コラム

【初心者必見】自宅のPCをWiFi接続する手順

PCとWiFiを接続するためには、有線接続と無線接続の2つの方法が選べます。

有線接続は通信が安定しやすいというメリットがありますが、無線接続は配線が減らせたり掃除が楽になるため使い勝手が良くなるというメリットがあります。

今回はPCとWiFiを無線接続する方法をご紹介していきます。

特にWiFiのことが良く分からないという人や、PCとWiFiの接続をしたことがない人向けに解説していくため、PC系の知識が不安な人や初めてWiFi接続を行う人は参考にしてください。

PCとWiFiを接続するときに必要なモノ

自宅のPCとWiFiを接続するときに必要なモノは下記になります。

  • PCによってはWiFi子機が必須
  • インターネット環境
  • WiFiルーター

ではひとつひとつ説明していくので見ていきましょう。

 

PCによっては子機が必須

比較的新しいPCを使っている場合は必要ありませんが、数年前のPCを使っている場合は有線接続しか対応していないことがあるため、WiFi子機というものを別途購入する必要があります

スマホやタブレットに関しては子機が標準で内蔵しているため、PCでも問題なく接続できると思っている人もいますが、必ずWiFi接続できるわけではないので下記の方法で確認しておきましょう。

簡単な流れ

  • Windowsロゴを右クリックして「設定」を選ぶ
  • 「ネットワークとインターネット」を選ぶ
  • 「Wi-Fi」の項目があるか確認する

 

上記の方法で確認して「Wi-Fi」が表示されていない場合は、PCに子機が内蔵していないのでWiFi子機を別途購入しましょう

基本的にはUSBポートに接続するだけの小さい子機で問題ありませんが、自宅でしか使わずWiFiルーターとの位置が遠い場合は、アンテナを立てるタイプの子機の方が電波を拾いやすくなります。

 

インターネット環境

自宅でPCをWiFi接続するためにはインターネット環境が必須です。インターネットを契約していないと、インターネットに接続することはできないので、まだ契約していない人は必ず契約しましょう。

主なインターネット

  • 光回線(auひかり、NURO光など)
  • WiMAX2+(GMOとくとくBBなど)
  • 家庭用ルーター(SoftBank Airなど)

 

自宅で使えるインターネットは、主に上記の3点です。光回線は最も通信速度が速く快適なインターネット環境を構築できますが、回線工事が必須となるため時間がかかる可能性があります。

反対にWiMAX2+やSoftBank Airは、回線工事が不要なため申し込みをして、端末が届き次第すぐにインターネット環境を構築できますが、通信速度が遅いため満足にインターネットが使えない可能性もあります

今からインターネット環境を構築するならauひかりがおすすめ

auひかりは、フレッツ光や光コラボ(ドコモ光、ソフトバンク光)などとは違う回線網を利用している光回線です。

他の光回線とは違う回線網を利用していることから、通信速度が速く安定しやすいという特徴を持っているため、これからインターネット環境を構築したい人におすすめできます。

auひかり
戸建てプラン 5,100~6,300円
マンションプラン 3,800~5,000円

月額料金もフレッツ光や光コラボと変わりませんし、auスマホを使っている人はスマホ代が毎月1,000円割引されるauスマートバリューも適用されます。

また、当サイトから申し込みをした場合は最大12万1,000円のキャッシュバックキャンペーンが適用されるため、実質的な負担額も軽減できます。

月額料金が安いインターネットはココ!おすすめの光回線や選び方も徹底解説」で説明していますが、光回線の中で最も負担額を抑えられるため、auひかりはこれからインターネット環境を構築する人におすすめです。

auひかりの公式サイトはコチラ

ココに注意

キャッシュバックを受け取るためには複数のオプション(1年無料)に加入する必要があります。

ですが、6ヶ月後にキャッシュバックが振り込まれるため受け取った後にオプションを解約してしまえば負担がないのでオプションの解約を忘れないようにしましょう。

 

WiFiルーター

光回線の場合はWiFiルーターがないと無線接続できないことが多いです。

光回線を契約した場合は、ホームゲートウェイやONUをレンタルしているでしょうが、ホームゲートウェイやONUだけでは有線接続しかできない可能性が高いのです。

ただし、NURO光やauひかりなどでレンタルするホームゲートウェイは、無線LAN機能が内蔵されているためWiFiルーターがなくても無線接続できます

フレッツ光や光コラボの場合は、無線LANカードというもののレンタルを行っている場合は、ホームゲートウェイのみで接続可能なので契約先に確認してみましょう。

 

PCをWiFi接続する手順

PCとWiFiを接続するときに必要なモノ」でご紹介したモノをすべて用意できた人は、WiFi接続していきましょう。

簡単な流れ

  • WiFiルーターの設定
  • PCとWiFiの接続設定

 

PCをWiFi接続するには、大きく分けて上記の2つを行っていく必要があります。

一つずつ詳しく説明していくので、ゆっくりと行っていきましょう。

 

WiFiルーターの設定

まずは、WiFiルーターの設定から行っていきましょう。無線LAN機能が内蔵されたホームゲートウェイを使う場合は、読み飛ばしてください。

 

WiFiルーターを使うときはLANケーブルが必須

ホームゲートウェイではなくONUの人、ホームゲートウェイとルーターを接続したい人は、LANケーブルを使って接続しましょう。LANケーブルはWiFiルーターに同梱されているもので問題ありません。

