WiMAX

WiMAXを乗り換えたい時に違約金を負担してくれるプロバイダはドコ?

WiMAXの更新月と違約金に悩む人

WiMAXを契約する時に知っておきたいのが、「解約違約金」と「更新月」です。

この解約違約金は解約時はもちろん、契約中のWiMAXを『別のプロバイダに乗り換えたい』と思った時にとても重要になってきます。

ですのでここでは、各プロバイダの解約違約金や更新月、乗り換え時に解約違約金を負担してくれるプロバイダを紹介します!

WiMAXは乗り換えるべき?

WiMAXは選べるプロバイダが多く、乗り換え先の候補はたくさんありますよね。

WiMAXはそもそも乗り換えるべきなのか、どんな人が乗り換えるとお得なのか解説していきます。

WiMAXの乗り換えがおすすめな人

まずはWiMAXの乗り換えがおすすめな人を見ていきましょう。

旧WiMAXを契約している

今でも旧WiMAXを契約しているという人は乗り換えがおすすめです。

旧WiMAXは2020年3月31日で終了が決まっていて、古い端末を使っているとWiMAXがつながらなくなってしまいます。

WiMAX2+に対応した端末を使っている場合も古い端末であれば、WiMAX2+の通信速度が活かしきれないため乗り換えても良いでしょう。

月額料金が高いプロバイダを契約している

WiMAXはプロバイダの数が多いだけでなく、プロバイダによって月額料金も違ってきます。

月額料金が高いプロバイダの方が通信速度が速くサービスが優れている、ということはないので、できるだけ安い月額料金のプロバイダを選んだほうがお得です。

古い端末を使っている

WiMAX2はどのプロバイダを選んでも通信速度は変わりませんが、使っている端末で通信速度は変わってきます

古い端末を使っている場合は、せっかくのWiMAXの通信速度を活かしきれないことになってしまいます。

また、同じプロバイダで機種変更をするよりも別のプロバイダに乗り換えた方が月額料金が安くなることがほとんどなので、古い端末を使っている場合はプロバイダの乗り換えがおすすめです。

GMOとくとくBBで機種変更をすると損する理由3個

現在GMOとくとくBBを使っていると「機種変更しませんか?」という連絡が来ます。 そろそろ端末が古くなってきたタイミングでメールが届くため、機種変更するか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。 当 ...

機種変更よりもプロバイダの乗り換えがお得な理由は上記の記事で解説してあるので、気になる人はぜひご覧ください。

WiMAXの乗り換えがおすすめではない人

反対にここからはWiMAXの乗り換えをおすすめできない人をご紹介していきます。

新しい端末を使っていて月額料金に満足している

現在WiMAXを契約していて、比較的新しい端末を使いつつ、月額料金に満足している人は乗り換える必要はありません。

「Speed Wi-Fi NEXT W05」以降の端末を使っている人は、乗り換えても速度が少ししか向上しないため、乗り換えなくても良いでしょう。

乗り換えの手続きが面倒

WiMAXを乗り換えるときには、現在のWiMAXプロバイダを解約して、新しいWiMAXプロバイダと新規契約をするという流れになります。

解約手続きは電話でなければいけないことが多く、その後はインターネットで申し込みはできるものの、面倒だと感じる人は多いでしょう。

手続きが面倒だと感じる場合は、現在のWiMAXを使い続けて、どうしても乗り換えたくなったときに乗り換えるようにしましょう。

WiMAXの更新月と解約違約金発生のタイミングが面倒!

WiMAXの場合、更新月以外で解約を行うときは、プロバイダーの定める契約解除手数料が必要となります。 これを『解約違約金』と呼びます。

そして、解約解除手数料のかからない月を『更新月』と言い、この更新月は契約した時期によって異なります。

上記の『更新月』と『解約違約金』を踏まえた上で、解約や乗り換えを考える必要があります。

各プロバイダ解約違約金と更新月について

当サイトで紹介しているプロバイダの解約違約金と更新月は以下のようになっています。

解約違約金

解約時期 解約違約金
1~12ヶ月目
19,000円
13~24ヶ月以内
14,000円
25ヶ月目以降
9,500円
契約更新月
0円

どこも大体同じ基準で解約違約金を設定していますね。 ここに記載したプロバイダ以外も、大体はBroad WiMAXと同じ料金設定となっています。

この解約違約金とは違った金額が発生するプロバイダは他に2つあります。

GMOとくとくBBとJPWiMAXの解約違約金

解約時期 解約違約金(GMOとくとくBB) 解約違約金(JPWiMAX)
1~12ヶ月目
24,800円
30,000円
13~24ヶ月以内
24,800円
25,000円
25ヶ月目以降
9,500円
25,000円
契約更新月
0円
0円

