WiMAX

WiMAXの2台目を検討している人必見!2台目を選ぶときの大切なポイント!

WiMAX2+をすでに1台使っていて、使い勝手は良いもののたまに速度制限にかかることがあるから2台目を契約したい、使う用途によってWiMAX2+を使い分けたいと考える人も多いでしょう。

今回はWiMAX2+の2台目を検討している人向けに、2台目を選ぶときのポイントや注意点について説明していきます。

1台目の使い勝手が良いからと言って、同じプロバイダに申し込みをしてしまうと、かなり勿体ないことになるため見ていきましょう

WiMAX2+は2台目の契約はできる?

現在WiMAX2+を使っていて2台目の契約を行う場合は、追加で申し込むことはできません。つまり、新規申し込みをしなければ2台目のWiMAX2+は契約できないということです。

ちなみに、「WiMAX」の場合はWiMAX2+の追加申し込みは可能ですが、2020年9月現在WiMAX単体で契約している人はほとんどいないため、基本的には無理だと考えておきましょう。

同じプロバイダで申し込みをするとキャンペーンは受けられない

例えば、現在GMOとくとくBBを契約している人が、追加の新規申し込みをしてGMOとくとくBBを契約したとしても、キャッシュバックなどの特典は受け取れません。

これは、過去にキャッシュバックなどのキャンペーンを適用した人は対象外となっているため仕方ないのです。

2台目のWiMAX2+をお得に契約する方法

すでにWiMAX2+を1台契約している人が、お得に2台目のWiMAX2+を契約する方法は以下の2つです。

  • 名義人を変更する
  • 違うプロバイダを選ぶ

2台目の申し込みの場合でも、上記の方法を選ぶことでキャッシュバックなどのキャンペーンが適用されます。

名義人を変更する

WiMAX2+の2台目を契約するときにおすすめの方法が名義人の変更です。

WiMAX2+のキャッシュバックなどのキャンペーンが適用されない人は、過去に一度でも特典を受けた人だけです。つまり、一度もWiMAX2+に契約したことがない人の名義であれば特典は受けられます

家族や同居人などに契約してもらえば問題ないため、頼れる人がいる場合は名義人を変更してWiMAX2+を契約しましょう。

違うプロバイダを選ぶ

2つ目に、違うプロバイダを選ぶという方法もおすすめです。

WiMAX2+は、非常に多くのプロバイダがあるため、現在契約しているWiMAX2+プロバイダ以外のプロバイダを選ぶことでキャッシュバックなどのキャンペーンが適用されます

2020年9月現在、WiMAX2+は非常に多くのプロバイダがあり、20社以上の中から選ぶことが可能です。また、WiMAX2+はどこのプロバイダも同じ回線を使っているため、繋がりやすさや通信速度が同じだという特徴もあります。

月額料金やキャンペーンだけが変わってくるため、2台目を契約するときもキャンペーンなどがお得なWiMAX2+を申し込みましょう。

2台目におすすめのWiMAX2+プロバイダ

ここからは、2台目におすすめのWiMAX2+プロバイダをご紹介していきます。2台目に使うWiMAX2+の選び方として、重要視して欲しいポイントは契約期間です。

契約期間が短いほど、1台目のWiMAX2+の解約時期と合わせやすいため、他の回線に乗り換えるときの手続きが1回でまとめられます。

他にもキャンペーンがお得なプロバイダを選ぶことも重要ですが、これは1台目の場合も変わらないため事前にキャンペーン情報は確認しておきましょう。

BIGLOBE WiMAX

BIGLOBE WiMAXは、最大1万5,000円のキャッシュバックキャンペーンを行っているWiMAX2+プロバイダです。

契約期間が1年のため、1台目のWiMAX2+の解約時期と合わせやすいという特徴を持っています。

BIGLOBE WiMAXの基本情報
月額料金 3,980
初期費用 3,000円
端末代 1万9,200円
契約期間 1年
契約解除料 1,000円
キャンペーン・特徴 1万5,000円キャッシュバック
実際に使ったユーザーの評判がかなり良い!
詳細はコチラ

BIGLOBE WiMAXの基本的な情報は上記になります。月額料金や初期費用は他のWiMAX2+プロバイダとほとんど変わりませんが、契約期間が1年で期間内の契約解除料が1,000円だという特徴があります。

ほとんどのWiMAX2+プロバイダが契約期間3年なので、契約期間内の契約解除料は2万円以上かかることが多いです。BIGLOBE WiMAXであれば契約期間も短いですし、契約解除料も1,000円と安いため安心できます。

ただし、他のWiMAX2+では発生しないことが多い、端末代金が発生するというデメリットもあります。他のWiMAX2+プロバイダは3年契約を満了することで端末代金が0円になることが多いですが、BIGLOBE WiMAXは端末代金が必ず発生してしまいます。

1万5,000円キャッシュバックを利用することで負担額は抑えられますが、端末代金が発生しないプロバイダが良いという人には不向きでしょう。

WiMAX2+の端末代金について

BIGLOBE WiMAX以外のプロバイダは、端末代金0円キャンペーンを行っていることが多いですが、端末代金は契約期間を全うすることで0円になるだけで、無料で端末をくれるわけではありません

つまり、3年契約の途中で解約をすると残りの端末代を請求されてしまうので注意しましょう。

また、先ほども説明しましたが他のWiMAX2+プロバイダは3年契約がほとんどなので、3年も使わないという人であれば端末代金が発生したとしてもBIGLOBE WiMAXの方が安いことが多いです。

BIGLOBE WiMAXはユーザーからの評判が非常に良い!

