スマホ

【2020年最新】格安SIMのおすすめを一挙解説!

2020年になって格安SIMのCMを見かける機会も増えてきて、格安SIMへ乗り換えを検討する人も増えてきました。

ですが、格安SIMの種類が多すぎることもあり、どこの格安SIMへ乗り換えるのか決められない人も増えてきています。

そこで今回は、2020年のおすすめ格安SIMをご紹介していきます。

なぜこの格安SIMがおすすめなのか、他の格安SIMとは何が違うのかなど詳しく説明していくので、他のサイトを見ても乗り換える格安SIMが決められなかったという人はぜひご覧ください。

【2020年最新】格安SIMの選び方

今回の記事では、おすすめの格安SIMを複数紹介していきますが、そもそも本当におすすめであれば一つだけ紹介してくれれば良くない?と思う人もいるでしょう。

なぜ複数の格安SIMをおすすめするのかと言うと、ライフスタイルによっておすすめできる格安SIMは変わってくるからです。

分かりやすい分け方をすると「サラリーマン」「専業主婦」「学生」によっておすすめの格安SIMは変わってきます。また、この中でも「月額料金を優先」「通信速度を優先」などでも変わりますし、「自宅にWiFi環境がある」「動画視聴の有無」などでもおすすめ先は変わってくるのです。

優先するもの おすすめ格安SIM
通信速度 UQモバイル
Y!mobile
月額料金 LINEモバイル
OCNモバイルONE
IIJmio
動画を外出中も視聴する UQモバイル
Y!mobile
動画は自宅でのみ視聴する
(自宅にWiFi環境あり)
LINEモバイル
OCNモバイルONE
IIJmio

当サイトの基本的な考え方は上記の表になります。

通信速度を必要とする使い方をする人にはUQモバイル・Y!mobileがおすすめで、通信速度が必要なものの自宅でのみに限定されて自宅にはWiFi環境がある人はLINEモバイル・OCNモバイルONE・IIJmioがおすすめです。

反対に、月額料金を優先する人にはLINEモバイル・OCNモバイルONE・IIJmioがおすすめというものが基本的な考え方です。ただし、月額料金を優先する人でも、動画を外出中にも視聴したい場合はUQモバイル・Y!mobileなどの通信速度が速い格安SIMをおすすめします。

 

通信速度が速くて安定している格安SIMについて

格安SIMが誕生して数年が経過しますが、通信速度が速くて安定しているのはたったの2社です。

  • UQモバイル
  • Y!mobile

上記のUQモバイル・Y!mobileは、それぞれauのサブブランド、Softbankのサブブランドという立ち位置の格安SIMのため、他の格安SIMより優先的に回線が割り当てられているので通信速度が安定して速くなっています。

キャリアの月額料金は8,000円程度が平均ですが、UQモバイル・Y!mobileは月額料金2,980円で利用できるため、およそ5,000円程度は節約できます

通信速度や通信品質に関してはそれぞれのキャリアと同等のため、2020年10月現在キャリアを使っている意味がほとんどありません。

一方でキャリアと比べると5,000円程度節約できるUQモバイル・Y!mobileですが、他の格安SIMと比べると月額料金が1,000円程度高くなってしまいます

他の格安SIMは月額料金が安い分、通信速度がUQモバイル・Y!mobileより遅くなりがちだというデメリットはあるものの、どちらを優先するかは人によって異なると覚えておきましょう。

ココがポイント

キャリアとサブブランドは通信速度や通信品質はほとんど変わらないと説明しました。

一体この2つの何が大きく違うのかと言うと、取り扱っているスマホが分かりやすいです。

キャリアでは最新のiPhoneが購入できますが、サブブランドでは古いiPhoneしか購入できません。

新しいiPhoneを使いたい場合はApple Storeで購入してSIMカードを自分で挿入したり設定する必要があるということです。

ある程度スマホに詳しい人であれば全く問題ありませんが、スマホのことが良く分からない人で最新のスマホを使いたいという人のためにキャリアはあると考えておきましょう。

 