GMOとくとくBBとJPWiMAXは他のプロバイダよりも解約違約金が高くなっています。

GMOとくとくBBは、キャッシュバックキャンペーン適用時に上記の解約違約金となり、月額割引プランの場合は先ほどご紹介した解約違約金となります。

とくとくBBの更新月

とくとくBB更新月

Broad WiMAXの更新月

Broad WiMAX更新月

一部プロバイダを除き、多くのプロバイダの契約更新月は端末が届いた月を0ヶ月とし、翌月から1ヶ月と数えます!

ですので、3年契約で4月に契約したのであれば、4年目に入る5月が更新月となります。 この時に解約もしくは乗り換えを行えば、手数料は掛かりません。

WiMAXの違約金負担キャンペーンがあるのは『Broad WiMAX』

\画像をクリックすると公式サイトが開きます/

WiMAXの違約金負担が出来るプロバイダはここ!

更新月までは待てない…でも2万円近くもする高い違約金なんて払えない…と困っている方に朗報です!

実は数あるプロバイダの中で唯一、他社の違約金を負担してくれるキャンペーンを行っているプロバイダがあるんです。

そのプロバイダこそが、『Broad WiMAX』です。

乗り換えるならBroad WiMAXがダンゼンお得!

Broad WiMAXが行っているのが、他社WiMAXからの乗り換えで、解約時に発生する契約解除料をBroad WiMAX側が負担してくれるという、なんともうれしいキャンペーン!

乗り換えるならBroad WiMAXがダンゼンお得!

しかも初期費用0円、最新端末がどれでも無料で選べるというのも魅力的です。 違約金を気にしなくていいから、ストレスなく快適なWiMAXライフが手に入れられますよ。

違約金負担乗り換えキャンペーンの詳細

適用条件として、Broad WiMAX公式サイトからキャンペーン期間内にBroad WiMAXに申し込みした人となっています。

キャンペーン内容

  • 違約金最大19,000円まで負担
  • Web割キャンペーンと併用可(初期費用18,857円が無料)
  • 人気最新端末が無料で選び放題

解約時に支払った違約金分はBroad WiMAXに申請後、翌々月末に指定口座に振り込まれますのでスピーディーで安心ですね。

もともと月額料金も2,726円~と業界最安級なので、乗り換えならBroad WiMAXを選んで間違いなしです。

ただ、このキャンペーンは2016年3月からスタートしていて終了未定となっていますので、気になる方はお早めに公式サイトをチェックしてみてくださいね。

Broad WiMAXの公式サイトはコチラ

Broad WiMAXの月額料金

Broad WiMAX ギガ放題プラン ライトプラン
月額料金 1~2ヶ月目 2,726円
3~24ヶ月目 3,411円
25ヶ月目以降 4,011円
1~24ヶ月目 2,726円
25ヶ月目以降 3,326円
月間データ容量 無制限 7GB
契約期間 3年 3年
契約解除料 9,500~18,000円 9,500~18,000円
2年間の総額 80,494円 65,376円

Broad WiMAXの月額料金はこのようになっています。

違約金負担キャンペーンはどちらの料金プランを選んでも適用されますが、月間データ容量無制限のギガ放題プランの方が人気があります。

違約金負担キャンペーンの適用方法

Broad WiMAXの違約金負担キャンペーンを適用するには、以下の手順を踏む必要があります。

違約金負担キャンペーンの手順

  • Broad WiMAXの特設ページからBroad WiMAXに申し込む
  • 現在使っているプロバイダの違約金がわかる書類をBroad WiMAXにメールで送信

この手順を踏むことで、Broad WiMAXに違約金を負担してもらえます。

申し込むときに「月額最安プラン(ギガorライト)」「クレジットカード払い」「安心サポートプラス・Mybroadサポート加入」これらを満たしていると、解約違約金負担キャンペーンが適用されます。

