WiMAX

JCOM WiMAXはコスパが悪い!おすすめできない理由4個

Jcomはケーブルテレビのサービスが人気が高く、知名度も高くなっています。そんなJcomが提供するWiMAX2+を検討している人も多いのではないでしょうか。

結論を先に言ってしまうと、JcomのWiMAX2+はコストパフォーマンスが悪く通信速度も他のWiMAX2+と変わらないのでおすすめできません

今回はJcomのWiMAX2+が他のWiMAX2+と比べて、どれくらいコストパフォーマンスが悪いのか、JcomのWiMAX2+がおすすめできない理由などを説明していくので、JcomのWiMAX2+を検討している人はぜひ参考にしてください。

JcomのWiMAX2+がおすすめできない理由4個

Jcomはケーブルテレビのサービスが非常に人気ですが、WiMAX2+に関しては他のWiMAX2+会社に比べてサービスの質が劣っています。

JcomのWiMAX2+がおすすめできない理由

  • 他のWiMAX2+と比べて負担額が大きい
  • 選べる端末が非常に少ない
  • 端末が届いてから自分で開通設定を行う必要がある
  • 解約方法が分かりにくい

他のWiMAX2+と比べて負担額が大きい

WiMAX2+のサービスを提供している会社はJcom以外にも複数あり、特に人気が高いWiMAX2+が下記になります。

人気があるWiMAX2+

  • GMOとくとくBB
  • Broad WiMAX
  • カシモWiMAX
  • UQ WiMAX

上記のWiMAX2+とJcomのWiMAX2+の料金を比較した表が下記になります。

プロバイダ 3年間の負担額
(キャンペーン適用)
キャンペーン 契約年数
GMOとくとくBB 117,460円 最大30,500円キャッシュバック 3年
Broad WiMAX 128,626円 月額料金割引 3年
カシモWiMAX 132,668円 月額料金割引 3年
Jcom WiMAX 153,265円 初月無料 2年
UQ WiMAX 154,680円 特になし 2年

ご覧の通り、JcomのWiMAX2+よりも、3年間の負担額が安いWiMAX2+は、数多くあります。

JcomのWiMAX2+は契約年数が2年ですが、GMOとくとくBBの場合は、違約金24,800円を払ったとしても、Jcom WiMAX2+よりお得です。

また、JcomのWiMAX2+はauスマートバリューmineがあり、auユーザーだと安くなると聞いた人がいるかもしれませんが、auスマートバリューmineはJcomのWiMAX2+だけでなく、他のWiMAX2+でも適用されます。

このようにJcomのWiMAX2+は月額料金だけを見ても、他のWiMAX2+に劣っているので、全くおすすめできません。

仮にJcom WiMAX2+の方が通信速度が速い、電波が掴みやすいという特徴でもあれば違ってきますが、WiMAX2+は選ぶ端末によって通信速度が変わるだけで、プロバイダでは通信速度は変わりません。

なので、サービス的にJcom WiMAX2+の方が優れているということも一切ないため、このページを見ている人は他のWiMAX2+をおすすめします。

すでにJcomのサービスに加入していてもJcomWiMAXは高い

すでにJcomのサービスに加入している場合、JcomWiMAX2+の月額料金は4,379円→4,113円に割引されます。

先ほど説明した表は割引されていない月額料金で計算をしたので、今度はすでにJcomのサービスを利用している人用のものをご覧ください。

プロバイダ 3年間の負担額
(キャンペーン適用)
キャンペーン 契約年数
GMOとくとくBB 117,460円 最大30,500円キャッシュバック 3年
Broad WiMAX 128,626円 月額料金割引 3年
カシモWiMAX 132,668円 月額料金割引 3年
Jcom WiMAX 143,955円 初月無料 2年
UQ WiMAX 154,680円 特になし 2年

