光回線

【2020年最新】光回線を徹底比較!本当に速い光回線を探す人必見!

光回線は契約する会社によって月額料金や通信速度が変わってきます

せっかく工事をして光回線を引くのですから、通信速度が速いところを選びたいですよね。

今回は光回線を比較して、通信速度が速いところ、月額料金が抑えられるところなどをまとめていきます。

安心して契約できる光回線が知りたい人に必見の情報や説明もあるのでぜひご覧ください!

【2020年最新版】人気の光回線一覧表

光回線は種類が山ほどあるので、ここではこの中から選べば間違いない光回線だけを載せていきます。

手っ取り早く光回線を選びたいという人はこの中から通信速度を優先するか、月額料金を抑えられることを優先するかで選んでいきましょう。

こんな人におすすめ! 光回線 月額料金※戸建てプラン 最大通信速度 キャンペーン
通信速度にこだわりたい! NURO光
解説ページ
4,743円 2Gbps 工事費実質無料
最大45,000円のキャッシュバック
auひかり
解説ページ
5,100円 1Gbps 工事費実質無料
最大115,000円のキャッシュバック
他社回線の解約金相当最大55,000円還元
電力会社の光回線
eoひかりやメガエッグ光など)
各電力会社による
(例 eoひかり:1年間2,953円 以降4,953円)
1Gbps 各電力会社による
(例 eoひかり:月額料金1年間2,953円になるキャンペーン)
月額料金を抑えたい! ドコモ光 5,000円 1Gbps ドコモユーザーの家族3人まで1,000円割引
工事費無料
ソフトバンク光 5,200円 1Gbps ソフトバンクユーザーの家族全員毎月1,000円割引
他社からの乗り換え時工事費無料

ここからは光回線の通信速度が違う理由や、選ぶときに注意して欲しいことなどをまとめていきます。

すぐには光回線を決められないという人や、きちんと自分で見てから決めたい人はさらに読み進めてください!

光回線の通信速度が違う理由を詳しく解説

まずは、なぜ選ぶ光回線によって通信速度が違ってくるのか説明していきたいと思います。

光回線と聞いて思いつくものは「フレッツ光」「NURO光」「auひかり」「ドコモ光」「ソフトバンク光」などが多いでしょう。

この中で「独立した光回線」と「フレッツ光」に種類が分けられることをご存知でしょうか。

  当てはまる光回線 通信網 特徴
独立した光回線 NURO光、auひかり、電力会社の光回線 独自で用意した通信網 フレッツ光と比べて回線を使う人数が少なく、混雑しにくいため速度が落ちにくい
フレッツ光 フレッツ光、ドコモ光、ソフトバンク光 フレッツ光が用意した通信網 幅広い世代、人数が使っているため混雑しやすく速度が落ちやすい

知らない人も多いでしょうが、ドコモ光やソフトバンク光はフレッツ光に回線を借りてサービスを提供する光コラボレーションというタイプなのです。

家電量販店などで進められる光回線も光コラボレーションなので、ユーザー数が非常に多くなっています。

通信速度が遅くなる理由

ユーザー数が多いことが通信速度が遅くなる1番の理由ですが、いまいち納得できない人も多いでしょう。

そのような場合は光回線を道路だと思って考えてみると良いかもしれません。

道路は渋滞しているほど車を動かせなくなりますよね。光回線も似た原理で、ユーザー数が多いほど回線が渋滞してしまうのです。

公式サイトに記載された通信速度が出ない理由

【2020年最新版】人気の光回線一覧表」でご紹介した「auひかり」や「eoひかり」は公式サイトを見ると最大通信速度1Gbpsなどと記載されています。

上記の回線は通信速度の評判が良い会社ですが、通信速度の評判が良くない光回線でも公式サイトでは最大通信速度1Gbpsと記載されているのです。

評判が悪い光回線を契約して、通信速度が1Gbps出ないと「詐欺だ!」「騙された!」と感じてしまう人も多いですが、評判が良い光回線でも1Gbpsの通信速度は出ません

