光回線

月額料金が安いインターネットはココ!おすすめの光回線や選び方も徹底解説

光回線などのインターネットは必要だけれど、高い月額料金を払うことなく満足して使える安いインターネットが良いという人は多いのではないでしょうか。

インターネットの料金は毎月支払わなければいけないものなので、できるだけ安く抑えたいものですよね。

実は、インターネットを安い月額料金で抑えるためには使っているスマホによって契約するインターネットを変える必要があるのです。

今回はキャリアスマホを使っている人におすすめの安い光回線、格安SIMを使っている人におすすめの安い光回線をご紹介していきます。

少しでも安い月額料金で、インターネットを契約したいと考えている人はぜひ参考にしてください。

目次

ユーザー別安いインターネット回線一覧表!

現在契約中のスマホ 住んでいる地域 安いインターネット
ドコモ ▶▶▶ ドコモ光
au ▶▶▶
愛知、岐阜、三重、静岡、長野在住
コミュファ光
▶▶▶
関西在住
eo光
▶▶▶
東海、関西、沖縄以外
auひかり
解説ページ
Softbank ▶▶▶
関東・東海・関西・九州・北海道在住
NURO光
解説ページ
▶▶▶
関東・東海・関西・九州・北海道以外
ソフトバンク光
楽天モバイル ▶▶▶ 楽天ひかり
格安SIM ▶▶▶
関東・東海・関西・九州・北海道在住
NURO光
解説ページ
▶▶▶
NURO光エリア外
auひかり
解説ページ
▶▶▶
auひかりエリア外
ビッグローブ光

ユーザーごとに安いインターネットをまとめた表は上記になります。

またインターネットは申し込むサイトによってキャッシュバック額が異なってくるので、より安く契約したい場合は下記のサイトから申し込みましょう。

キャッシュバックが多いサイト

▶ドコモのスマホを使っている人
ドコモ光:最大2万円キャッシュバック

▶auのスマホを使っている人
auひかり:最大12万1,000円キャッシュバック
eo光:商品券1万円プレゼント
コミュファ光:最大8万6千円キャッシュバック

▶ソフトバンクのスマホを使っている人
NURO光:最大4万円キャッシュバック
ソフトバンク光:最大3万3,000円キャッシュバック

▶楽天モバイルのスマホを使っている人
楽天ひかり:月額料金1年間無料

▶格安SIMのスマホを使っている人
ビッグローブ光:最大3万5,000円キャッシュバック
auひかり:最大12万1,000円キャッシュバック
eo光:商品券1万円プレゼント

安いインターネット回線を選ぶときは、現在使っているスマホとセット割引があるか確認していきましょう。

特にキャリアのスマホは月額料金が高いのでセット割引を使うだけで月々の支払いが安く抑えられます。

反対に格安SIMのスマホを使っていて通信費を抑えている場合は、月額料金が安くキャッシュバックがある光回線を選びましょう。

安いインターネット回線を選ぶときのポイント

安いインターネット回線を選ぶときに確認しておきたいポイントは下記の3点です。

  • 月額料金だけでなく負担額で考える
  • できるだけスマホとのセット割引があるインターネット回線を選ぶ
  • 乗り換えるときは違約金のことも計算する

月額料金だけでなく負担額で考える

インターネット回線を契約するときには月額料金だけでなく、工事費や事務手数料なども発生します。

また、キャッシュバックや月額料金の割引があるインターネット回線もあるので、これらすべてを合わせた負担額で考えてください。

インターネット回線のほとんどは2年契約なので、2年の総合負担額を出して1ヶ月辺りいくらなのか実質月額料金を出していくと分かりやすいです。

ですが、1つ1つ実質月額料金を出していくのは面倒くさいと思うので、この記事で実質月額料金を出していくのでそちらを参考にしてください。

できるだけスマホとのセット割引があるインターネット回線を選ぶ

ドコモやau、ソフトバンクなどのキャリアでは、特定のインターネット回線を選ぶと月額料金が割引される「セット割引」というサービスを提供しています。

契約中のスマホ セット割引があるインターネット回線 割引額
ドコモ ドコモ光 1台あたり最大1,000円/月
au auひかり
ビッグローブ光
eo光
コミュファ光
1台あたり最大1,000円/月
ソフトバンク NURO光
ソフトバンク光
1台あたり最大1,000円/月