月額料金の安さが魅力の格安SIMについて

月額料金の安さが魅力の格安SIMは、UQモバイル・Y!mobileを除いた格安SIMすべてが該当しますが、この中でも通信速度が比較的安定して速い会社が以下になります。

  • LINEモバイル
  • OCNモバイルONE
  • IIJmio

LINEモバイルはSoftbank回線、OCNモバイルONEはdocomo回線、IIJmioはau回線が比較的通信速度が安定しています。

通信速度に関しては後述しますが、LINEモバイル・OCNモバイルONE・IIJmioは乗り換え時のキャンペーンもお得なので、UQモバイル・Y!mobile以外で格安SIMを選ぶ場合には上記がおすすめです。

 

【2020年最新】おすすめの格安SIMを状況別に説明!

記事の冒頭でも説明しましたが、ライフスタイルや今の状況によっておすすめの格安SIMは変わってきます。

なので今回は、おすすめの格安SIMを状況別に説明していくので見ていきましょう。

 

通信速度を優先するauユーザー・UQモバイル

UQモバイルは以下に当てはまる人におすすめの格安SIMです。

  • 通信速度を優先したい
  • 今のスマホがauで購入したもの
  • 外出中に動画を視聴する
  • 自宅にWiFi環境がない
  • 他の格安SIMは通信速度が遅くてイライラした

上記の項目に2つ以上当てはまった場合はUQモバイルを選ぶと後悔しない可能性が上がります。

UQモバイルは格安SIMの中でも通信速度が速く安定しているため、キャリアのときと同じようにスマホを利用できます。

通勤時間に動画視聴やオーディオブックなどを利用していた人は、ある程度の通信速度が必要なのでUQモバイルを選びましょう。

UQモバイルの月額料金

料金プラン名 データ通信容量 月額料金
スマホプランS 3GB 1,980円
家族割適用時1,480円
スマホプランR 10GB 2,980円
家族割適用時2,480円

UQモバイルの月額料金は上記になります。スマホプランSは他の格安SIMと同じ値段で使えますが、基本的にはスマホプランRがおすすめです。

スマホプランRは10GBを使い切った後でも最大1Mbpsで通信できるため、データ容量を使い切って困ることが減ります。

UQモバイルの時間帯別通信速度

時間帯 下り通信速度 上り通信速度
朝(5:00~8:59) 44.67Mbps 9.75Mbps
昼(12:00~12:59) 35.42Mbps 8.78Mbps
夕方(16:00~18:59) 41.65Mbps 9.28Mbps
夜(20:00~22:59) 36.44Mbps 7.79Mbps
深夜(0:00~4:59) 54.83Mbps 9.65Mbps

UQモバイルの時間帯別通信速度は上記の表になります。

高画質動画の視聴に必要な通信速度は20Mbps程度なので、UQモバイルの通信速度があれば外出中も高画質で動画が視聴できます。

UQモバイルの公式サイトはコチラ

 

通信速度を優先するSoftbankユーザー・Y!mobile

Y!mobileは以下に当てはまる人におすすめの格安SIMです。

  • 通信速度を優先したい
  • 今のスマホがSoftbankで購入したもの
  • 外出中に動画を視聴する
  • 自宅にWiFi環境がない
  • 他の格安SIMは通信速度が遅くてイライラした

上記の項目に2つ以上当てはまった場合はY!mobileを選ぶと後悔しない可能性が上がります。

UQモバイルとほとんど同じタイプの格安SIMですが、Softbankスマホがそのまま使えるためSoftbankユーザーにおすすめです。

Y!mobileの月額料金

料金プラン名 データ通信容量 月額料金
スマホプランS 3GB 1,980円(6ヶ月)
2,680円
スマホプランM 10GB 2,980円(6ヶ月)
3,680円
スマホプランR 14GB 3,980円(6ヶ月
4,680円

Y!mobileの料金プランは上記になります。スマホプランM・スマホプランRは速度制限時でも1Mbpsの通信速度が出るため、Y!mobileを選ぶ場合はこの2つから選びましょう。