これには理由があって、公式サイトで記載された通信速度は技術規格上の最大値で、私たちユーザーが使うときに出る通信速度ではないのです。

ほとんどの光回線では申し込みページなどで※を付けて以下のようなことを記載しています。

ベストエフォート型サービスです。記載速度は技術規格上の概ねの最大値となり、実使用速度を示すものではありません。 
(引用:auひかり

なので公式サイトに記載された通信速度だけで光回線を選ぶと、通信速度が遅い可能性が出てきてしまいます。

そもそも、公式サイトの記載を変えてくれ!と思う人も多いでしょうが、先ほども説明したように光回線は混雑具合で通信速度が変わってしまいます

光回線会社も実際に出る通信速度を載せたいのだとは思いますが、ユーザーによって通信速度が異なってしまうため記載ができないのでしょう。

ここからは公式サイトに記載された通信速度だけで判断しないために、光回線を選ぶときに見たり調べて欲しいことをまとめていきます。

光回線を選ぶときに本当に大切なポイント2個

光回線を選ぶときに本当に大切なポイント

  • 最大通信速度ではなく実効通信速度を調べる
  • 月額料金だけでなく負担額で考える

最大通信速度ではなく実効通信速度を調べる

光回線会社の公式サイトで記載されている通信速度は、最大通信速度だということは先ほども説明しました。

最大通信速度を見ていても、実際に私たちが使うときにどれくらいの通信速度が出るのか全く分からないため、信頼しすぎるのは良くありません。

なので、光回線を契約するときは実効通信速度を調べていきましょう

実効通信速度って何?

実効通信速度とは、私たちユーザーが実際に光回線を使ったときに出る通信速度のことです。

ユーザーが使って出る通信速度なので非常に信頼できます。

光回線の実効通信速度を調べられるサイトは下記の2つです。

今回はみんなのネット回線速度で実効通信速度を見る方法をご紹介していきます。

step
1
回線タイプごとの通信速度レポートを見るを探す

みんなのネット回線速度にアクセスをしたら、回線タイプごとの通信速度レポートを見るの「光回線」を選びましょう。

step
2
実効通信速度が知りたい光回線を選ぶ

光回線を選ぶと光回線会社が一覧で表示されるので、実効通信速度が知りたい光回線を探して「○○光の通信速度レポートを見る」を選びましょう。

今回は参考としてNURO光の実効通信速度を見ていきます。

step
3
ページ下部にある都道府県別の○○光の通信速度レポートを見るを選ぶ

「○○光の通信速度レポートを見る」を選ぶと直近で測定された光回線の測定結果が表示されます。

このままでは全国の測定結果を見ることになるので、ページを下部までスクロールして「都道府県別の○○光の通信速度レポートを見る」の中から自分の住んでいる地域を選びましょう。

step
4
○○都道府県の戸建て・集合住宅の○○光の通信速度レポートを見るを選ぶ

今回は参考として東京都を選びましたが、東京都を選んだだけでは戸建てタイプ、マンションタイプの平均実効通信速度が表示されてしまいます。

NURO光は変わりませんが、auひかりやドコモ光などは戸建てタイプかマンションタイプかで通信速度は異なるので、分けて調べたほうが良いのです。

またページを下部までスクロールして「戸建て住宅」「集合住宅(マンション・アパート)」の自分が住んでいる物件を選びましょう。

step
5
平均実効通信速度が確認できる!