セット割引は同じ住所に住んでいない家族でも適用されるため、実家に住んでいる両親や兄弟も同じキャリアを使っている場合、より割引されます。

セット割引を適用することで月々の通信費全体が抑えられるため、お得にインターネットを使いたい場合はセット割引を使っていきましょう。

乗り換えるときは違約金のことも計算する

すでにインターネット回線を契約していて、乗り換えを検討しているときには「違約金」のことも考えておきましょう。

ほとんどのインターネット回線は契約期間が2年なので、2年以内の解約だと解約金が発生してしまいます。

解約金が発生してしまう場合、キャッシュバックなどを考慮しても「違約金負担」があるインターネット回線を選んだほうが安くなることも多いです。

またインターネット回線の更新月が近づいている場合は、更新月に乗り換えることをおすすめします。

キャリア別おすすめのインターネット回線

ここからはキャリア別におすすめのインターネット回線をご紹介していきます。

ドコモユーザー:ドコモ光

ドコモのスマホを使っている人はドコモ光が安い月額料金で使えます。

ドコモ光はフレッツ光の回線を使った「光コラボレーション」の一種で、フレッツ光と同じ提供エリアのため、幅広い地域で利用できる光回線です。

ドコモのスマホを使っている場合、1回線ごとに最大1,000円の割引が受けられます。

また、セット割引は同じ住所に住んでいる家族以外も対象になるので、家族全員でドコモを使っている場合、さらにお得に契約できます。

ドコモ光の公式サイトはコチラ

ソフトバンクユーザー:NURO光

ソフトバンクユーザーの場合は「NURO光」「ソフトバンク光」のどちらもセット割引がありますが、まずはNURO光から検討するべきです。

NURO光でソフトバンクとのセット割引を受けるためには月額500円のオプションに加入する必要があるため、割引額は500円となってしまいます。

ですが、ソフトバンク光もセット割引を受けるためには月額500円のオプションに加入する必要があることと、キャッシュバック金額がNURO光の方が高いためNURO光の方がおすすめです。

ただし、NURO光は提供エリアが狭く限られた地域の人しか利用できません。

(引用:NURO光公式サイト

NURO光の提供エリアは上記になります。

また上記のエリア内でも地域や物件によっては開通できない可能性もあるので、事前にエリア内か調べておきましょう。

キャッシュバック金額が高いこと、工事費が実質無料になることからNURO光は月額料金を安く抑えるのにピッタリの光回線なので、ソフトバンク光を検討する前にNURO光のエリア内か調べてください。

NURO光の公式サイトはコチラ

NURO光がエリア外だった場合はソフトバンク光がおすすめ

NURO光がエリア外だったソフトバンクユーザーは、ソフトバンク光をおすすめします。

当サイトでご紹介している代理店を経由して申し込んだ場合、最大3万3,000円のキャッシュバックもありますし、月額料金500円割引のセット割引も受けられます。

ソフトバンク光の公式サイトはコチラ

auユーザーは住んでいる地域によって安いインターネットは変わる

auユーザーの場合は住んでいる地域によって安いインターネットは変わってきます。

自分の地域に合わせて選ぶインターネット回線を変えることで、月額料金を抑えられるので適当に選ばないように注意しましょう。

関西在住の人はeo光が安い!

auユーザーの方で関西に在住している人はeo光がおすすめです。

eo光はauのスマホを使っていると1台につき1,000円の割引が受けられる「auスマートバリュー」に対応しています。

auスマートバリューは最大10回線まで適用されるため家族全員でauを使っているとさらにお得になりますがauスマートバリューを適用するためには月額500円のオプションに加入する必要があるので注意しましょう。

またeo電気の電気使用料金を4カ月間最大500円割引するキャンペーンや、商品券1万円プレゼントキャンペーン、月額料金12ヶ月2,980円キャンペーンなどお得なキャンペーンを多数行っているため、関西在住のauユーザーはeo光がおすすめです。

