ポケットWi-Fi

SpaceWiFiの評判は良い?メリットとデメリットも合わせて解説

SpaceWiFiは民泊WiFiと言われているため、個人では使えないと思われがちですが、個人での利用も可能です。

公式サイトを確認すると「最安値保証」「月間通信制限なし」などの表記が目立つため気になる人も多いのではないでしょうか。

今回はそんなSpaceWiFiは他のモバイルWiFiと比べてお得なのか、月間通信制限の注意点、SpaceWiFi利用者の評判などをまとめていきます。

SpaceWiFiの申し込みを検討している人に知っておいて欲しいことを中心にまとめていくので、ぜひご覧ください。

SpaceWiFiとは?

SpaceWiFiは「株式会社スペースエージェント」が提供するモバイルWiFiです。

株式会社スペースエージェントはSpaceWiFiの他に「民泊物件.com」「収益物件.com」「最安値保証WiFi」などを提供しています。

SpaceWiFiの月額料金

  SpaceWiFi
月額料金 3,680円
2年間の料金 88,320円

SpaceWiFiの月額料金は上記になります。

2年間使い続けても月額料金が変わらないので、分かりやすくなっています。

ただし、民泊WiFiとして使うのであれば問題ない月額料金ですが、個人が使うモバイルWiFiと考えると、この月額料金は安くありません

SpaceWiFiの通信速度

  最大通信速度 実効通信速度
(全国平均)
下り 558Mbps or 112.5Mbps
(端末で変わる)
8.32Mbps
上り 112.5Mbps or 37.5Mbps
(端末で変わる)
8.49Mbps

SpaceWiFiの通信速度は上記の表になります。

SpaceWiFiは「Speed Wi-Fi NEXT W05」「Pocket WiFi 801ZT」の2つの端末が用意されていて、端末によって最大通信速度は異なります

ただし、SpaceWiFiの通信速度を測定したサイトでは、端末ごとの平均通信速度は分からなかったので、参考程度にしておきましょう。

SpaceWiFiの通信速度は速い?

SpaceWiFiの8.32Mbpsという通信速度は、複数あるモバイルWiFiの中でもかなり遅いです。

計測したユーザー数が少ないので、正確な通信速度ではないでしょうが、8.32Mbpsが平均だとすると全くおすすめできません。

動画視聴サービスの利用やテレワークでの利用を考えている場合は、SpaceWiFiではなく他のモバイルWiFiを選んだほうが良いです。

8.32Mbpsはどれくらい遅いのか

  • 動画の読み込みに時間がかかる
  • 動画をスキップするたびに読み込みが発生する
  • アプリのダウンロードに時間がかかる
  • ファイルのダウンロードに時間がかかる

8.32Mbpsという通信速度では、上記のような不満点が出てきます。

なので、動画視聴サービスを使わないという人や、アプリやファイルのダウンロードは寝ているときにするという人であれば問題ないでしょう。

SpaceWiFiの3個のメリット

SpaceWiFiのメリット

  • 1ヶ月以上使えばいつでも解約可能
  • 短期間の利用だと負担額が少ない
  • 口座振替払いに対応

SpaceWiFiのメリットは上記3つです。

ではここから1つ1つ見ていきましょう。

1ヶ月以上使えばいつでも解約可能

SpaceWiFiは1ヶ月の最低利用期間がありますが、1ヶ月以上使えばいつでも解約が可能です。

また1ヶ月以内の解約でも違約金が発生するわけではなく、解約の申請をした翌月末が解約日となる仕組みとなります。

ポイント

1ヶ月の最低利用期間があるというより、解約が1ヶ月後になってしまうだけなので、1ヶ月だけ利用したい場合は届いたらすぐに解約の申請をしておきましょう。

短期間の利用だと負担額が少ない

先ほど説明したように、SpaceWiFiには違約金がないため短期間の利用でも発生する料金は安くなります。

SpaceWiFiは、違約金がないだけでなく、他にも様々な手数料が0円なので、短期間の利用には非常におすすめです。

0円の手数料

  • 契約事務手数料:0円
  • 解約事務手数料:0円
  • 端末代金:0円(レンタル)

