WiMAX

WiMAXは8日以内ならクーリングオフ可能!手順と2個の注意点も解説

WiMAX2+を契約するか迷っていて、電波や通信速度が心配だという人も多いですよね。他にも、WiMAX2+を契約したものの、思うような使い方ができなくてクーリングオフしたいと考えている人もいらっしゃるでしょう。

結論から先に話してしまうと、WiMAX2+は8日以内ならクーリングオフ(初期契約解除制度)が利用できます

なので、WiMAX2+を契約する前にクーリングオフ(初期契約解除制度)が利用できるのか調べていたという人は、安心してください。

今回はWiMAX2+をクーリングオフ(初期契約解除制度)する手順、クーリングオフ(初期契約解除制度)利用時の注意点なども解説していきます。

WiMAX2+のクーリングオフ(初期契約解除制度)関連でお悩みの人は最後までご覧ください。

WiMAXは8日以内ならクーリングオフ(初期契約解除制度)可能!

記事の冒頭でも述べましたが、WiMAX2+は8日以内ならクーリングオフ(初期契約解除制度)可能です。ただし、厳密にはクーリングオフではなく、初期契約解除制度というものになります。

UQ mobileのご契約について、「クーリングオフ」は適用になりません。
2018年10月1日より条件を満たせば契約のキャンセルができる「初期契約解除」を開始いたします。

(引用:UQモバイル クーリングオフはできますか

最大手のUQ WiMAX2+にもこのように記載があり、他のGMOとくとくBBやBroad WiMAXも、同じく初期契約解除制度が利用できます。

クーリングオフと初期契約解除制度の違い

先ほど、厳密にはWiMAX2+はクーリングオフではなく、初期契約解除制度になると説明しましたが、何が違うのか良く分からないという人も多いでしょう。

総務省が用意している資料によると、初期契約解除制度は、「一定の範囲の一定の範囲の電気通信サービスの契約について、契約書面の受領日を初日とする8日間が経過するまでは、電気通信事業者の合意なく利用者の都合のみにより契約を解除できる制度です。」とあります。

クーリングオフと非常に似通った制度ですが、どのような販売方法でも、はがき等の書面を事業者に送付することで契約解除が可能です。

クーリングオフと初期契約解除制度の違い

  • 販売方法に関わらず初期契約解除制度が利用できる
  • 初期契約解除制度の場合、初期契約解除に伴う負担が発生する

クーリングオフと初期契約解除制度の違いは上記になります。

クーリングオフの場合は、利用者側に負担は一切ありませんが、初期契約解除制度は「解約時点までの利用料や事務手数料は発生する」という違いがあります。

なので、クーリングオフと比べると若干、金銭的な負担があると思っておくと良いでしょう。

WiMAXのクーリングオフ(初期契約解除制度)の条件

WiMAX2+のクーリングオフ(初期契約解除制度)が適用される条件は以下になります。

クーリングオフが適用される条件

  • 契約書面の受領日から8日以内に解約する
  • 利用者は書面で初期契約解除を行う

WiMAX2+のクーリングオフ(初期契約解除制度)を適用するためには、利用者自身が書面を事業者に送って、クーリングオフ(初期契約解除制度)しなければいけません

送付する書面は利用者が用意したもので問題ありませんが、WiMAX2+では各プロバイダが用意しているので、そちらを利用しても構いません。

8日を過ぎるとクーリングオフ(初期契約解除制度)は適用されない

8日間を経過してしまうと、クーリングオフ(初期契約解除制度)は適用されません。

ただし、プロバイダが、事実と異なる内容を利用者に伝えて誤認させていた場合は、8日が経過していてもクーリングオフ(初期契約解除制度)が適用されます。

WiMAX2+でクーリングオフ(初期契約解除制度)する手順

WiMAX2+でクーリングオフ(初期契約解除制度)するには、主に2つの方法があります。

WiMAX2+でクーリングオフ(初期契約解除制度)する方法

  • 電話
  • 書面の送付

書面の送付は、利用者が用意した書面や、プロバイダが用意している書面を送付するだけですが、郵送での手続きになりますし、記入漏れなどがあると期限である8日を超えてしまいます。

なので、どうしても電話嫌いでない限りは、電話でクーリングオフ(初期契約解除制度)した方が安全です。

電話先は契約中のWiMAX2+プロバイダによって異なるため、契約しているプロバイダに電話をかけましょう。

電話でWiMAXをクーリングオフ(初期契約解除制度)する手順

電話でWiMAX2+をクーリングオフ(初期契約解除制度)する手順は以下の通りです。

電話でWiMAX2+をクーリングオフ(初期契約解除制度)する手順

  1. 契約しているプロバイダへ電話する
  2. 初期契約解除を行うことを伝える
  3. WiMAX2+の端末一式を返送する

クーリングオフ(初期契約解除制度)する手順は上記の通りなので、シンプルで分かりやすくなっています。

主なプロバイダ 問い合わせ先
UQ WiMAX2+ 0120-929-818
Broad WiMAX 0120-546-376
GMOとくとくBB 0570-045-109
カシモWiMAX 03-6693-0480
BIGLOBEWiMAX2+ 0120-86-0962