Y!mobileの時間帯別通信速度

時間帯 下り通信速度 上り通信速度
朝(5:00~8:59) 44.8Mbps 12.4Mbps
昼(12:00~12:59) 40.17Mbps 13.49Mbps
夕方(16:00~18:59) 33.54Mbps 11.53Mbps
夜(20:00~22:59) 31.93Mbps 10.12Mbps
深夜(0:00~4:59) 42.29Mbps 13.42Mbps

Y!mobileの時間帯別通信速度は上記になります。

Y!mobileも、UQモバイルと同じく非常に速い通信速度が出ているため、キャリアを使っていた人でも違和感なく乗り換えられます。

Y!mobileの公式サイトはコチラ

 

通信速度を優先するdocomoユーザーは?

2020年10月現在、docomoのサブブランドはないため、docomoユーザーの場合はSIMロック解除を行ってUQモバイル・Y!mobileのどちらかに乗り換えることをおすすめします。

また、比較的docomo回線の通信速度が速いOCNモバイルONEへ乗り換えることもおすすめです。

 

月額料金の安さを優先するSoftbankユーザー・LINEモバイル

LINEモバイルは以下に当てはまる人におすすめの格安SIMです。

  • 月額料金を優先したい
  • 今のスマホがSoftbankで購入したもの
  • 外出中に動画を視聴しない
  • 自宅でも動画を視聴しない
  • 自宅にWiFi環境がある

LINEモバイルは上記の項目に複数当てはまる人におすすめできます。

UQモバイル・Y!mobileと比べると通信速度は遅くなりますが、その分月額料金が安くなっていますし、TwitterやLINEなどのSNSを利用するときはデータ容量が消費されないという特徴も持っています。

LINEモバイルの月額料金

データ容量 データSIM 音声通話SIM
500MB 月額600円 月額1,100円
3GB 月額980円 月額1,480円
6GB 月額1,700円 月額2,200円
12GB 月額2,700円 月額3,200円
SNSデータフリーオプション 月額280円
SNS音楽データフリーオプション 月額480円

LINEモバイルの月額料金は上記になります。

SNSデータフリーオプションを付けても月額料金2,000円以下で3GBなら利用可能です。

人によって必要なデータ容量は変わりますが、そこまでたくさんのデータ容量を必要としていない人にはLINEはおすすめできます。

LINEモバイルの時間帯別通信速度

時間帯 下り通信速度 上り通信速度
朝(5:00~8:59) 26.91Mbps 10.15Mbps
昼(12:00~12:59) 2.07Mbps 9.32Mbps
夕方(16:00~18:59) 5.48Mbps 11.53Mbps
夜(20:00~22:59) 20.08Mbps 11.44Mbps
深夜(0:00~4:59) 46.19Mbps 10.51Mbps

LINEモバイルの時間帯別通信速度は上記になります。

UQモバイル・Y!mobileと比べるとお昼と夕方の通信速度が非常に遅くなっていることが分かります。

ただし、LINEモバイルは他の時間帯は問題なく利用できるため、自分のライフスタイルに合わせて選ぶことで問題なく利用可能です。

LINEモバイルの公式サイトはコチラ

 

月額料金の安さを優先するdocomoユーザー・OCNモバイルONE

OCNモバイルONEは以下に当てはまる人におすすめの格安SIMです。

  • 月額料金を優先したい
  • 今のスマホがdocomoで購入したもの
  • 外出中に動画を視聴しない
  • 自宅でも動画を視聴しない
  • 自宅にWiFi環境がある
  • 新しいスマホを合わせて購入したい

OCNモバイルONEは上記の項目に複数当てはまる人だと安心して利用できる格安SIMです。

OCNモバイルONEは、格安SIMとスマホをセットで購入すると、スマホ代が安価で手に入る格安SIMなので、docomoユーザー以外でもスマホを新しくしたい人に適しています。