eo光の公式サイトはコチラ

愛知、岐阜、三重、静岡、長野在住の人はコミュファ光がおすすめ

愛知、岐阜、三重、静岡、長野在住の人はコミュファ光がおすすめです。

コミュファ光はauスマートバリューにも対応していますし、コミュファ光の月額料金を大幅に割引する「ギガデビュー割2020」というキャンペーンも行っています。

どちらか一方しか選べませんが、高額なキャッシュバックもあるため、愛知、岐阜、三重、静岡、長野在住に住んでいる人はインターネットを安く抑えられます。

コミュファ光の公式サイトはコチラ

関西以外の人はauひかりがおすすめ

関西以外に住んでいる人はauひかりがおすすめです。

auひかりもauスマートバリューに対応しているので、最大1,000円のセット割引が使えます。

またauひかりの場合もセット割引を適用するためには月額500円のオプションに加入が必要なので忘れないでください。

auひかりの公式サイトはコチラ

楽天モバイルユーザー:楽天ひかり

楽天モバイルユーザーは1年間は楽天ひかりが最もおすすめです。

ただし、楽天ひかりは契約期間が3年なので、1年間無料の間だけ使って、1年後に契約解除料9,500円を負担してくれる月額料金が安い光回線(例:eo光、コミュファ光、ソフトバンク光)に乗り換えると良いでしょう。

楽天ひかりの公式サイトはコチラ

格安SIMユーザー:NURO光から検討していこう

現在使っているスマホがLINEモバイルやmineoなどの格安SIMだという人は下記の順番で検討していきましょう。

  • NURO光(関東・東海・関西・九州・北海道在住のユーザー)
  • auひかり(NURO光がエリア外のユーザー)
  • ビッグローブ光(auひかりがエリア外のユーザー)

NURO光とauひかりについてはキャリア時に簡単な説明をしているのでそちらをご覧ください。

ビッグローブ光

ビッグローブ光は光コラボレーションなので提供エリアが広く、NURO光やauひかりがエリア外だったときでも利用できる可能性が高いインターネット回線です。

また、最大2万5,000円キャッシュバックも行っていますし、auスマートバリューの対象にもなるので負担額も抑えられます。

ビッグローブ光の公式サイトはコチラ

安いインターネット回線TOP5

ここからは、インターネットを契約して2年間使ったときの実質月額料金を基に、インターネット料金の安い3社をご紹介していきます。

実質月額料金は下記の式を使って計算しています。

24ヶ月の月額料金+契約手数料+工事費-キャッシュバック÷24ヶ月=実質月額料金

安いインターネット回線 実質月額料金
戸建てプラン マンションプラン
auひかり
解説ページ
175円 -25,800円
コミュファ光 2,216円(5年契約)
2,425円(3年契約)
2,216円(5年契約)
2,425円(3年契約)
NURO光
解説ページ
3,201円 3,201円
eo光 3,661円 2,732円
ビッグローブ光 4,063円 3,060円
ドコモ光 4,283円 3,083円
ソフトバンク光 4,950円 3,550円
楽天ひかり 5,520円 4,520円

今回の記事でご紹介したインターネット回線を安い順番に並べた表が上記になります。

スマホとのセット割引は家族の人数で変わるため計算していませんが、基本的には家族の人数が多いほどさらにお得になっていきます。

安いインターネット回線1位:auひかり

auひかりの料金の詳細は以下になります。

    戸建てプラン マンションプラン
月額料金 1~12ヶ月目 5,100円 3,800円
13~24ヶ月目 5,000円
工事費 実質無料
(3万7,500円)
実質無料
(3万円)
契約手数料 3,000円
キャッシュバック 最大12万円
2年間の実質月額料金 175円 -25,800円

auひかりは月額料金や事務手数料などは他のインターネット回線と変わりませんが、高額なキャッシュバックがあるため実質月額料金が抑えられます。

最大12万円のキャッシュバックを受け取るためには、指定されたプロバイダへの加入や指定されたオプションへの加入が条件です。

So-netオプションへの加入が条件になっていますが、すべてのオプションが利用から12ヶ月無料で使えるため、12ヶ月後にオプションを外してしまえばキャッシュバックは受け取れます。

キャッシュバックを受け取る手続きが契約して6ヶ月後なので、忘れないようにアプリでメモなどを取っておくことで、安い料金でauひかりが使えます。

auひかりの公式サイトはコチラ

安いインターネット回線2位:コミュファ光(※東海エリア限定)

コミュファ光は東海エリア限定で契約できるインターネット回線です。

  3年契約 5年契約
月額料金 5,550円
契約手数料 3,000円
工事費 3,000円 8,000円
キャッシュバック 86,000円
2年間の実質月額料金 2,216円 2,425円

コミュファ光もauひかりと同じくキャッシュバック額が大きいため実質月額料金が安くなっています。

また3年契約と5年契約でも若干実質月額料金は変わってくるため、東海エリアに長く住むかどうかで選ぶプランは変えていきましょう。

コミュファ光の公式サイトはコチラ

安いインターネット回線3位:NURO光(※関東・東海・関西・九州・北海道限定)