ここまでにまとめた手順通り見ていくことで、自分の住んでいる地域、物件タイプ別の平均実効通信速度が調べられます。

NURO光の東京都の集合住宅(マンション・アパート)の平均実効通信速度は上記になります。

実際に通信測定をした結果しか載っていないので信憑性も高く、最も参考になる実効通信速度が分かるので、必ず契約前に調べてみましょう。

月額料金だけでなく負担額で考える

光回線を引くときに気になるものの1つが月額料金だと思いますが、光回線を引くときには工事費も発生します。

また光回線によってはスマホとのセット割が用意されていることも多いので、月額料金だけでなく工事費やスマホとのセット割も意識して見ていきましょう。

光回線 セット割の対象サービス 割引額 工事費 セット割適用後の月額料金
ソフトバンク 最大1,000円×10回線
※月額500円のオプションに加入する必要があるため1回線のみだと500円割引になる
40,000円
工事費が月額料金から割引されて実質無料
4,243円
au 最大1,000円×10回線 30,000~37,500円
工事費が月額料金から割引されて実質無料
4,100円
電力会社の光回線
eoひかりやメガエッグ光など)
eoひかりやコミュファ光はau 最大1,000円×10回線 電力会社による 電力会社による
(例 eoひかり:1年間1,953円 以降3,953円
ドコモ光 ドコモ 最大1,000円×3回線 15,000~18,000円
完全無料
4,000円
ソフトバンク光 ソフトバンク
Y!mobile
最大1,000円×10回線
※月額500円のオプションに加入する必要があるため1回線のみだと500円割引になる
24,000円
他社からの乗り換え時に実質無料
4,700円

NURO光、ソフトバンク光はソフトバンクユーザーはセット割がありますが、オプションサービスに加入する必要があるため、割引される金額は500円になってしまいます。

どちらもオプションに加入しなければいけないため、NURO光のエリア内の人はNURO光を選んだ方が良いでしょう。

負担額が安い光回線を比較

ここからは月額料金、スマホのセット割、キャッシュバックキャンペーンなどを計算して光回線の比較を行っていきます。

すべての光回線を載せると多すぎますし、そもそもおすすめでない光回線を比較しなくても良いと判断したので、厳選した光回線のみ比較していきます。

光回線 セット割 工事費 キャッシュバック 2年間の負担額
au 実質無料 最大115,000円
※複数オプションに入る必要性あり
32,600円
(セット割なし:56,600円)
ピカラ光 au 光でんわに同時加入で無料
※光でんわは月額料金500円
最大30,000円 36,720円
(セット割なし:60,720円)
メガエッグ光 au 実質無料 15,000円 39,720円
(セット割なし:61,800円)
ソフトバンク光 ソフトバンク
Y!mobile
24,000円
他社からの乗り換え時無料
最大33,000円 49,800円
(セット割なし:67,800円)
※他社からの乗り換え時
eo光 au 実質無料 商品券10,000円 60,872円
(セット割なし:84,872円)
ソフトバンク 実質無料 最大40,000円 61,832円
(セット割なし:73,352円)
コミュファ光 au 完全無料 なし
※同時オプション加入のものだけあり(15,000円)
70,320円
(セット割なし:94,320円)
ドコモ光 ドコモ 完全無料 最大20,000円 76,000円
(セット割なし:100,000円)

2年間の負担額が安い光回線を比較した表が上記になります。また、負担額が安い順番に並んでいるので安さを重視する場合は上から見ていきましょう。

どの光回線にも共通していることですが、セット割があるかどうかで2年間の負担額はかなり変わってきます

なので光回線の負担額を減らしたい人は、セット割があるところを選ぶようにしましょう。

どうしてもセット割が組めないという場合は、キャリアを格安SIMに乗り換えるという方法でも負担額は抑えられます

格安SIMはキャリアよりも通信速度が遅くなりますが、月額料金は半額以下なので、スマホはLINEやSNS程度しか使わないという人は乗り換えた方がお得です。

通信速度が速い光回線を比較

ここからは光回線の下り実効通信速度、上り実効通信速度、Ping値、選べる地域を表にして比較していきます。

光回線 下り平均実効通信速度 上り平均実効通信速度 平均Ping値 選べるエリア
コミュファ光 424.99Mbps 264.29Mbps 20.41ms 愛知、岐阜、三重、静岡、長野

NURO光
343.43Mbps 332.52Mbps 12.89ms 北海道、東京、神奈川、埼玉、千葉、茨木、群馬、愛知、静岡、岐阜、三重、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良
メガエッグ光 316.6Mbps 223.27Mbps 26.62ms 山口、島根、鳥取、広島、岡山
eo光 265.59Mbps 217.7Mbps 18.36ms 滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、福井

auひかり
264.03Mbps 233.32Mbps 18.04Mbps 関西と中部エリア以外のすべて
ピカラ光 257.02Mbps 194.9Mbps 22.24ms 徳島、香川、愛媛、高知
ソフトバンク光 186.6Mbps 134.52Mbps 21.46ms 全国
ドコモ光 157.63Mbps 141.45Mbps 25.06ms 全国

通信速度が速い光回線を比較した表が上記になります。

必ず上記の通信速度が出るわけではありませんが、全国平均の実効通信速度なので参考にしてください。

本当におすすめできる光回線2選

ここからは比較した光回線の中からおすすめのものを2つだけご紹介していきます。

比較表を見てもどれを選ぶか決めきれなかった人はぜひ参考にしてください!