WiMAX2+の評判はどう?プロバイダ別の評判も徹底紹介」でWiMAX2+プロバイダの評判を調べていたところ、BIGLOBE WiMAXは他のWiMAX2+プロバイダよりも評判が非常に優れていました。

他のWiMAX2+プロバイダの方が、実質的な負担額は抑えられますが、使っているユーザーは「サポートの対応が良い」「契約期間が短いから良い」の部分を評価していました。

なので月額料金の安さよりも、安心して使っていけるという安心感を求める人にBIGLOBE WiMAXはおすすめです。

BIGLOBE WiMAX2+の公式サイトはコチラ

GMOとくとくBB

GMOとくとくBBは、最大3万1,000円のキャッシュバックキャンペーンを行っている、実質的な負担額が最も安く抑えられるWiMAX2+プロバイダです。

GMOとくとくBBの基本情報
月額料金 1~2ヶ月目:3,609円
3ヶ月目以降:4,263円
(キャッシュバックプラン)
初期費用 3,000円
端末代 0円
契約期間 3年
契約解除料 1~24ヶ月目:2万4,800円
25ヶ月目以降:9,500円
キャンペーン 3万1,000円キャッシュバック

GMOとくとくBBの基本情報は上記になります。上記のプラン以外に月額料金割引プランもありますが、実質的な負担額が高くなってしまうため、基本的には上記のキャッシュバックプランがおすすめです。

WiMAX2+プロバイダの中で、最もキャッシュバックが高額なので、3年間使い続ける予定があり負担額をできるだけ減らしたいという人におすすめのWiMAX2+になります。

キャッシュバックの手続き忘れに注意!

GMOとくとくBBは、高額キャッシュバックを受け取ることで負担額が抑えられる仕組みになっているため、キャッシュバックは確実に受け取る必要があります。

ですが、GMOとくとくBBのキャッシュバック手続きは非常に忘れにくいため、キャッシュバック手続きを忘れてしまった人も多くいらっしゃいます。

GMOとくとくBBのキャッシュバックは、利用開始月を含む11ヶ月後にGMOとくとくBB”専用”メールアドレスに届くメールから1ヶ月以内に手続きを行うことで受け取れます

普段使っているGmailやヤフーメールにはメールが届かないため、忘れてしまう人が非常に多いのです。なので、GMOとくとくBBに申し込みをした後は、スケジュールアプリなどを使って11ヶ月後にアラームや通知が届くように設定しておきましょう

GMOとくとくBBの申し込みはコチラ

WiMAXの2台目を契約するときの注意点

最後にWiMAX2+の2台目を契約するときの注意点をご紹介していきます。

過去に使ったことがある場合はキャンペーンの適用外になる

ほとんどのWiMAX2+プロバイダは、過去に一度でも使ったことがある場合はキャンペーンの適用外になってしまいます

なので、今使っていないから大丈夫!と思っている人は注意しましょう。

名義人を変更する場合はクレジットカードにも気をつける

家族名義や同居人名義で、2台目のWiMAX2+を申し込む場合は、クレジットカードの名義にも注意しましょう。

申し込みは家族名義、クレジットカードの名義は自分のもの、という風にしてしまうと契約ができません

つまり、名義人を変更する場合は、名義を借りるだけでなくクレジットカードも借りる必要があるため、相当な信頼関係がない場合は難しいと考えておきましょう。

おわりに

今回はWiMAX2+の2台目を検討している人が、注意するポイントや知っておくべきことについてまとめてきました。

  • 基本的に今契約しているプロバイダ以外のプロバイダを選ぶ
  • どうしても同じプロバイダが良い場合は名義人を変更する
  • 名義人を変更するときはクレジットカードも借りる必要がある

2台目のWiMAX2+を契約するときは、上記のポイントを忘れないようにしましょう。特にいま使っているプロバイダに申し込みをしてしまうと、キャンペーンが受けられないため費用が高くなる可能性があるため注意してください。

 

The following two tabs change content below.
Tempo

Tempo

オンラインゲームにハマり様々な光回線を使い、急な寮生活でモバイルWiFiが必須になり複数のモバイルWiFiを渡り歩きました。様々な光回線とモバイルWiFiを利用したので、人に合ったネット回線をご紹介していきたいと思います。

-WiMAX
-, ,

Copyright© Mobile Pocket(モバイルぽけっと) , 2020 All Rights Reserved.