NURO光の料金プランは下記になります。

  NURO光 G2Vタイプ
月額料金 4,743円
工事費 実質無料
(4万円)
契約手数料 3,000円
キャッシュバック 最大4万円
2年間の実質月額料金 3,201円

NURO光はマンションプランは別でありますが、設備が導入されたマンションが少ないため、ほとんどの人が上記のプランになります。

キャッシュバックが4万円と高額なため実質月額料金も抑えられているインターネット回線です。

またNURO光は通信速度の速さにも定評があるので、コストを抑えつつ速い光回線が良いという人にピッタリです。

NURO光の公式サイトはコチラ

通信速度が速い光回線を詳しく知りたい人は「【2020年最新】光回線を徹底比較!本当に速い光回線を探す人必見!」こちらでまとめてあるので参考にしてください。

【2020年最新】光回線を徹底比較!本当に速い光回線を探す人必見!

光回線は契約する会社によって月額料金や通信速度が変わってきます。 せっかく工事をして光回線を引くのですから、通信速度が速いところを選びたいですよね。 今回は光回線を比較して、通信速度が速いところ、月額 ...

続きを見る

安いインターネット回線4位:eo光(※関西限定)

eo光の料金は以下になります。

  戸建てプラン マンションプラン
月額料金 1~12ヶ月目 2,953円 3,024円
13~24ヶ月目 4,953円
工事費 実質無料
(2万7,000円)
契約手数料 3,000円
キャッシュバック 商品券1万円
2年間の実質月額料金 3,661円 2,732円

eo光は戸建てプランの場合1年目の月額料金がかなり安くなっています。

また他社からの乗り換えの場合は違約金を還元してくれるため、乗り換え時にもおすすめできるインターネット回線です。

eo光の公式サイトはコチラ

安いインターネット回線5位:ビッグローブ光

ビッグローブ光の料金は以下になります。

  戸建てプラン マンションプラン
月額料金 4,980円 3,980円
工事費 実質無料
(3万円)
実質無料
(2万7,000円)
契約手数料 3,000円
キャッシュバック 2万5千円
2年間の実質月額料金 4,063円 3,060円

ビッグローブ光はキャッシュバックキャンペーンを適用した場合と、月額料金割引キャンペーンを適用した場合で実質月額料金は変わってきます。

キャッシュバックを適用した方が実質月額料金は抑えられるので、キャッシュバックキャンペーンをおすすめします。

ただしキャッシュバックキャンペーンの場合は契約して12ヶ月目に届くメールから手続きを行う必要があるため、忘れないようにカレンダーアプリなどに入力しておきましょう。

ビッグローブ光の公式サイトはコチラ

安いインターネット回線と高いインターネット回線でコストを比較!

ここからは安いインターネット回線1位となったauひかりと、知名度が抜群に高いフレッツ光のコストを比較していきます。

安いインターネット回線と高いインターネット回線の戸建てプランを比較!

戸建てプラン auひかり フレッツ光
月額料金 1~12ヶ月目 5,100円 4,700円
13~24ヶ月目 5,000円
プロバイダ料金 0円 1,000円程度
工事費 実質無料
(3万7,500円)
18,000円
契約手数料 3,000円 800円
キャッシュバック 最大12万円 なし
2年間の実質月額料金 175円 6,483円

auひかりを選んだ場合、実質月額料金は175円になりますが、フレッツ光を選ぶと6,483円かかります。

フレッツ光を選んだ場合と比べると60分の1程度毎月の支払いがお得になっているため、安いインターネット回線を選ぶ重要性が分かります。

安いインターネット回線と高いインターネット回線のマンションプランを比較!