NURO光

NURO光の簡単な特徴

  • 最大45,000円の高額キャッシュバックがある
  • 工事費用40,000円が実質無料
  • 下り通信速度が最大2Gbpsと業界最速※プランによっては最大10Gbpsまで選べる
  • 開通までモバイルWiFiのレンタルができる

NURO光は通信速度が速い光回線で、当サイトでも何度もご紹介してきました。

通信速度だけを見るとコミュファ光より遅くなっていますが、Ping値がコミュファ光よりも速いため、オンラインゲームのために光回線を探している人におすすめです。

キャッシュバックあり、工事費無料、開通までモバイルWiFiのレンタル有り、とユーザーにとって有り難いサービスが充実しています。

ですが人気すぎて工事が完了するまでに時間がかかるというデメリットもあるため、申し込みは早めに行っておいたほうが良いでしょう。

NURO光の公式サイトはコチラ

auひかり

auひかりの簡単な特徴

  • 最大115,000円の高額キャッシュバックがある
  • 工事費用37,500円が実質無料
  • auのスマホユーザーは月額料金が割引される
  • 他社からの乗り換え時に解約違約金相当最大55,000円還元

auひかりは2年間の負担額がかなり安く抑えられる光回線で、通信速度もそこそこ速いコスパが優れた光回線です。

特にauユーザーはお得に利用できるため、積極的にキャッシュバックを受けていきましょう。

ただし、2年が経過した段階でオプションサービスをすべて外すことを忘れないようにしましょう。

auひかりの公式サイトはコチラ

光回線が開通するまでの流れ

最後に光回線が開通するまでの流れを説明していきます。

光回線が開通するまでの流れ

  • 対応エリアか確認して申し込みをする
  • 光回線の開通工事の日にちを決める
  • 開通工事が完了したら光回線は開通

対応エリアか確認して申し込みをする

光回線を申し込むときは対応エリアか確認をする必要があります。

例えばNURO光は東京はエリア内ですが、どの場所でも申し込めるとは限らないのです。

特定の物件では契約できないこともあるので、必ず確認しておきましょう。

光回線 提供エリア確認
NURO光 エリア確認
auひかり エリア確認
ピカラ光 エリア確認
メガエッグ光 エリア確認
eo光 エリア確認
コミュファ光 エリア確認
ソフトバンク光
ドコモ光

自宅がエリア内で、光回線が契約できる場合は、キャッシュバックが受け取れる窓口から申し込みを行いましょう。

光回線の開通工事の日にちを決める

光回線は開通するために工事が必要なので工事の日にちを決めましょう。

申し込み時に希望の工事日を選べる場合や、後日電話がかかってきて日にちを決める場合があります。

開通工事は土日祝日でも行えますが、追加料金として3,000円程度かかることが多いですが、土日祝日休みの人が多いので仕方ないと割り切りましょう。

開通工事が完了したら光回線は開通

開通工事の日にちが決まったら、工事に立ち会ったら光回線は開通します。

特に自分でやることはありませんが、立ち会う必要があるため、時間があるときを選びましょう。

おわりに

今回は光回線の負担額、通信速度などを比較してきました。

最近はオンラインゲームやVODサービスが流行っているので、光回線の通信速度は非常に重要です。

通信速度を重要視している場合は「NURO光」「コミュファ光」をおすすめします。

また負担額を抑えて光回線を選びたい場合は、自分が使っているスマホとのセット割がある光回線を選びましょう。

The following two tabs change content below.
Tempo

Tempo

オンラインゲームにハマり様々な光回線を使い、急な寮生活でモバイルWiFiが必須になり複数のモバイルWiFiを渡り歩きました。様々な光回線とモバイルWiFiを利用したので、人に合ったネット回線をご紹介していきたいと思います。

-光回線
-, ,

Copyright© Mobile Pocket(モバイルぽけっと) , 2020 All Rights Reserved.