Broad WiMAXの違約金負担キャンペーンの注意点

Broad WiMAXの違約金負担キャンペーンは、最大19,000円まで負担してもらえるキャンペーンですが、適用外になってしまうケースもあります。

そこで事前に適用外となる状況を知っておきましょう。

現在使っているプロバイダの違約金がわかる書類が必要

Broad WiMAXに乗り換える前に、現在使っているプロバイダを解約する必要があります。

解約するときに、違約金が書いてある領収書や電子データが送られてきますが、これらは必ず保存してください。

もしも現在使っているプロバイダが領収書や電子データを送ってこない場合は、解約手続き中に表示される違約金をスクリーンショットして保存しましょう。

解約をしてから違約金が書いてある領収書をもらおうとしても送ってもらえないことがほとんどなので、必ず保存してください。

初期契約解除を使うとキャンペーン適用外になる

Broad WiMAXに乗り換えて、初期契約解除を使ってしまうと違約金負担キャンペーンの適用外となります。

Broad WiMAXの初期契約解除を使った場合、Broad WiMAXの解約違約金は発生しませんが、使っていたプロバイダの解約違約金は発生してしまうということです。

同一の契約名義にする必要がある

現在使っているプロバイダと、Broad WiMAXを契約するときの契約名義人が異なる場合は違約金負担キャンペーンは適用外となります。

キャンペーンを適用するためにも必ず契約名義人は同一にしてください。

口座振替の場合は適用外になる

Broad WiMAXは支払い方法が「クレジットカード払い」「口座振替」の2種類用意されています。

ですが、違約金負担キャンペーンが適用されるのはクレジットカード払いの場合だけです。

口座振替を選んでしまうと違約金負担キャンペーンは適用されないので気をつけましょう。

auスマホ割プランは適用外

Broad WiMAXにはauのスマホとセットすることで月額料金が割引される「auスマホ割プラン」が用意されています。

ですが、auスマホ割プランを選ぶと違約金負担キャンペーンが適用されなくなるのです。

2年間使った場合で考えると、違約金負担キャンペーンの方がお得なので、auスマホ割プランは諦めた方が良いでしょう。

WiMAXからモバイルWiFiに乗り換えるときにおすすめの2社

ここまではWiMAXからWiMAXへの乗り換えについて解説してきました。

今まではモバイルWiFiといえばWiMAXでしたが、最近は月間データ容量完全無制限モバイルWiFiも出てきており、WiMAX以外の選択肢も出てきました。

そこで、ここからはWiMAXからの乗り換えにおすすめなモバイルWiFiをご紹介していきます。

THE WiFi(どスゴイWiFi)

THE WiFiはWiMAX系プロバイダには必ずある「3日間で10GB」などの通信制限が一切ないモバイルWiFiです。

月間データ容量も無制限で通信制限もないので、WiMAXを使っていて通信制限に引っかかるという悩みを持っている人におすすめできます。

ただし、WiMAXよりも通信速度は遅くなってしまうので、WiMAXでオンラインゲームを楽しんでいた人などにはおすすめできません。

WiMAXより通信速度は遅いものの、You Tubeの高画質動画などは止まらずに視聴できるため、使い方に合わせて選んでも良いでしょう。

THE WiFiの月額料金

THE WiFi THE WiFiプラン THE WiFiライトプラン
月額料金 1ヶ月目3,480円の日割り
2~3ヶ月目3,480円
4ヶ月目以降3,842円
3,480円
2年間の料金 93,960円 83,520円
WiFiスポット 対応 なし

THE WiFiの月額料金はこのようになっています。

料金プランは2つ用意されていますが、月額料金が高いTHE WiFiプランはWiFiスポットに対応しているだけなので、THE WiFiライトプランを選びましょう

通信速度や端末も同じものなので、月額料金の安さだけで選んで問題ありません。

THE WiFi(どスゴイWiFi)の公式サイトはコチラ

また、THE WiFiの通信速度や、評判は下記で詳しくまとめているので、こちらも参考にしてください。

THE WiFi(どスゴイWiFi)の評判・4個のメリットとデメリットを徹底解説

THE WiFiは2020年3月4日に開始した新しい月間データ容量完全無制限モバイルWiFiです。 月額料金3,480円で、5Gのアップグレードも予定しているということでかなり期待できるモバイルWiF ...

