配線方式やVDSL方式になることが分かった場合は下記を参考にしてください。

LAN配線方式やVDSL方式の場合はGMOとくとくBBのIPv6を利用

LAN配線方式やVDSL方式になることが分かった場合は、極力速いプロバイダを選び、できるだけ速い接続方式を選ぶことが大切です。

ドコモ光の速いプロバイダは「ドコモ光は契約プロバイダによっても通信速度が異なる」でも説明しましたが、GMOとくとくBBになります。

なのでプロバイダはGMOとくとくBBを選び、GMOとくとくBBの「v6プラス」を利用しましょう。

GMOとくとくBBのv6プラスは光電話を契約、WiFiルーターレンタルサービスを申し込むと設定せずに利用できますが、自分でv6プラスに対応したルーターを用意しても利用できます。

v6プラスの利用方法は下記リンクを参考に行ってください。

参考

v6プラスでの接続と既存のv4接続では通信速度が全く違いますので、参考に表をご覧ください。

ドコモ光×GMOとくとくBB IPv6 IPv4
下り平均通信速度 276.15Mbps 137.02Mbps
上り平均通信速度 214.13Mbps 133.93Mbps

(参考:ドコモ光 × GMOとくとくBBのPPPoE・IPoE接続の平均速度(直近3ヶ月)

残念ながら、LAN配線方式やVDSL方式の場合は上記ほどの通信速度は出ませんが、LAN配線方式やVDSL方式でもIPv6の方が通信速度は速くなります

できるだけ通信速度を速くするためにも、IPv6は利用した方が良いので、ぜひ試してみましょう。

ドコモ光を使っていて遅いときの対策方法

最後にドコモ光を既に使っていて、通信速度が遅いときの対策方法をご紹介していきます。

今回ご紹介する対策方法は上記4つです。

参考になりそうな部分があれば、そちらをご覧ください。

LANケーブルを買い換える

LANケーブルには「カテゴリー」というものがあり、カテゴリーによって最大通信速度は変わってきます。

古いカテゴリーのものを使っている場合は、1Gbpsのプランを契約していたとしても100Mbpsしか出なくなってしまうのです。

LANケーブルの種類 CAT5 CAT5e CAT6 CAT6A(6e) CAT7 CAT7A CAT8
最大通信速度 100Mbps 1Gbps 1Gbps 10Gbps 10Gbps 10Gbps 40Gbps
伝送帯域 100MHz 100MHz 250MHz 500MHz 600MHz 1000MHz 2000MHz

基本的に今から買うのであれば「CAT6A」以上のものを買っておくと安全です。

最近はドコモ光でも10Gbpsのプランも出てきていますし、長く使える可能性があります。

カテゴリーは今使っているLANケーブルに記載されているので、すぐに確認できます。

もしもカテゴリーの記載が消えている場合は、LANケーブルに記載された文字列をインターネットで検索すると調べられます。

ルーターを買い換える

ルーターには通信規格というものがあり、古い通信規格のルーターを使っている場合は、回線の速度が速くてもパソコンやスマホに届く通信速度は遅くなってしまいます。

ルーターの通信速度

  • IEEE802.11ac(最大通信速度6.9Gbps)
  • IEEE802.11n(最大通信速度600Mbps)
  • IEEE802.11a(最大通信速度54Mbps)
  • IEEE802.11g(最大通信速度54Mbps)
  • IEEE802.11b (最大通信速度11Mbps)

上の通信規格ほど通信速度は速く、下に行くほど通信速度は遅くなるので、現在のルーターの通信規格を調べてみましょう。

また、最新のルーターに買い換える場合は「IPv6対応」という表記があるものを選んでください。

プロバイダを変更する

ドコモ光は契約プロバイダによっても通信速度が異なる」でも説明しましたが、ドコモ光はプロバイダによって通信速度が違ってきます。

2020年7月現在ドコモ光で最も速いプロバイダはGMOとくとくBBなので、他のプロバイダを契約している場合はGMOとくとくBBに乗り換えましょう。

プロバイダ変更手続き

  • 電話:受付時間:0120-800-000 午前9時〜午後8時
  • ドコモショップ:各店舗の営業時間内

プロバイダ変更の手続きは電話かお近くのドコモショップで行なえます。

乗り換える場合は事務手数料として3,000円が発生することや、現在のプロバイダでIPv6オプションに加入している場合は解約することを覚えておきましょう。

NURO光かauひかりに乗り換える

プロバイダを変更しても通信速度が改善されない場合や、LAN配線方式やVDSL方式が嫌だという場合は「NURO光」「auひかり」の工事ができるのか調べてみましょう。

NURO光やauひかりは「光コラボレーションではない」ので、新しく回線を引いてくれる可能性があります

まずはNURO光とauひかりのエリアを調べてみて、自分の住んでいる地域で使えるのか調べてみましょう。

NURO光とauひかりの対応エリア

どちらかがエリア内だった場合は、エリア内だった方の工事ができる可能性があります。

まだこの段階では乗り換えられると確定したわけではないので、すぐにドコモ光を解約しないように注意しましょう。

どちらかがエリア内だったら、次は大家さんか管理会社に新しい光回線の工事をして良いか確認してください。

工事の許可が出たらNURO光かauひかりに申し込みをして、実際に業者が来て工事ができるのか見てもらって、工事ができる物件だと判断されたら、ようやく乗り換え工事に入ります。

また、NURO光やauひかりに申し込みをする場合は、申し込み先によってキャッシュバック金額が変わってくるので、できるだけキャッシュバック金額が高いところから申し込みをおすすめします。

キャッシュバックが多い申し込みページ

NURO光について詳しく知りたい人は「NURO光の評判は?4個のメリットとデメリットも徹底解説」も併せて参考にしてください。

auひかりに関しては申し込み中にVDSL方式になる可能性があることもあるので「auひかりの評判は?メリット・デメリットも徹底解説!」を読んでから申し込みをおすすめします。

おわりに

今回はドコモ光が遅いという噂は本当なのか、どういう人は遅くなるのか、どんな人なら速い通信速度になるのかなどを説明してきました。

ドコモ光が遅くなる条件

  • LAN配線方式やVDSL方式の契約になっている
  • 遅いプロバイダを選んでいる

ドコモ光が遅くなる条件として多いものが上記2つです。

LAN配線方式やVDSL方式だと、光配線方式の10分の1程度の通信速度しか出ないので、契約前に「契約前にLAN配線方式やVDSL方式になるのか調べる方法(クリックでジャンプ)」を参考に調べてみましょう。

反対にドコモ光が速い通信速度で利用できる人は下記に当てはまる人です。

ドコモ光で高速通信が可能な人

  • 戸建てプランを契約
  • マンションやアパートでも光配線方式になる
  • LAN配線方式やVDSL方式の場合はGMOとくとくBBのIPv6を利用

上記に当てはまる人は、安心してドコモ光を契約してください。

\ 下記リンクからの申し込みで最大2万円キャッシュバック /

ドコモ光の公式サイトはコチラ

また現在ドコモ光を使っていて通信速度が遅いという人は「ドコモ光を使っていて遅いときの対策方法」を参考にしてください。

The following two tabs change content below.
Tempo

Tempo

オンラインゲームにハマり様々な光回線を使い、急な寮生活でモバイルWiFiが必須になり複数のモバイルWiFiを渡り歩きました。様々な光回線とモバイルWiFiを利用したので、人に合ったネット回線をご紹介していきたいと思います。

-光回線
-, ,

Copyright© Mobile Pocket(モバイルぽけっと) , 2020 All Rights Reserved.