主なプロバイダの問い合わせ先は上記になります。上記のプロバイダ以外のWiMAX2+を契約している場合は、公式サイトやマイページにアクセスをして確認してください。

WiMAX2+の端末一式は、以下のものをすべて返送してください。

WiMAX2+の端末一式

  • WiMAX2+のルーター
  • SIMカード
  • USBケーブル
  • 保証書

一つでも返送し忘れてしまうと、2万円前後の機器損害金が発生してしまうことがあるため注意しましょう。

書面の送付でWiMAXをクーリングオフ(初期契約解除制度)する手順

書面の送付でWiMAX2+をクーリングオフ(初期契約解除制度)する手順は以下の通りです。

書面の送付でWiMAX2+をクーリングオフ(初期契約解除制度)する手順

  1. 初期契約解除申請書を準備して必要事項を記入
  2. 契約中のプロバイダ宛に初期契約解除制度とWiMAX2+端末一式を郵送する

初期契約解除申請書は自作のものでも良いですし、各プロバイダが公式サイトで用意しているものを使っても問題ありません。

初期契約解除申請書を自作する場合、以下のものを記入する必要があります。

記入事項

  • 受付番号
  • 契約者の住所
  • 契約者名
  • 契約者の電話番号

初期契約解除申請書と、WiMAX2+端末一式は、セットで送った方が送料がまとめられるので、できるだけすべてまとめて送りましょう。

WiMAXのクーリングオフ(初期契約解除制度)の注意点

WiMAX2+をクーリングオフ(初期契約解除制度)するときの注意点は以下の2つです。

WiMAX2+でクーリングオフ(初期契約解除制度)するときの注意点

  • クーリングオフ(初期契約解除制度)時の手数料や費用が発生する
  • プロバイダ毎に若干手順が変わる

では1つ1つ詳しく説明していきます。

クーリングオフ(初期契約解除制度)時の手数料や費用が発生する

クーリングオフと初期契約解除制度の違い」で説明しましたが、厳密にはWiMAX2+はクーリングオフではなく初期契約解除制度なので、手数料などが発生してしまいます。

例えば、WiMAX2+を契約するときは事務手数料3,000円が発生していますが、この手数料が返ってくることはありません。

また、WiMAX2+端末を返却し忘れたり、壊れていたりすると機器損害金が請求されることもあるため、初期契約解除制度を利用するつもりでも、端末一式は丁寧に扱いましょう。

プロバイダ毎に若干手順が変わる

WiMAX2+でクーリングオフ(初期契約解除制度)する手順」で、手順は説明しましたが、プロバイダによっては手順が異なることもあります。

プロバイダによっては、郵送でしか受け付けていない場合もあるため、必ず事前に公式サイトを確認しておきましょう。

ポイント

ユーザー数が多いプロバイダの中で、GMOとくとくBBは書面での申し込みにしか対応していません

電話での申し込みには対応していないため、できるだけ早く準備をして、書面を送付しましょう。

WiMAXが使えなかった場合におすすめのサービス

最後にWiMAX2+が使えなかった場合におすすめのサービスをご紹介していきます。

WiMAX2+の通信速度や速度制限が不満、電波の入りにくさが不満だったという人は光回線をおすすめします。

auひかり

auひかりは最大12万円の高額キャッシュバックキャンペーン、工事費実質無料キャンペーンなどを行っている光回線です。

    戸建てプラン マンションプラン
月額料金 1~12ヶ月目 5,100円 3,800円
13~24ヶ月目 5,000円
工事費 実質無料
(3万7,500円)
実質無料
(3万円)
契約手数料 3,000円
キャッシュバック 最大12万円
2年間の実質月額料金 175円 -25,800円

高額キャッシュバックがあるため、2年間の実質月額料金もお得で、WiMAX2+より安くインターネットが利用できます

最大12万円のキャッシュバックを受け取るためには、オプションサービスに加入する必要がありますが、キャッシュバックを受け取る条件が12ヶ月間オプションを契約するというものなので、12ヶ月が経った段階でオプションを外せば負担はありません

非常に安く契約できる光回線で、通信速度も速いためauひかりはおすすめです。

auひかりの公式サイトはコチラ

auひかりの評判や特徴については「auひかりの評判は?メリット・デメリットも徹底解説!」で詳しく解説しているので参考にしてください。

NURO光

NURO光は最大3万8,000円キャッシュバック、工事費実質無料キャンペーンを行っている光回線です。

  NURO光 G2Vタイプ
月額料金 4,743円
工事費 実質無料
(4万円)
契約手数料 3,000円
キャッシュバック 最大3万8,000円
2年間の実質月額料金 3,201円

NURO光は最大3万8,000円キャッシュバックを行っている、通信速度が非常に速い光回線です。

動画の視聴などはauひかりでも問題ありませんが、オンラインゲームを楽しみたいという人は通信速度が速いNURO光のほうが良いでしょう。

NURO光の公式サイトはコチラ

NURO光については「NURO光の評判は?4個のメリットとデメリットも徹底解説」でも解説しているので、こちらも参考にしてください。

おわりに

今回はWiMAX2+のクーリングオフ(初期契約解除制度)を利用する手順や、WiMAX2+のクーリングオフ(初期契約解除制度)の注意点について解説してきました。

WiMAX2+は厳密には、クーリングオフではなく、初期契約解除制度なので、契約事務手数料や、返送時の送料などは負担することになります。

その他の月額料金や違約金などが発生しなくなるものの、0円で利用できるというわけではないので、注意しましょう。

WiMAX2+がいまいちだったという人は、auひかりやNURO光などの光回線を選んだほうが快適にインターネットが使えるため検討してください。

The following two tabs change content below.
1まお

1まお

オンラインゲームにハマり様々な光回線を使い、急な寮生活でモバイルWiFiが必須になり複数のモバイルWiFiを渡り歩きました。様々な光回線とモバイルWiFiを利用したので、人に合ったネット回線をご紹介していきたいと思います。

-WiMAX
-, ,

Copyright© Mobile Pocket(モバイルぽけっと) , 2020 All Rights Reserved.