上記のように、他のWiMAX2+やモバイルWiFiでは発生する事務手数料が0円になっているので、短期間での利用では他社よりお得です。

口座振替払いに対応

SpaceWiFiは「クレジットカード払い」「口座振替払い」のどちらにも対応しています。

WiMAX2+系でも口座振替払いに対応したプロバイダはありますが、口座振替手数料が発生してしまいます。

ですが、SpaceWiFiは口座振替払いを選んでも、口座振替手数料は発生しないので、クレジットカード払いと同じ料金しかかかりません

口座振替払いの注意点

口座振替払いはお申し込み後に、口座情報の登録を行い、不備がなかった場合に端末が発送されます。

不備があった場合は、再度口座情報の登録が必要になり、端末が届くまで時間がかかってしまいます。

ですが不備があって端末が届くまでに時間がかかっても、申し込みフォームに入力した端末到着予定日から料金が発生してしまいます。

つまり、不備があると端末が届いていないのに料金が発生するので、正確に口座情報は入力しましょう。

SpaceWiFiの4個のデメリット

SpaceWiFiのデメリット

  • 月額料金だけを見ると安くない
  • 通信制限がある
  • 端末が選べない
  • 端末が故障したときの弁償金が高い

SpaceWiFiのデメリットは上記4つです。

契約前に必ず知っておいて欲しいデメリットなので、契約を考えている人は必ず見てください。

月額料金だけを見ると安くない

SpaceWiFiの月額料金は3,680円で、他社のWiMAX2+やモバイルWiFiと比べると高めの設定です。

その分、契約期間の縛りや違約金が発生しないというメリットもありますが、長期間の利用を考えている場合は他社の方がお得になります。

1年間使う場合、2年間使う場合などでおすすめのWiMAX2+やモバイルWiFiは変わってきますが、SpaceWiFiは1年間の利用であればお得で、2年間の利用ではおすすめできません。

通信制限がある

SpaceWiFiは月間通信制限はありませんが「3日間で10GBまで」「1日3GBまで」などの通信制限があります。

また、SpaceWiFiの通信制限は届く端末によって異なります。

端末機種 通信制限
Speed Wi-Fi NEXT W05 3日間で10GBを超えた場合に翌日の18時~翌々日2時まで1Mbpsになる
Pocket WiFi 801ZT 1日3GBを超えた場合に当日通信制限がかかる

細かい通信制限は違いますが、1日3GBを超えるとどちらも通信制限にかかると覚えておいて問題ないでしょう。

ちなみに、動画を視聴する人ほど通信制限にかかりやすいので、動画の視聴をメインに考えている場合は、光回線の契約がおすすめです。

1日に3GB程度と言われても分かりにくいと思うので、より詳しく知りたい人は下記の記事をご覧ください。

WiMAX2+の3日で10GBはどれくらい使えるのか徹底検証

最近はモバイルWiFiの性能も向上し、通信速度が光回線に近づいてきました。 光回線と比べてモバイルWiFiは工事が不要なので、気軽にインターネットに接続できるメリットがあります。 そんなモバイルWiF ...

続きを見る

端末が選べない

SpaceWiFiを契約すると「Speed Wi-Fi NEXT W05」「Pocket WiFi 801ZT」のどちらかが送られてきますが、どちらが送られてくるか基本的に分かりません。

例えば「Pocket WiFi 801ZT」が在庫切れをしているタイミングで申し込めば「Speed Wi-Fi NEXT W05」を狙って申し込めますが、基本的には不可能です。

端末のスペックが同じであれば、どちらが送られてきても良いのですが、「Speed Wi-Fi NEXT W05」「Pocket WiFi 801ZT」の2つはスペックが全く違います。

  Speed Wi-Fi NEXT W05 Pocket WiFi 801ZT
キャリア WiMAX Softbank
通信速度 下り最大:558Mbps
ハイスピードエリア:758Mbps
下り最大:112.5Mbps