マンションプラン auひかり フレッツ光
月額料金 3,800円 3,050円
プロバイダ料金 0円 1,000円程度
工事費 実質無料
(3万7,500円)
15,000円
契約手数料 3,000円 800円
キャッシュバック 最大12万円 なし
2年間の実質月額料金 -25,800円 4,608円

マンションプランは戸建てプランよりも差が大きくなっていることが分かります。

auひかりのキャッシュバック金額が大きいため、月額料金が抑えられるプランの場合はより大きな違いとなります。

通信費を抑えたい場合はスマホを格安SIMに変更しよう

せっかく安いインターネットを契約するのであれば、スマホもキャリアから格安SIMに乗り換えたほうがお得になります。

格安SIMに乗り換えた場合はセット割引が受けられなくなることが多いですが、3人家族以上で同じキャリアを使っている人以外は格安SIMに乗り換えてしまったほうが月々の通信費は抑えられます。

格安SIMに乗り換えるときに気になることが通信速度や手続きの面倒さだと思いますが、外出中にスマホで動画をたくさん見る人でなければ通信速度はほとんど必要ありません

LINEやニュースアプリなどはほとんど問題なく利用できますし、通信速度が遅くなりがちな夕方あたりからは自宅でWiFi接続すれば影響は出ません。

おすすめの格安SIM

当サイトでおすすめしている格安SIMは上記2つです。

簡単に特徴や注意点を説明していきます。

楽天モバイル

楽天モバイルは一応キャリアになりましたが、2020年6月現在は1年間無料キャンペーンを行っていることもあり、おすすめできる乗り換え先です。

プラン名・Rakuten UN-LIMIT
月額 月額2,980円
(1年無料※先着300万人)
エリア 国内 海外
楽天回線エリア パートナーエリア
(au回線)
データ容量 使い放題 5GBまで 2GBまで
通話(Rakuten Link) 通話かけ放題
SMS使い放題
海外から国内かけ放題
国内、海外から海外 月額980円
通話 20円/30秒
備考 最低利用期間なし
解約手数料なし
事務手数料3,300円(楽天ポイントで還元され実質無料)
新規申し込みで3,000楽天ポイントプレゼント

楽天モバイルの料金プランは上記になります。

楽天回線エリアであればデータ通信が使い放題で1年間無料で使えますが、まだエリアが広がっていないので東京・大阪・名古屋以外の人はau回線になることが多いです。

楽天モバイルの特徴などは「楽天モバイルがおすすめされる理由とは?UN-LIMITの詳細や注意点もご紹介!」こちらでまとめてあるので参考にしてください。

楽天モバイルがおすすめされる理由とは?UN-LIMITの詳細や注意点もご紹介!

楽天モバイルは以前はMVNO(格安SIM)として、大手キャリアに回線を借りてサービスを提供していました。 ですが2020年4月からはキャリアとして自社の回線を使いサービスを提供開始し始め、非常に話題に ...

続きを見る

楽天モバイルの注意点

2020年6月現在、楽天モバイルは申し込みが殺到しているのか手続きを行っても一向に端末やSIMが送られてきません。

筆者も6月10日程度に申し込みをしましたが、6月21日現在も全く手続きが進まない状況です。

チャットサポートなどに問い合わせをしても2~3日以上返事が返ってこないことも多いので、急いで乗り換えたい場合は避けましょう。

楽天モバイルの公式サイトはコチラ

LINEモバイル

LINEモバイルはSNSを使ってもデータ通信容量が消費されないため、スマホではSNSばかり使っているという人におすすめです。

データ容量 データSIM 音声通話SIM
500MB 月額600円 月額1,100円
3GB 月額980円 月額1,480円
6GB 月額1,700円 月額2,200円
12GB 月額2,700円 月額3,200円
SNSデータフリーオプション 月額280円
SNS音楽データフリーオプション 月額480円

データ通信容量6GBのものを選んでも月額料金2,200円ですし、キャリアと比べると圧倒的にお得になります。

安いインターネット回線と合わせて使うことで、月々の通信費をかなり抑えられる格安SIMなので、検討してみましょう。

LINEモバイルのメリットや評判については「LINEモバイルのメリットとは?評判や使い心地も徹底解説」で解説しているので、コチラをご覧ください。

インターネット回線を選ぶときの疑問

最後に安いインターネット回線を選ぶときに良くある質問に答えていくので、インターネットについてあまり詳しくない人は参考にしてください。

安さだけでインターネット回線を選んで良い?