Jcomのサービスを既に契約していて月額料金が4,113円になっていたとしても、GMOとくとくBBやBroad WiMAXの方が圧倒的にお得です。

Jcomをすでに使っている人はお得ですよ、と勧誘されたかもしれませんが、他のWiMAX2+の方が圧倒的にお得なので、騙されないように注意してください。

選べる端末が非常に少ない

他のWiMAX2+と比べて負担額が大きい」でも簡単に説明しましたが、WiMAX2+系サービスを利用するときは選ぶ端末がとても重要です。

ですが、Jcom WiMAX2+では、選べる端末が「WX06」というものしかありません。

Jcom WiMAX2+の公式サイトでは、素晴らしい端末であるように書かれていますが、通信速度を見ると最速の端末ではありません

  Speed Wi-Fi HOME L02
(Jcom WiMAX2+にはない)
Speed Wi-Fi NEXT W06
(Jcom WiMAX2+にはない)
Speed Wi-Fi NEXT WX06
(Jcom WiMAX2+でも選べない)
端末
下り通信速度 1.0Gbps 1.2Gbps 440Mbps
上り通信速度 75Mbps 75Mbps 75Mbps

(参考:WiMAX 2+モバイルルーター

上記の表がWiMAX2+で選べる端末の中で最も速い通信速度を誇る端末と、Jcom WiMAX2+で選べる端末を比較したものです。

下り通信速度が倍以上違うので、実際に使ってみるとJcom WiMAX2+の方が遅く感じるケースがほとんどになります。

「WX06」は2.4GHz/5GHzを同時利用できるという特徴もありますが、この特徴を加味しても他の端末の方が優れているので、Jcom WiMAX2+はおすすめできません。

端末が届いてから自分で開通設定を行う必要がある

Jcom WiMAX2+は申し込みをして、端末が届いた後に、自分でAPN設定を行う必要があります。

他のWiMAX2+は端末が届いたら電源を入れるだけで使えるようになるのに対して、Jcom WiMAX2+はいちいち設定を行わないといけないのです。

簡単に手順を説明すると、端末の画面を付けて「設定」→「ネットワーク」→「APN」→「OK」→「>」→「JC01」をタップしていけば設定は完了します。

古い端末と比べると簡単に設定できるようにはなりましたが、他のWiMAX2+ではAPN設定をする必要がないので、面倒なことに変わりありません。

解約方法が分かりにくい

Jcom WiMAX2+はweb上で解約が不可能で、解約時には電話で問い合わせを行う必要があります

Jcom WiMAX2の解約問い合わせ先:0120-938-362

GMOとくとくBBやBroad WiMAXはweb上で解約も可能ですが、Jcom WiMAX2+は電話でしか解約ができないので、不便だと感じる人も多いでしょう。

営業時間は朝9:00~夜18:00(年中無休)となっているので、休みの日にしか連絡できないこともあります。

月額料金が高いという大きなデメリットが目立つJcom WiMAX2+ですが、細かい使い勝手も悪いので、当サイトではおすすめしていません。

Jcom WiMAXを選ぶ理由・メリット

JcomのWiMAX2+がおすすめできない理由4個」で説明したように、Jcom WiMAX2+はデメリットが多いため当サイトではおすすめしていません。

Jcom WiMAX2+を選ぶ理由やメリットを1つ挙げるとしたら、すでにJcomを契約している人は、問い合わせ先や支払いが1つで済むというものでしょう。

クレジットカードの請求が1つにまとめられたり、口座振替の引き落としがまとめられますし、普段からサポートセンターを利用している場合は相談しやすいかと思います。

ですが、現状は問い合わせ先や支払い方法が1つで済むというメリットしかなく、デメリットのほうが大きいので、基本的にはJcom WiMAX2+以外のものを選びましょう

Jcom WiMAX以外のおすすめネット回線2選

Jcom WiMAX2+は月額料金が高い、選べる端末が少ない、使い勝手が悪いという理由からおすすめできません。

なので、JcomWiMAX2+を検討していた人におすすめのネット回線を2つご紹介していきます。

工事が必要でないネット回線と、工事が必要なネット回線の2つご紹介していくので、自分の使い方や工事不可かどうかで選ぶと良いでしょう。

GMOとくとくBB

GMOとくとくBBは「他のWiMAX2+と比べて負担額が大きい」でご紹介した、最もコストパフォーマンスに優れたWiMAX2+プロバイダです。

GMOとくとくBBの簡単な特徴

  • 3年間の負担額11万7,460円とWiMAX2+の中でも最安
  • 最大3万500円キャッシュバックがある
  • 20日間は違約金0円
  • 20日以降も違約金0円で他のネット回線に乗り換えられる
  • auのスマホユーザーは月額料金が割引される
  • 月額料金:1~2ヶ月目:3,609円
    3ヶ月目以降:4,263円

