コラム

自宅のWiFiは無制限にすべき!快適なネット環境を簡単に作る手順

自宅で使えるWiFiを探していると、無制限のものや月に100GBまでなどと決められたものまで、幅広いWiFiを目にしますよね。

人によっておすすめのWiFiは変わってきますが、月に使えるデータ容量が無制限のWiFiの方が圧倒的におすすめです。

また、無制限のWiFiと言っても、月に使えるデータ容量は無制限だけど短期的な速度制限があることも多く、無制限の文字に釣られてすぐに契約することはやめましょう。

今回は、自宅での利用におすすめの無制限WiFiや、無制限WiFiの比較などを行っていくので、自宅のネット環境を快適にしたいと考えている人はぜひ参考にしてください。

注意点

2020年の初頭までは、無制限のポケットWiFiもありましたが、2020年9月現在ではすべて制限が付いてしまいました。

ポケットWiFiの無制限を探していたという人は、3日間の制限があるWiMAX2+や、工事が必要なものの光回線を選びましょう。

自宅で利用できるWiFi

まずは、自宅で利用できるWiFiの種類について知っていきましょう。種類を知っておくことで、自分に合ったWiFiが分かるはずなのでご覧ください。

光回線
(フレッツ光、NURO光、auひかりなど)
メリット 通信速度が速い
月間データ容量の制限がない
速度制限がない
キャッシュバックが高額
デメリット 工事が必要
時期によって工事開始が遅い
ホームルーター
(SoftBank Airなど)
メリット 月間データ容量の制限がない
工事不要
デメリット 通信速度が遅い
速度制限がある
契約した住所でしか使えない
ポケットWiFi
(WiMAX2+、THE WiFiなど)
メリット 外出先でも使える
工事不要
キャッシュバックが高額なことがある
デメリット 通信速度が遅い
速度制限がある
電波が届きにくいことがある

インターネットを使うときの快適さを重要視する場合、通信速度が速くて速度制限もない光回線がおすすめです。月額料金はホームルーターやポケットWiFiと比べて、500円~1,000円程度高いこともありますが、高額キャッシュバックがあるため、光回線の方が負担額が抑えられます。

ただし、記事の冒頭でも述べましたが、人によって自分に合ったWiFiは変わってくるため、自宅のWiFiの選び方をご紹介していきます。

自宅で使う無制限WiFiの選び方

光回線やホームルーター、ポケットWiFiのメリットやデメリットは分かったと思います。ですが、自分に合ったWiFiがどれかはわかりにくいですよね。

そこで、ここからは自宅の無制限WiFiの選び方を説明していきます。インターネットの使い方や使う用途によって、おすすめは変わってくるので見ていきましょう。

自宅で使うWiFiの選び方
快適にインターネットを使いたい
オンラインゲームをする
動画を高画質でたくさん視聴する
動画配信を行う
仕事や授業で使う
光回線
早くインターネットを使いたい ホームルーター
外出中もWiFiを使いたい
工事ができない物件に住んでいる
ポケットWiFi

ではひとつひとつ説明していきます。

光回線がおすすめの人

光回線がおすすめの人は以下に当てはまる人です。

光回線がおすすめの人

  • 快適にインターネットを使いたい
  • オンラインゲームをする
  • 動画を高画質でたくさん視聴する
  • 動画配信を行う
  • 仕事や授業で使う

光回線はホームルーターやポケットWiFiと比べて、通信速度が圧倒的に速く月間データ容量も無制限で、短期間の速度制限もありません。また、ホームルーターやポケットWiFiは上り通信速度が非常に遅いというデメリットがあるため、仕事で使いたい場合は光回線一択です。

工事が必要なため、開通までに時間がかかるというデメリットもありますが、急いでいる場合でも光回線を申し込みして、短期間のポケットWiFiをレンタルしたほうが、インターネットを満足に使える可能性は高いです。

ホームルーターがおすすめの人

ホームルーターがおすすめの人

  • 自宅でできるだけ早くインターネットを使いたい

ホームルーターは、自宅でできるだけ早くインターネットを使いたいという人のみ利用を検討しましょう。ただし、自宅で使う場合でも、ポケットWiFiの自宅専用端末を使った方が料金は安くなりますし、通信速度も変わらないため、基本的にはホームルーターはおすすめしません。

ポケットWiFiがおすすめの人

ポケットWiFiがおすすめの人

  • 外出中もWiFiを使いたい
  • 工事ができない物件に住んでいる

ポケットWiFiは上記に当てはまる人におすすめです。ポケットWiFiは速度制限にかかっていないときであれば、下り通信速度に関しては十分なので、動画の視聴なども満足に行えます。