今回ご紹介したインターネット回線の中からであれば、どれを選んでも基本的には問題ありません。

ですが、他にもソフトバンクエアーなど安いインターネット回線はあります。

ソフトバンクエアーは25歳以下であれば36ヶ月間2,880円で使えるため、かなり安いインターネット回線ですが、速度制限が厳しすぎるためおすすめできません。

以下のコンテンツ・サービスなどをご利用の際、通信速度の制限を行う場合があります。なお、通信の切断は行いません。
音声通話やテレビ電話などをパケット信号に変換し、データ通信にて実現するサービス
MPEG、AVI、MOV 形式などの動画ファイル
BMP、JPEG、GIF 形式などの画像ファイル
動画閲覧、高画質画像閲覧、P2P ファイル交換、ソフトウェアダウンロードなどを伴うサイト、アプリケーションなど

(引用:通信速度の制限について

通常のwebサイトを閲覧するときだけは速度制限がかかりませんが、ほぼすべてのサービスで速度制限が発生するのではないかという規約です。

このように安くても条件が厳しいインターネット回線はあるので、月額料金と合わせて通信速度も見ていくことをおすすめします。

光回線とモバイルWiFiはどちらが安い?

モバイルWiFiは安いインターネット回線だと思われていることが多いのですが、モバイルWiFiの特徴は利便性だと筆者は考えています。

工事不要、持ち運び可能という部分が魅力的なポイントで、2年間の実質負担額を見ると光回線の方が安いことがほとんどです。

  インターネット回線名 2年間の実質負担額
光回線 auひかり
解説ページ
4,200円
コミュファ光 53,184円(5年契約)
58,200円(3年契約)
NURO光
解説ページ
76,824円
モバイルWiFi ゼウスWiFi 79,920円
Mugen WiFi 81,720円
THE WiFi 86,520円
WiMAX2+ GMOとくとくBB 78,288円
Broad WiMAX 85,728円
カシモWiMAXカシモWiMAX 88,440円

上記が安い光回線と安いモバイルWiFi、安いWiMAX2+を比較した表になります。

表を見ても分かるように安さでも光回線の方が勝っていますし、通信速度の速さ、速度制限がないことなどサービス面でも光回線の方が優れています。

ただし、光回線は工事をしないと使えませんし、外出先にも持ち運ぶことができないため、そのような状況でモバイルWiFiやWiMAX2+を検討していきましょう。

もしも現在住んでいるマンションやアパートが工事ができないと言われた場合は「完全無制限WiFiのおすすめ3選!徹底比較して見えたデメリットとは?」こちらを見てモバイルWiFiを検討してください。

完全無制限WiFiのおすすめ3選!徹底比較して見えたデメリットとは?

2020年4月現在、完全無制限モバイルWiFiの種類はかなり多くなりました。 今までは「3日間で10GBまで」という通信制限があるモバイルWiFiはありましたが、完全無制限モバイルWiFiが誕生したこ ...

続きを見る

おわりに

今回は安いインターネットを複数ご紹介してきました。

最後に今回の記事のまとめを記載していきます。

格安SIM ▶▶▶
関東・東海・関西・九州・北海道在住
NURO光
解説ページ
▶▶▶
NURO光エリア外
auひかり
解説ページ
▶▶▶
auひかりエリア外
ビッグローブ光

ユーザーごとに安いインターネットをまとめた表は上記です。

また、キャッシュバック金額が多い申し込み先は下記になるので、こちらから契約したほうが負担額は抑えられます。

キャッシュバックが多いサイト

▶ドコモのスマホを使っている人
ドコモ光:最大2万円キャッシュバック

▶auのスマホを使っている人
auひかり:最大12万1,000円キャッシュバック
eo光:商品券1万円プレゼント
コミュファ光:最大8万6千円キャッシュバック

▶ソフトバンクのスマホを使っている人
NURO光:最大4万円キャッシュバック
ソフトバンク光:最大3万3,000円キャッシュバック

▶楽天モバイルのスマホを使っている人
楽天ひかり:月額料金1年間無料

▶格安SIMのスマホを使っている人
ビッグローブ光:最大3万5,000円キャッシュバック
auひかり:最大12万1,000円キャッシュバック
eo光:商品券1万円プレゼント

安いインターネットを契約するときには「月額料金」だけで選ぶのではなく「キャッシュバック」「工事費無料」などのキャンペーンも加味して考えましょう。

インターネット回線は非常に多く、1人1人おすすめは変わってきますが、今回の記事を読んで自分に合った安いインターネット回線を選んでください。

The following two tabs change content below.
Tempo

Tempo

オンラインゲームにハマり様々な光回線を使い、急な寮生活でモバイルWiFiが必須になり複数のモバイルWiFiを渡り歩きました。様々な光回線とモバイルWiFiを利用したので、人に合ったネット回線をご紹介していきたいと思います。

-光回線
-, ,

Copyright© Mobile Pocket(モバイルぽけっと) , 2020 All Rights Reserved.