月額料金は1~2ヶ月目が3,609円、3ヶ月目以降4,263円と、Jcom WiMAX2+とあまり変わらない価格設定ですが、GMOとくとくBBは最大3万円以上の高額キャッシュバックを行っています。

高額キャッシュバックを受け取ることで、実質的な負担額を抑えられるため、他のWiMAX2+と比べて最もお得に利用できます。

GMOとくとくBBはこんな人におすすめ

  • 工事ができない家に住んでいる
  • オンラインゲームなど通信速度が必要なことはしない
  • 動画配信サービス(You Tubeなど)を1日3時間以内しか利用しない

GMOとくとくBBは上記に当てはまる人におすすめのネット回線です。

工事不要で、端末が届いたら電源を入れるだけで使えるので、ネット回線に詳しくない人でも簡単に設定できます

ただし、ネットをたくさん使う人にとっては「3日間で10GBを超えると速度制限にかかる(WiMAX2+系すべてにあります)」というデメリットが目立つため、光回線をおすすめします。

GMOとくとくBBの申し込みはコチラ

GMOとくとくの通信速度や評判は「GMOとくとくBBの評判は良い?メリットとデメリットも解説」で詳しく解説しているので、GMOとくとくBBを検討したい人はこちらもご覧ください。

auひかり

auひかりは光回線の1社で、通信速度が速く、速度制限などが一切ないネット回線です。

auひかりの簡単な特徴

  • 最大12万円の高額キャッシュバックがある
  • 工事費用3万7,500円が実質無料
  • auのスマホユーザーは月額料金が割引される
  • 他社からの乗り換え時に解約違約金相当最大5万5,000円還元
  • 月額料金:5,100円~6,300円(戸建て)
    3,800円~5,000円(マンション)

マンションやアパートであれば月額料金3,800~5,000円で利用できるので、WiMAX2+とほとんど変わりませんし、工事費も2年間使うことで無料になるため、非常にお得に利用できます。

また、当サイトからお申し込みいただくと、最大12万円の超高額キャッシュバックが受け取れるので、マンションやアパートに住んでいる人であれば、2年間の料金を支払っても2万5,800円手元に残るほどのキャッシュバック金額です。

auひかりはこんな人におすすめ

  • 工事ができる家に住んでいる
  • オンラインゲームなど通信速度が必要なことが趣味
  • 動画配信サービス(You Tubeなど)を1日にたくさん利用したい

auひかりは上記に当てはまる人におすすめの光回線です。

光回線なので工事が必要になりますが、工事ができる物件に住んでいて、動画やオンラインゲームが趣味の人であれば、WiMAX2+よりも光回線の方が満足できます。

光回線は他にも数多くありますが、コストパフォーマンスが非常に優れていて、通信速度が安定しているauひかりは非常におすすめです。

auひかりの公式サイトはコチラ

auひかりについては「auひかりの評判は?メリット・デメリットも徹底解説!」で詳しく解説しているので、こちらも併せてご覧ください。

おわりに

今回はJcom WiMAX2+がおすすめできない理由や、Jcom WiMAX2+以外のおすすめネット回線をご紹介してきました。

Jcom WiMAX2+がおすすめできない理由は以下の4個です。

JcomのWiMAX2+がおすすめできない理由

  • 他のWiMAX2+と比べて負担額が大きい
  • 選べる端末が非常に少ない
  • 端末が届いてから自分で開通設定を行う必要がある
  • 解約方法が分かりにくい

他のWiMAX2+と比べて、優れている点は1つもないので、できるだけJcom WiMAX2+は選ばないようにしましょう。

すでに、Jcomのサービスを契約していて、問い合わせ先や支払い先を1つにまとめたいという人だけJcom WiMAX2+を選んでください。

また、Jcom WiMAX2+を検討していたので、どのネット回線を選んで良いか分からないという人は「Jcom WiMAX以外のおすすめネット回線2選」を参考にしてください。

工事ができる人はauひかり、工事ができない人はGMOとくとくBBを選ぶとコストパフォーマンスが良いのでおすすめです。

The following two tabs change content below.
1まお

1まお

オンラインゲームにハマり様々な光回線を使い、急な寮生活でモバイルWiFiが必須になり複数のモバイルWiFiを渡り歩きました。様々な光回線とモバイルWiFiを利用したので、人に合ったネット回線をご紹介していきたいと思います。

-WiMAX
-, ,

Copyright© Mobile Pocket(モバイルぽけっと) , 2020 All Rights Reserved.