ですが、速度制限にかかってしまうと動画の視聴も止まりやすくなりますし、スマホアプリの更新やソシャゲのプレイも難しくなります

なので、ポケットWiFiは速度制限にかからない使い方になる(あまりインターネットを使わない)人におすすめの無制限WiFiです。

自宅で使う無制限WiFiの比較表

ここからは、先ほどご紹介した、「光回線」「ホームルーター」「ポケットWiFi」を比較していきます。料金や通信速度など、気になる部分のみ比較していくのでご覧ください

  光回線
(auひかり)
月額料金 戸建て
1~12ヶ月目5,100円
13~24ヶ月目5,000円
マンション
3,800円
契約手数料 3,000円
契約期間 2年or3年orなし
(月額料金やキャッシュバックが変わってくる)
契約解除料 7,000円~1万5,000円

工事費残債

戸建ての場合は2万8,800円
工事費 戸建て 実質無料
(3万7,500円を60回分割払いにする)
マンション 実質無料
(3万円を24回分割払いにする)
キャッシュバック 最大12万1,000円
下り通信速度
(※全国平均の実効通信速度)
264.03Mbps
上り通信速度
(※全国平均の実効通信速度)
233.32Mbps
  ホームルーター
(SoftBank Air)
月額料金 12ヶ月目まで3,800円
13ヶ月目以降4,880円
契約手数料 3,000円
契約期間 2年
契約解除料 9,500円

5万9,400円のルータを分割購入した場合は残りの金額を一括で支払う
工事費 なし
キャッシュバック なし
下り通信速度
(※全国平均の実効通信速度)
24.49Mbps
上り通信速度
(※全国平均の実効通信速度)
4.26Mbps
  ポケットWiFi
(GMOとくとくBB)
月額料金 ギガ放題
1~2ヶ月目:3,609円
3ヶ月目以降:4,263円
契約手数料 3,000円
契約期間 3年
契約解除料 1~12ヶ月目 1万9,000円 or 2万4,800円
13~24ヶ月目 14,000円 or 2万4,800円
25ヶ月目以降9,500円
工事費 なし
キャッシュバック 最大3万1,000円
下り通信速度
(※全国平均の実効通信速度)
39.6Mbps
上り通信速度
(※全国平均の実効通信速度)
4.5Mbps

※実効通信速度とは、私たちが使うときに実際に出る通信速度のことで、地域や時間などによって変わってきます。

公式サイトに記載された通信速度は最大通信速度なので、私たちが使うときに出る速度ではないため注意しましょう。

では、ここからは料金と通信速度に分けて詳しく説明していきます。

マンションやアパートの場合は光回線が最も安い

自宅で使うWiFiのことを調べていて、良く見る言葉の一つに「ホームルーターやポケットWiFiは光回線より安い」というものがあります。

確かに戸建てプランの月額料金と、ホームルーターやポケットWiFiの月額料金を比べると光回線の方が最大1,400円近く高くなりますが、マンションプランと比較した場合は光回線の方が安くなります

ホームルーターやポケットWiFiと比べて安い月額料金ですし、キャッシュバックを受け取ることも考えると、マンションやアパートに住んでいる人は光回線が最もおすすめです。

戸建ての場合は注意

戸建てプランの場合は、ホームルーターやポケットWiFiより月額料金が高くなってしまいます。また、契約期間は2年or3年orなしの中から選べますが、戸建てプランで工事費を実質0円にするためには60回の分割払いにする必要があります

60回の分割払いにしないと、工事費を負担する必要があるため、戸建てプランの場合は実質5年契約になってしまうのです。戸建ての場合は引っ越す可能性などは少ないでしょうが、使い続けることを前提に考えないと余計な出費が増えるので注意しましょう。

ただし、実質的な負担額に関しては、高額キャッシュバックがある「auひかり」などを選ぶことで、ホームルーターやポケットWiFiより抑えられます。なので、安く使えるものの、契約期間が長いと覚えておいてください。

通信速度は光回線が圧倒的

光回線、ホームルーター、ポケットWiFiの通信速度を比較した表を見ると分かりますが、通信速度に関しては光回線が圧倒的に優れています

通信速度

  • 光回線(auひかり)
    下り264.03Mbps
    上り233.32Mbps
  • ホームルーター(SoftBank Air)
    下り24.49Mbps
    上り4.26Mbps
  • ポケットWiFi(GMOとくとくBB)
    下り39.6Mbps
    上り4.5Mbps

光回線はホームルーターやポケットWiFiと比べて、10倍以上速い通信速度になります。公式サイトなどで最大通信速度1Gbps!などと記載されていますが、これは技術規格上の最大通信速度のことです。

つまり、1人のユーザーしか使わない状況、最高のスペックのパソコンを使うなど、様々な条件が完璧に整った場合のみに出る数値なので、実際に出ることはまずありえません。

最大通信速度だけで見れば、光回線やホームルーター、ポケットWiFiも変わりませんが、実効通信速度で見ると10倍以上差があるため注意してください。

オンラインミーティングやオンライン授業のときは通信速度はいるの?