つながる回線、通信速度というモバイルWiFiで大切な2つが違う端末なのに、選べないというのは若干不満があります。

特に「Pocket WiFi 801ZT」は最大通信速度が遅いので、実効通信速度はさらに遅くなる可能性が高いです。

「Speed Wi-Fi NEXT W05」が届けば問題ありませんが、「Pocket WiFi 801ZT」が届く可能性を考えて申し込みはしましょう。

届いた端末がつながらなかった場合

SpaceWiFiを申し込んで「Pocket WiFi 801ZT」が届いたものの、インターネットにつながらなかった場合などには端末の変更が可能です。

  • サポートセンター:0120-546-573
  • サポートセンター(メール):info@spacewifi.info

ただし、お申し込みが完了した後の連絡ですし、特別な理由がない限りは端末は選べないので注意しましょう。

端末が故障したときの弁償金が高い

SpaceWiFiに限らず、端末をレンタルするタイプのモバイルWiFiは、端末が故障した場合は弁償する必要があります。

他のモバイルWiFiは高くても2万円程度の弁償金ですが、SpaceWiFiは弁償金が4万円と非常に高額です。

端末は簡単に壊れるものではないので、あまり気にする必要はありませんが、他のモバイルWiFiよりも高額なのでより注意しましょう。

Twitter上でのSpaceWiFiの評判

ここからはTwitter上でのSpaceWiFiの良い評判と悪い評判をまとめていきます。

SpaceWiFiの良い評判

この方はSpaceWiFiを契約して通信速度も全く問題がないようです。

20Mbps程度出ていれば通信速度は十分なので、使い続けられそうですね。

この方はSpaceWiFiの「Speed Wi-Fi NEXT W05」を利用しているようです。

「Speed Wi-Fi NEXT W05」であれば通信速度は問題ないでしょう。

SpaceWiFiの悪い評判

この方はSpaceWiFiの端末が選べないことが不満なようです。

端末のスペックが同じであれば選べなくても良いですが、スペックが全く違うのに選べないのは不満が出ても仕方ないでしょう。

この方はSpaceWiFiの解約申請の時期に不満があるようです。

例えば、4月末に解約をしたい場合、3月には解約申請をする必要があります。

他のモバイルWiFiと比べると、解約申請を行うタイミングが早いので注意しましょう。

SpaceWiFiと他のモバイルWiFiを徹底比較

ここからはSpaceWiFiと他のWiFiを比較していきます。

SpaceWiFiと他のモバイルWiFiの月額料金を比較

WiFi 月額料金 通信制限 1年間の負担額 2年間の負担額
SpaceWiFi 3,680円 3日間で10GBまで
or
1日3GBまで
44,160円 88,320円
ゼウスWiFi 1~6ヶ月目
2,980円
7~24ヶ月目
3,280円
基本的にはなし
(違法ダウンロードやネットワークを占有した場合発生する)
49,980円
(違約金込み)
79,920円
Mugen WiFi 3,280円 基本的にはなし
(違法ダウンロードやネットワークを占有した場合発生する)
51,360円
(違約金込み)
81,720円
クラウドWiFi 3,380円 基本的にはなし
(違法ダウンロードやネットワークを占有した場合発生する)
44,540円
(違約金なし)
85,100円
GMOとくとくBB
(キャッシュバックキャンペーン適用)
1~2ヶ月目:3,609円
3ヶ月目以降:4,263円
3日間で10GBまで 71,848円
(違約金込み)
113,504円
(違約金込み)

SpaceWiFiと他の有名なモバイルWiFiを比較した表が上記になります。

1年間の負担額ではSpaceWiFiは最も安い料金ですが、2年間の利用で比較するとSpaceWiFiはお得ではないことが分かります。

またクラウドWiFiと比べると1年間の負担額は400円程度しか変わらないので、通信制限が緩いクラウドWiFiの方が使い勝手が良い人も多いのではないでしょうか。

通信制限がないモバイルWiFiが良いという場合は、下記で様々なモバイルWiFiを比較しているので参考にしてください。

完全無制限WiFiのおすすめ3選!徹底比較して見えたデメリットとは?

2020年4月現在、完全無制限モバイルWiFiの種類はかなり多くなりました。 今までは「3日間で10GBまで」という通信制限があるモバイルWiFiはありましたが、完全無制限モバイルWiFiが誕生したこ ...

続きを見る

SpaceWiFiと他のモバイルWiFiの通信速度を比較

WiFi 下り通信速度(全国平均) 上り通信速度(全国平均)
SpaceWiFi 8.32Mbps 8.49Mbps
ゼウスWiFi 21.16Mbps 13.35Mbps
Mugen WiFi 16.07Mbps 10.14Mbps
クラウドWiFi 19.14Mbps 11.71Mbps
GMOとくとくBB
(W06)
39.6Mbps 4.5Mbps

SpaceWiFiと他のモバイルWiFiの通信速度を比較した表が上記になります。

ご覧になって頂けると分かりますが、SpaceWiFiの通信速度はかなり遅いです。

全国平均なので、実際にはもっと速い通信速度が出ている人もいるでしょうが、この通信速度だとモバイルWiFiを使う意味もほとんどないでしょう。

おわりに

今回はSpaceWiFiの評判や、注意点などをまとめてきました。

SpaceWiFiは1年間の利用であれば、他のモバイルWiFiより安く使えるものの、通信速度が遅く2年以上使う場合は全くお得ではありません

1年間の利用でも、SpaceWiFiと総負担額400円しか変わらず、SpaceWiFiより通信速度が速いクラウドWiFiもあるので、当サイトではSpaceWiFiはあまりおすすめしません。

ですが、契約期間がない、口座振替払いに対応しているなどメリットもあります。

SpaceWiFiは、口座振替払いに対応していて、契約期間が定められてないモバイルWiFiを探している人には最適のモバイルWiFiです。

上記に当てはまらない人は、ゼウスWiFiやクラウドWiFiなどを選んだ方が良いでしょう。

ゼウスWiFiについては下記で詳しく解説しているのでこちらを参考にしてください。

ゼウスWiFiの評判は?5個のメリットとデメリットもご紹介!

ゼウスWiFiはCMで見る機会が増えている最近流行りの月間データ容量完全無制限モバイルWiFiです。 2020年4月現在、テレワークが増えてきているので、工事が不要で届いたらすぐにインターネットにつな ...

続きを見る

The following two tabs change content below.
Tempo

Tempo

オンラインゲームにハマり様々な光回線を使い、急な寮生活でモバイルWiFiが必須になり複数のモバイルWiFiを渡り歩きました。様々な光回線とモバイルWiFiを利用したので、人に合ったネット回線をご紹介していきたいと思います。

-ポケットWi-Fi
-, ,

Copyright© Mobile Pocket(モバイルぽけっと) , 2020 All Rights Reserved.