ココに注意

古いWiFiルーターの場合は端子やLANケーブルの規格が光回線の性能に追いついていない可能性があります。

できるだけルーターやLANケーブルは1~2年以内に発売されたものを選びましょう。

 

PCとWiFiルーター・ホームゲートウェイの接続設定

PCとWiFiルーター・ホームゲートウェイの接続設定を行う流れは下記になります。

簡単な流れ

  • プロパイダ情報を用意する
  • ルーター or ホームゲートウェイと接続する

 

とても簡単に接続設定は行えるので見ていきましょう。

プロバイダ情報を用意する

PCをWiFi接続するときには、プロバイダ情報が必須です。

光回線と契約をした際に、光回線業者から書類が届いたと思いますが、その書類にインターネットに接続するために必要なプロバイダ情報が記載されています。

この情報がないとインターネットに接続することはできませんし、ユーザー名やパスワードは個人のもののため必ず用意してください。

ココに注意

プロバイダ情報が分からない場合は、契約した光回線業者に問い合わせをしましょう。

 

WiFiルーターで設定を行う

プロバイダ情報が情報が分かった人で、WiFiルーターを使う人はWiFiルーターの設定を行っていきます。

細かい手順はWiFiルーターのメーカーによって違いますが、基本的な流れは以下になります。

簡単な流れ

  • ルーターの設定ボタンを長押しする
  • パソコンでルーターの設定画面に行く
  • ルーターの設定をパソコンで行う

 

まずは、ルーターの設定ボタンを長押ししてください。するとルーターが電波を発信した状態になるので、パソコンの画面右下にあるネットワークのアイコンを選択しましょう。

その後、ルーターのSSID(例:IODATA-○○○、elecom-○○○など)に接続してください。

接続ができた後はグーグルクロームなどのブラウザを起動して「プロパイダ情報」を入力して設定は完了です。

ココに注意

ブラウザを起動してユーザー名とパスワードを求められた場合はユーザー名に「root」と入力しましょう。

ただし、WiFiルーターによって入力するユーザー名が変わることもあります。

ホームゲートウェイで設定を行う

次はWiFiルーターを使わずにホームゲートウェイで設定を行うときの手順を見ていきましょう。

契約先によって若干手順は異なるので、今回はauひかりが提供するホームゲートウェイを例にご紹介していきます。

簡単な流れ

  • auひかりのホームゲートウェイの電源を入れる
  • パソコンを起動してWiFiアイコンを選ぶ
  • auひかりのSSIDを選びパスワードを入力する

auひかりのホームゲートウェイを使ってWiFi環境を作る手順は上記になります。

レンタルした機器の種類によって手順は異なりますが、ホームゲートウェイとモデムを接続して電源を入れて、パソコンでWiFiアイコンを選びSSIDとパスワードを入力するだけでインターネットに接続できます。

端末ごとの細かい違いは上記の公式サイトから確認してみましょう。

auひかりは、ホームゲートウェイを使った設定が非常に簡単なので、設定などが苦手な人にもおすすめです。

 

PCをWiFi接続するときの疑問点

最後にPCをWiFi接続するときの良くある疑問点について答えていきます。

 

スマホをWiFiに接続する手順は?

スマホをWiFiに接続したい場合は下記の手順を参考にしてください。

簡単な流れ

  • 設定アプリから「WiFi」を選ぶ
  • 自宅のSSIDを選ぶ
  • パスワードを入力

 

スマホの場合は上記の流れで接続できます。ご覧頂くと分かるかと思いますが、PCの場合でもスマホの場合でも接続するときの手順は変わりません。

PCでもスマホでも、WiFiの設定画面で自宅のSSIDを選びパスワードを入力する、この流れで接続できるので安心してください。

 

SSIDが表示されない

PCやスマホでWiFi設定画面を開いてもSSIDが表示されないときに考えられることは以下の3つです。

  • ルーターが正しく起動していない
  • PCが無線電波を拾っていない
  • ルーターがSSIDを隠す設定になっている

 

SSIDが表示されないときは、まずルーターを再起動してみましょう。ルーターの動作不良の場合は再起動で解決することが多いです。

また、PCが無線電波を拾っていない可能性もあります。「PCによっては子機が必須」で紹介したようにPCに無線LAN機能が内蔵されているのか確認してみて、内蔵されていない場合は無線LAN子機を購入しましょう。

他にもルーターの設定を変更しすぎて、SSIDを隠す設定にしてしまったということも考えられます。使っているルーターによって設定の解除方法は違うため、各公式サイトのFAQを参考にしてください。

 

おわりに

今までPCとWiFiの接続を行ったことがないという人にとって、難しい作業に思われがちですが、実はスマホをWiFiに接続するときとほとんど手順は変わりません

ルーターやホームゲートウェイ、ONUなどの単語が出てくるため苦手意識を感じてしまいがちですが、これらはケーブルで接続してWiFiを飛ばす親機だと思ってしまいましょう。

ただし、ルーターだけを購入してもインターネットに接続できないので、光回線やWiMAX2+の契約だけは忘れないようにしてください

 

The following two tabs change content below.
Tempo

Tempo

オンラインゲームにハマり様々な光回線を使い、急な寮生活でモバイルWiFiが必須になり複数のモバイルWiFiを渡り歩きました。様々な光回線とモバイルWiFiを利用したので、人に合ったネット回線をご紹介していきたいと思います。

-コラム
-, ,

Copyright© Mobile Pocket(モバイルぽけっと) , 2020 All Rights Reserved.