オンラインミーティングやオンライン授業のときでも、通信速度は速い方が良いです。また、オンラインミーティング、オンライン授業では下り通信速度だけでなく、上り通信速度も重要になってきます。

上り通信速度は、私たちのデータ(情報)を相手に送るときに使うものなので、双方向でのやり取りが発生するオンラインミーティングやオンライン授業では必ず使います。

仮に上り通信速度が遅いと、相手の声は聞こえるのにこっちの声はうまく届かない、という状況になりやすいため覚えておきましょう。

自宅で使うおすすめのWiFi

最後に、自宅で使うおすすめのWiFiをご紹介していきます。ホームルーターはポケットWiFiを使った方が良いケースが多いため、今回はご紹介しません。

おすすめの光回線とポケットWiFiだけご紹介するので、WiFi選びの参考にしてください。

光回線のおすすめはauひかり

auひかりの簡単な特徴

  • 最大12万1,000円の高額キャッシュバックがある
  • 工事費用37,500円が実質無料
  • auのスマホユーザーは月額料金が割引される
  • 他社からの乗り換え時に解約違約金相当最大55,000円還元

auひかりは、対応するエリアが非常に広い光回線ながら通信速度が速く、高額キャッシュバックがあるため実質的な負担額が抑えられる光回線です。

通信速度だけで見るとNURO光の方が優れていますが、対応エリアの広さや工事までの早さから、auひかりをおすすめします。

auひかりについては上記の記事で詳しく解説しているため、さらに詳しく知りたい人は上記からご確認ください。

数ある光回線の中でも、最も高いキャッシュバックがあるため、実質的な負担額が抑えたい人にもおすすめの光回線です。

auひかりの公式サイトはコチラ

高額キャッシュバックについて

auひかりの高額キャッシュバックを受け取るには複数のオプションに加入する必要があります。

ですが、キャッシュバックが振り込まれる時期は6ヶ月後で、加入しなければいけないオプションは1年間無料のため、キャッシュバックが振り込まれたら解約してしまえば問題ありません。

ホームルーターやポケットWiFiはWiMAX2+がおすすめ

ホームルーターやポケットWiFiを使いたい人は、WiMAX2+がおすすめです。ホームルーターはSoftBank Airの方が有名かもしれませんが、速度制限の条件が非常に分かりにくく、使い勝手が悪いためおすすめしません。

サービス安定提供に伴う速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。

ご利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供に伴う速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。
特定のエリアでネットワークが高負荷となった場合、該当エリアのお客さまについては、サービス安定提供に伴う速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。

(引用:SoftBank Air(ソフトバンクエアー) の速度制限などについて

ただし、先ほども説明したとおり、WiMAX2+にも速度制限はあります。3日間で10GB以上を使った場合に速度制限がかかるという条件のため、あまりインターネットを使わないという人だけWiMAX2+がおすすめです。

1日に3時間以上インターネットを使う(動画視聴、配信視聴など)という場合は、WiMAX2+では速度制限にかかってしまう可能性が高いため、光回線をおすすめします。

WiMAX2+については上記の記事で詳しく解説していますが、2つのおすすめのプロバイダがあります。

おすすめのプロバイダ
評判が良いプロバイダが良い人 biglobeBIGLOBE
負担額が抑えられるプロバイダが良い人 GMOとくとくBB

BIGLOBE WiMAX2+は、ツイッターなどのネットで非常に評判が良かったプロバイダで、GMOとくとくBBは高額キャッシュバックがあり負担額が抑えられるプロバイダです。

どちらを優先するかは人によって変わってくるため、評判を優先したい人はBIGLOBE WiMAX2+を、価格を優先したい人はGMOとくとくBBを選びましょう。

WiMAX2+のプロバイダについて

WiMAX2+はどこのプロバイダを選んでも通信速度やつながりやすさは変わらないため、評判の良さや価格だけで選んでしまって良いです。

おわりに

今回は自宅で使う無制限WiFiについて説明してきました。無制限WiFiは、2020年の初頭まではポケットWiFiでも選べましたが、2020年9月現在、ポケットWiFiの無制限はありません

なので、データ容量や速度制限を一切気にせずにインターネットを使いたい場合は、光回線を選ぶしかありません。

光回線は月額料金が高いと思われがちですが、マンションやアパートの場合は、ホームルーターやポケットWiFiと変わらない月額料金です。

安さで選ぶ場合でも光回線の方が優れていることが多いため、ホームルーターやポケットWiFiの方が安いという情報に惑わされないようにしましょう。

The following two tabs change content below.
Tempo

Tempo

オンラインゲームにハマり様々な光回線を使い、急な寮生活でモバイルWiFiが必須になり複数のモバイルWiFiを渡り歩きました。様々な光回線とモバイルWiFiを利用したので、人に合ったネット回線をご紹介していきたいと思います。

-コラム
-, ,

Copyright© Mobile Pocket(モバイルぽけっと) , 2020 All Rights Reserved.