OCNモバイルONEの月額料金

データ容量 音声対応SIM OCN光とセット契約
1GB 1,180円 980円
3GB 1,480円 1,280円
6GB 1,980円 1,780円
10GB 2,880円 2,680円
20GB 4,400円 4,200円
30GB 5,980円 5,780円

OCNモバイルONEの月額料金は上記になります。

10GBまで行ってしまうとコストパフォーマンス的にUQモバイル・Y!mobileに劣ってしまうため、10GB以下のプランがおすすめです。

OCNモバイルONEの時間帯別通信速度

時間帯 下り通信速度 上り通信速度
朝(5:00~8:59) 60.91Mbps 13.56Mbps
昼(12:00~12:59) 17.79Mbps 8.7Mbps
夕方(16:00~18:59) 22.85Mbps 10.02Mbps
夜(20:00~22:59) 42.94Mbps 15.44Mbps
深夜(0:00~4:59) 64.07Mbps 15.65Mbps

OCNモバイルONEの時間帯別通信速度は上記になります。

お昼、夕方は若干通信速度が遅くなっていますが、平均的に優れた通信速度が出ているため、docomoユーザーであれば安心して乗り換えられます。

OCNモバイルONEの公式サイトはコチラ

 

月額料金の安さを優先するauユーザー・IIJmio

IIJmioは以下に当てはまる人におすすめの格安SIMです。

  • 月額料金を優先したい
  • 今のスマホがauで購入したもの
  • 外出中に動画を視聴しない
  • 自宅でも動画を視聴しない
  • 自宅にWiFi環境がある

上記の項目に複数当てはまる人であれば、IIJmioは満足度が非常に高くなるでしょう。

格安SIMの中ではかなりの老舗で、昔から使っているユーザーも多いため、安心して格安SIMを使いたいと考えている人にもおすすめです。

IIJmioの月額料金

データ容量 音声通話SIM
1GB(従量プラン) 1,080円
3GB 1,000円
6GB 2,120円
12GB 3,160円
10分定額オプション 600円

IIJmioの月額料金は上記になります。

少し複雑な月額料金となっていて、上記の表の月額料金は、10分定額オプションに加入して割引された分と、10分定額オプションに加入する月額料金を組み合わせた表になっています。

10分定額オプションに加入すると600円が発生しますが、加入すると月額料金が700円割引されるため、加入したほうがお得なのです。

上記の表はこれらを計算した上で出した月額料金なので、この記事を見てIIJmioを申し込む人は、10分定額オプションに加入することを忘れないようにしましょう。

IIJmioの時間帯別通信速度

時間帯 下り通信速度 上り通信速度
朝(5:00~8:59) 46.52Mbps 9.9Mbps
昼(12:00~12:59) 9.46Mbps 7.6Mbps
夕方(16:00~18:59) 30.36Mbps 9.71Mbps
夜(20:00~22:59) 39.19Mbps 8.99Mbps
深夜(0:00~4:59) 39.1Mbps 11.1Mbps

IIJmioの時間帯別通信速度は上記になります。

昼間の時間帯だけ通信速度が非常に遅くなっているため、お昼休憩時に動画を視聴したいという人は注意しましょう。

OCNモバイルONEの公式サイトはコチラ

 

おわりに

今回は2020年におすすめの格安SIMを紹介してきました。

本当に乗り換えて良かったと思うためには、自分が何を望んでいて、どんな使い方をしたいのか把握しておくことが大切です。

いつの間にか通信速度が必要なことをしていることも多いため、不安な人はUQモバイル・Y!mobileを選んでおいた方が確実です。

ですが、そこまで通信速度が必要ではないと分かっている人はLINEモバイル・OCNモバイルONE・IIJmioを選びましょう。

The following two tabs change content below.
1まお

1まお

オンラインゲームにハマり様々な光回線を使い、急な寮生活でモバイルWiFiが必須になり複数のモバイルWiFiを渡り歩きました。様々な光回線とモバイルWiFiを利用したので、人に合ったネット回線をご紹介していきたいと思います。

-スマホ
-

Copyright© Mobile Pocket(モバイルぽけっと) , 2020 All Rights Reserved.