続きを見る

Mugen WiFi

Mugen WiFiもTHE WiFiiと同じで、月間データ容量が無制限で通信制限が一切ないモバイルWiFiです。

THE WiFiとの違いはほとんどありませんが、月額料金が安く30日間全額返金保証などがMugen WiFiにはあります。

ただし、THE WiFiの方が通信速度は速いので、月額料金を抑えたいという人にMugen WiFiはおすすめです。

Mugen WiFiの月額料金

Mugen WiFi アドバンスプラン 格安プラン
月額料金 3,880円 3,280円
2年間の料金 93,120円 78,720円

Mugen WiFiの月額料金は上記の通り「アドバンスプラン」「格安プラン」の2つあります。

アドバンスプランは端末に翻訳機能と充電機能がある料金プランで、格安プランはシンプルにWiFiにつながる端末です。

通信速度や電波のつかみやすさなどは一切変わらないので、ほとんどの人は格安プランを選んだほうが良いでしょう。

Mugen WiFiの公式サイトはコチラ

また、以下の記事ではMugen WiFiのキャンペーンや評判を解説しているので、気になる人は参考にしてください。

【2020年3月更新】Mugen WiFiのキャンペーンと7個のメリット

Mugen WiFiは2019年10月に開始された比較的新しいモバイルWiFiで、最大の特徴は月間データ容量完全無制限というものです。 月間データ容量無制限のモバイルWiFiはMugen WiFi以外 ...

続きを見る

WiMAXの解約方法と継続方法は?

解約時期

まず、解約や他社への乗り換えを行う場合には『今すぐ』解約したいのかが重要になります。

すぐに解約したい場合は、契約した期間に応じて解約違約金を払えば好きなタイミングで解約することができます。 急ぎではない場合は、上記の更新月内でに解約違約金を払わずに解約を完了させるのが1番良いでしょう。

解約方法

解約方法は、プロバイダーによって差があるため事前にしっかりと確認をしておく必要があります。

プロバイダによっては電話での即日解約が可能なものもあれば、

ポイント

  • オンライン
  • 電話
  • 郵送
  • FAX

などの解約方法があり、それぞれ退会(契約解除日)が異なることがあります。

ポイント

「更新月に解約を完了させたい」 「月末まで今のを利用したいので、月の最終日に解約したい」といった場合は、どのタイミングで解約申し込みを行うべきか、事前にプロバイダーにしっかりと確認しておくことをおすすめします。

プロバイダーを乗り換える場合

プロバイダーを乗り換える時に気を付けたいのが「完全にプロバイダーを解約したいのかどうか」という点です。

例えば、BIGLOBE WiMAXで提供されたメールアドレスを利用している場合、プロバイダーごと解約してしまうとメールが使用できなくなってしまいます。

提供されているメールアドレスが必要ない場合には、プロバイダーごと解約を行っても全く問題がありませんが、メールを継続利用したい場合はプロバイダーの契約を数百円の最低プランに変更し、WiMAXのみを解約する必要があります。

注意

WiMAXで乗り換えを行う際には、プロバイダー側でメールやセキュリティソフトなどのオプション契約があるかどうかをしっかり確認してから乗り換え手続きを行うようにしましょう。

継続する場合はどうしたらいい?

WiMAXの契約は、基本的に自動更新となっていますので、継続時には特に手続きは必要ありません。

さいごに

WiMAXの乗り換えのコツをお伝えさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。 どのプロバイダも、高額なキャッシュバックキャンペーンなどを行っていて魅力的ですよね。 でも、そのキャッシュバックに落とし穴が…貰えるのが約1年後とかでかなり先なんです。

そこで最後に、キャッシュバックを貰い損ねないためのポイントもお伝えしておきます。

ポイント

  • キャッシュバック発生日を忘れないためにメモしておくこと!
  • プロバイダからのキャッシュバックのお知らせメールを見逃さない!

少し面倒に感じてしまいますが、確実に損をしないためには絶対に必要なことになります。

やはりすぐに乗り換えたいなら、料金が安くて最新機種が使えるBroad WiMAXがイチオシです!

Broad WiMAXの公式サイトはコチラ

 

-WiMAX
-,

Copyright© Mobile Pocket(モバイルぽけっと) , 2020 All Rights Reserved.